xhlb1qoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
クレジットカードの仕組みを解説。


クレジットカードでショッピングをする便利な所は欲しいものがお金を貯めることなく手にすることです。 事です。


だからといって店に払いしてしてもないのにどうして品物を買えるのか不思議です。


どのようにして代わりに払ってくれているのか、気になります。


ショップにもメリットがあるとは思いますが、よくわからないです。


このカードの疑問は仕組みを理解すると納得がいきます。


信用を担保にして クジットカードはお会計の時にお金を持ち合わせていなくても欲しい品物を購入したりディナーをすることができます。


まるで魔法のようにも思えるのですが、それにしても、どのようにしてカードで買い物やランチができるのでしょうか。


クレジットカードのクレジット(Credit)が信用という意味で利用者の信用を主としてユーザーとカード会社との間に契約を結び信用供与をしているということです。


カードを利用するということはカード会社から信用を供与されているので信用を担保にみんながこの仕組を支えています。




カード会社は会員の「信用」に基づいて立て替え払いをしているのです。


この「信用」関係をもう少し詳しく解説します。


まず、使用者が代金を銀行にデポジットするという加盟店との「信用」を基にして現金を支払うことなく買い物やランチが可能になります。


その間カード会員の利用代金はカード会社がユーザーとの信用のもとで加盟店に支払いします。


ストアーは、信用の料金として手数料(2~5%)を払う仕組みになっているのです。


ストアーとしては、カードでの支払いだと手数料の分だけ儲けが少なくなるわけですが、今、今月は出費が多い→買い物はやめようとなるケースを減少させることができて売上が増加します。


クレジットカードを手にしていると

銀行振り込み手数料を節約できるのでその特徴は手数料分を考えてもいいほどに価値があります。


このようにカード会社、ショップ、カード利用者の間には、信用基にひとつの同盟関係といっていいような関係があります。


これを「三者間契約」と言い、半世紀前からの現代のようなカードはほとんどこの仕組みで成り立っています。


さらに、クレジットカードがここまで当たり前のようになった背景にはその仕組みがあったからといえるでしょう。


信用という考え方さえ共有すれば、莫大な投資をする必要なく、代金の徴収ができるようになり、世界中で使える便利な仕組みをシェアできたからこそ、日々の生活に浸透するぼどになったということです。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。