母の日 | タイワンわん

タイワンわん

タイワン生活のあれこれ


テーマ:

今日は 母の日の日曜日ですねニコニコ

 

 

実家の母には毎年、お花を注文(今日届くように手配済み)しています。

夫の家族は、祖母も姑も、もう亡くなっているので、

我が家は特に何もしません。

去年の母の日は、家族旅行でグアムにいました。

もう1年も経ったなんて、早いものです。

今年は、お出かけがちょっぴり厳しくなってきた天天と一緒に、家で過ごします。

のんびりできる時間が本当にありがたいです。

 

けれど、一般的には、台湾の母の日はめちゃくちゃ大々的にお祝いします。

台湾の母は偉大です。

母の日をキチンとお祝いしないと、非難轟々です。滝汗

 

もちろん私たちも、姑と夫祖母がまだ元気だった頃は、親戚一同集まって、お祝いしていました。

お決まりのコースが、まずホテルで食事、

食事の後は祖父母宅へ行き、お茶をしながらケーキを食べる。

夕食までダラダラする。

夕食を食べてから、それぞれ帰宅。

母の日は朝から晩までコースでした。

 

きっとどこの家庭でもこんな感じではないでしょうか。

FBには大家族のお出かけや、食事の写真がバンバン載る日です。

 

そして 台湾の母の日は、「ケーキを贈る」が「カーネーションを贈る」より多いので、

夫祖母宅には、ケーキ、ケーキ、ケーキで、胸焼けしそうなほどのケーキが当日はありました。

子ども世代、孫世代がそれぞれケーキ(ホールケーキですよ)を持ってくるのですから。

「みんながケーキを買うなら、お花の方がいいんじゃない?」過去に夫に提案したことがありましたが、

 

即 却下。

 

ケーキが多い=家族が多い、という図式が祖父母の幸せだから、ですって。

それゆえ、ケーキが多すぎて困る、は問題ではないのです。

何だかんだ言っても、ケーキもお茶しながら食べるし、残っても誰かが持ち帰ったり。

捨てたりするようなことは一度もありませんでした。

懐かしい思い出。

 

夫祖母は孫嫁の私にはとっても優しくて、

私や娘と会話するために、中国語を習いに行ってくれたり。

娘が好きだから、とピザやパスタの食事にも何度も一緒に行きました。

祖母は食べたりしないのに、祖母宅にチョコレートやジュースを用意してくれていたり。

他にも数え切れないくらい、私も娘も、いつも大切にしてもらっていました。

今日、この母の日のブログを書くことで、

夫祖母を思い出して、ほっこり暖かい気持ちになりました。

皆さまも素敵な母の日を音譜


人気ブログランキング

xiaomaoxiaoguoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス