卒業に向けて、ミニ化

テーマ:

今年の6月で、娘はついに小学校卒業です。

ハヤイモンダーガーン
 
娘の小学校では、現6年生限定でオーダー購入できるミニスクールバッグがあります。
5年生までは購入できない、優越感が必要なのかしらイヒ
台湾では公立の小学校はバッグ指定はありませんが、
私立は学校の指定バッグを使います。

 

このミニスクールバッグ、買わなくてもいいんじゃ?と私は一瞬思いました。

ほら、私、絶賛断捨離中ですしウインク

 

考えたことが見透かされて、

「6年間の思い出が詰まったバッグを捨てたくないぐすん

と言われるより、いいでしょ」

娘の説得に、私も納得。

確かに、思い出も大切だもんね。

 

なんでもかんでも捨てちゃいけない、と夏に勉強したものね。ショック

 
そして、オーダーしていた、そのミニバッグが届きました。
これです。
ありゃりゃ。天天姉さんにぴったりサイズ~ちゅー
はじめは、大きさ比較になるものを探して、ムヒと一緒に撮ったのですが
天天さんにモデルをお願いしましたチュー
 
ミニバッグは、実際に6年間使っていた学校指定バッグをかなり簡略化したデザインです。
それでも同じ素材をつかって、校章の位置も同じです。
娘のクラスの子は全員購入していたそうです。
全員!?とびっくりしました目
 
「1人で2つも3つも購入したい子もいるよ」
驚くことじゃないでしょ、と言わんばかりの娘に、またまたびっくりしました。
 
他の学校でも、指定バッグがある学校は、
ほぼそれぞれのミニバッグがあると思います。
卒業生しか買わないと思いますけどウインク
 
 
日本だと、使っていたランドセルそのものを加工してミニランドセルにできるのですね。
台湾は、公立の小学校は指定バッグがないので日本のランドセルを背負っている子もいます。
(なぜかはわかりませんが滝汗
そういう子なら、日本でミニ化することも可能ですね。
 
ミニバッグにしなくても、校舎内で写真を撮るとか、
絵にするとか?!
色々な形の思い出の残し方があっていいと思います。ニコニコ
 
 
今日から、めちゃくちゃ寒くなりました。

そしてまだまだ雨です。

お散歩いけません。ぐすん

先週のお散歩写真を夫がアプリ加工していましたので

こっそり拝借キョロキョロ

IMG_20180109_195854034.jpg


人気ブログランキング

AD