茜色のブログ まるせきカフェ とびしま海道 岡村島 関前ふるさと交流館

広島県呉市から延びる、とびしま海道の終点岡村島でまるせきカフェをしています。
 カフェの他に農業と関前ふるさと交流館という宿泊施設の管理、電気工事屋さんもしています。ロバを飼いはじめました!!


テーマ:
ナカニシボーズライブ終了後、島にも遊びに来てくれたDIYの達人、奈須くんの家へ音譜

関前地域活性化推進協議会で製作した本格ドームピザ窯が、学研の雑誌ドゥーパー2013DIY大賞で入賞できたのも、奈須くんからの情報あってこそ合格

そして、コメリのDIY大賞グランプリに輝いたハワイアンバーを見るのも楽しみですラブラブ

家に到着すると、玄関から既に作り手の愛情を感じる様々な工夫が見えます音譜

ハワイアンバーに案内されるまでの廊下、階段も見所満載目

そして、ワクワクが頂点に達したところでハワイアンバーにたどり着きましたラブラブ



どうですか、この素晴らしいハワイアンテイスト満載のバーカウンターラブラブ!

これ全てDIYですよひらめき電球

材料費は二万円程度ということですが、その工夫が素晴らしい合格

安い材料を有効に使いながら、高級感を出し、釘を見せない工夫、雰囲気を出すための工夫、カウンターには何とサーフボードを使っているんです目

更に、メニューや部屋に飾られているインテリア、家の建築時から照明の場所、挙げきれないほどのアイデアが散りばめられています合格

その工夫は、本当に細かいところまで行き届いていて、壁の角にRがつけられていたり、エアコンの室外機に省エネ対策で漆喰が塗られてハワイアンテイストの飾りがされていたり、アイデアのデパートのようで、テーマパークに来たようにワクワクしっぱなしでしたアップ




奥にあるディスプレイの棚も手づくりということですが、売っていたら完全に10万円オーバーのクオリティーに脱帽ですラブラブ!

ハワイにはLANAIといって、家のベランダを大切にする考えがあるようで、ここにもそれが活きていますひらめき電球




大型のグリル&スモークマシンで作られる料理はテンション上がりますよ~合格




鳥のグリルや





数々のスモーク





オリジナルカクテルにかわいいピザと、本当に素晴らしいひとときでしたラブラブ

触発されて、まるせきカフェプロジェクトでの取り組みは、相当にパワーアップすると思います合格

さてさて、今回の訪問で、人に夢を持たせるDIYというのを勉強しましたアップ

このような素敵な暮らしを満喫している奈須ファミリーは最高ですニコニコ音譜





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログ更新が1日延びましたが、延ばした理由は、東京から仲間たちがライブをしに大阪に来るので、サプライズで観に行くことにありますひらめき電球

前回会ったのは去年11月なので、かれこれ9ヶ月振りとなります目

仕事が終わって最終便の徳海に飛び乗り、今治港からバスで東予港に移動目

オレンジフェリーに乗って大阪南港を目指します音譜

初めての大阪行きフェリーは、ビルのように大きく豪華な船合格

夜行バスと違って足を伸ばして眠ることが出来るし、展望ジャグジーバスやサウナまで堪能出来るんですアップ

値段も片道5500円とリーズナブルで、往復だと三割引という嬉しい特典までありますラブラブ



ライブまで時間があるので、初となる海遊館に行ってみました合格

東京にも水族館は沢山あるので、今更と思うかも知れませんが、目的はただ一つビックリマーク

大好きなカピバラとペンギンを見るためですラブラブ!


すると、居ましたカピバラがアップ




ちょっと判りづらいですが、のんびりと横たわるカピバラに癒されましたラブラブ




そして、ライブ前に大阪に行ったら絶対に外せない鉄板焼き「盛」へひらめき電球

ここは大阪に住んでいる人も唸る激ウマ店アップ



ネギ焼き、お好み焼き、山芋、こんにゃくと、好きなメニューをお腹いっぱい食べて幸せ~ラブラブ!



これだけの為に大阪に行くのも有りだと思ってしまうほど美味しかった~合格


そして、いよいよライブ「ナカニシボーズ」を観るため十三に移動目

突然現れるというサプライズのため、ブログやFacebookの更新も控えていましたが、その甲斐あって見事にサプライズ成功でした~にひひチョキ




ボーカルのナカニシトシカツは、7年前に、パシフィックコーストハイウェイというバンドで大阪から東京に移住してきました目

知り合ってからは、たくさんの仲間たちと夢に向かい、一丸となって取り組んできました音譜

紆余曲折の末、今はソロとして夢に向かって立ち向かっていますひらめき電球

普段はギター弾き語りスタイルですが、今回のライブは、東京で知り合ったタイガーボーズのバンドメンバーとコラボレーションで、超久しぶりのバンドスタイル目

観に来てる人たちも、バンド当時の懐かしいナンバーに盛り上がっていましたアップ




ナカニシトシカツは、今回ソロのニューアルバムを二年半振りにリリースし、世界平和と愛を歌っています音譜


いやー久しぶりのライブは、鈍った身体に堪えるな~あせる

約二時間で足はパンパンですガーン

でも、夢に向かって一生懸命頑張っている姿を観て、安心したというか嬉しく思いましたにひひ

若い時は夢に向かってがむしゃらにやって行く人は多くいますが、40過ぎてもその気持ちを捨てずに続けている姿は、観るものに勇気や希望を与えます合格

今は遠い場所で別々の夢に向かって取り組んでいますが、お互いにその夢を実現出来る日を楽しみにしていますニコニコ音譜





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
失敗を恐れるな。

良く聞く言葉だ。

何かを目指して前進する時に、失敗はつきもの。

失敗から学び、失敗を乗り越えて成功に結びつくものです。

目指すものが大きかったり、困難だったりするほど、それを上回る努力が必要になる。

目指す目標を口に出して公言していると、目標を達成しやすいというのも、経験上その通りだと思っている。

しかし、大きな目標を掲げたら、それに見合う努力だけでなく、戦略や計画も必要だ。

ただ漠然と、そうなりたいなんて思っているだけでは、目標に近付くことは困難であります。

常にアンテナを張り、無謀と言われようと、やれるだけのことをやっていかなければならない。

人に頼るだけでなく、自らが出来ることを必死にやることが好結果を生む。

すべてを出し切ることができれば、例えその目標が達成されなくとも、人生の中では成功なのだと思う。

世の中には、失敗を恐れるあまり、チャレンジすることもしない人がいるらしい。

確かにチャレンジしなければ、成功も失敗もない。

しかし、ここで考えてみよう。
人間一度きりの人生。
過ぎた時間は取り戻すことができない。
何にも挑戦せず、後になって「何故あの時に挑戦しなかったのだろう」という失敗はしたくない。

何かに挑戦している人も、あの時にこうしていれば・・・
という失敗はしたくないですよね?

目標を持つということは、時間軸の設定も必要だ。
段階を踏んだ目標への目安。
途中で修正しながらでも、今年中、来年中、5年後とシミュレーションする。

人生を賭けた挑戦ならば、この時点でここまで達成出来ていなければ、潔く諦めるというのも、素晴らしい生き様だと思う。

実は挑戦することは簡単だ。
しかし、大きな目標に向かっていくと、自分だけでなく、周りの色々な人を巻き込んだプロジェクトになっていくことが多い。

そんな時の引き際が一番難しいのではないか。

先日、元総理大臣の小泉純一郎氏が、今原発ゼロを打ち出さねば、この先ゼロにするのは難しいといったコメントを発表した。

これも引き際。

膨大な税金を注ぎ込んで、様々な利権が絡む原発。
それをやめようということは、相当な覚悟がいることだ。

何故ゼロにしなければならないのか。
それは未来の子孫のため。

個人の引き際以上に困難な決断であるが、歴史的英断を期待したい。

話は逸れたが、人間生まれてきて、最期に何を遺すのかが重要だと思います。

大きなものでなくてもいい。
ただ、未来の子孫に恥ずかしくない生き様を残したい。
成功・失敗ではなく、どんな意志を持って生きたか。
それに尽きるのではないでしょうか。

人間やる気になれば、大体のことは出来ます。

挑戦することなく、自分には無理と逃げていては何も始まらない。

出来ない理由を考える隙があるのなら、出来る方法を考える。

出来る方法って、思った以上にあるものなんですよニコニコ音譜



Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日8月29日は、せきぜん珈琲の会  きないやカフェの日です

 

今回はアイスカフェラテを楽しみましょう
デザートには水出し珈琲のコーヒーゼリーとパウンドケーキを用意しています目

前回はホットのドリップ珈琲から作ったコーヒーゼリーでしたひらめき電球
薫り高い水出しコーヒーと、沖縄の厳選された赤糖を使用し、上品な甘さと味わいを実現しています合格

冷たい飲み物は今月が最後の予定です目

飲み物とデザートの相性を第一に考えて造っていますので、是非お立ち寄りくださいアップ

開催時間は14時~16時となっていますニコニコ音譜



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日はすっきりと晴れ渡り、秋を感じさせる爽やかな天候です

岡村島のナガタニ展望台からは、来島海峡大橋がすごく近く感じられます

 

展望台の下にはベンチもあり、180°以上の大パノラマが楽しめます

 

昨年の冬に初めて関前を訪れた時も、今日のような晴天で、時間を忘れて景色を眺めていたことを思い出します

鳥の声、蝉や虫の音、風の音などに包まれてこの雄大な景色を見ることは、真の贅沢だと思います


まるせきカフェ農園では、みかんが順調に育っています

 

そしてレモンも

 

太陽をいっぱい浴びて、潮風に吹かれて育つ

早く食べられるくらいに成長して欲しいです

農園の前には、小大下島があり、瀬戸になっていますが、そこに佇む渡船桟橋跡がすごく絵になります

 

桟橋の奥が来島海峡大橋。展望台は上からですが、低い場所からでもきれいですよ~

島の裏側に回ると、大崎上島が見えます

 

この場所からみた大崎上島は恐竜の足のようで、お気に入りスポットです 


そして、先日お問い合わせいただいていましたゴリラ岩ってどれですか 
という質問ですが、写真でみると一番海側の白い部分がキングコングの横顔に見えるということでゴリラ岩という名前になっています 

 

ちょっと分かり辛いですが、乗越海岸(サンビーチ)手前の石の看板付近から見てみてください




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
関前諸島岡村島は、港付近に主要な施設がギュッと凝縮されていて、更にその周りに殆どの人口が居住していますひらめき電球

ということで、出勤は歩いて3分、バイクで1分以内合格

考えられないほどの近さです音譜

しかし、平日に開いている食事処は無いので、必然的に家に帰って昼ご飯を作ることになります目

休み時間は一時間ひらめき電球
その中で食事を作って、食べて、後片付けをして、休憩してということなので、時間のかかる料理はできませんにひひ

そんな中、手抜き料理のレパートリーが増えてきています合格

多いのはパスタでしょうか目



パスタを茹でている間に、挽き肉をニンニクとオリーブオイルで炒め、好きな野菜(タマネギ、ニンジン、ズッキーニなど)と合わせ、カットトマトを投入しソースを作ります目

これで大体準備から出来上がりまで15分ひらめき電球

最近は和食率も高くなってきていますアップ

肉じゃががナンバーワンで、その他豚肉と野菜の生姜焼き、挽き肉と野菜の炒め物



瓜と鶏肉の煮物などなど



けっこう簡単に出来ますひらめき電球

今日はレバーの甘辛煮を作りましたアップ



中華も出現率が高いです目

非常に固い大長豆腐を使った麻婆茄子豆腐が一番ひらめき電球

その外、青梗菜のニンニク煮



青椒肉絲などもつくります合格

毎日料理してると、手際も味付けも良くなってきて、いつの日か、まるせきカフェのランチメニューに加えられるものも出てくるかも知れませんラブラブ

コンビニは無くとも、マーケットに毎日食材が無くとも、事前に調達し、冷蔵庫をフル活用すれば、簡単に美味しい料理が食べられるラブラブ!

しかも、自宅なので食費も安く済みます合格

慣れてしまえば、朝昼晩の食事を作るのは苦にならず、むしろ自分の食べたいものを、畑で採れた野菜を念頭に考えるという楽しさもありますアップ

これからも、様々なメニューを収得しながら、料理を楽しんでいきますニコニコ音譜





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々の雨と書きましたが、極端なもので各地で物凄い豪雨となっているようですね

関前諸島岡村島でも、叩きつけるような雨が降りました

 

 

猛暑やゲリラ豪雨も毎年のようにやってきているので、このままいけば、これが普通になるのでしょうか

今までは異常気象でも、これが普通になれば、穏やかな陽気が続くことを異常気象ということになるんですね~

※異常気象は気象庁では、「過去30年間の平均に対して著しい偏りを示した天候」を異常気象と定義している。世界気象機関では、「平均気温や降水量が平年より著しく偏り、その偏差が25年以上に1回しか起こらない程度の大きさの現象」を異常気象と定義している。

このような気候は今まで育ててきた農作物を根本的に見直さなければならない可能性も秘めています

昔の高知県の気候が今では関東の北側と同じなんて声まであります

地球は長いスパンで見てみると、温暖化や寒冷化を繰り返しているようです

もしもこの気候変化が地球規模の変化であれば、人間に止めることは不可能

それならば、今の現状を受け止めて対策するのも人間の一つの知恵といえるでしょう


今世紀に入って、世界各地で地震や噴火が多くなってきています

東海~東南海~南海地震、関東の地震、富士山噴火など、様々な危険が叫ばれています

歴史的に見れば、これらの動きは当然あるものとして認識しなければなりません

しかし、人間はそのような危険に目をつむり、自分だけは大丈夫であると考えてしまいがちです

関前諸島は瀬戸内海の真ん中にあり、東南海地震が来ても津波が到達するまでにかなりの時間的余裕がある地域といわれていますが、先日発表された震源地の想定では、対岸の四国本土のいたるところで震度7程度の地震が起こる可能性を指摘されています

ということは、老朽化した木造住宅などは、地震によって倒壊したり、崖崩れなどにより孤立化する可能性も高いということになります

そんなときに慌てないように、日ごろからの備えと心がけをしていきたいと思います





 にほんブログ村


 にほんブログ村


 にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夜から、何か月かぶりではないかと思われるくらい久しぶりのまとまった雨が降りました





関前諸島は瀬戸内海の中でも非常に雨の少ない地域

本州側、四国側が雨でも晴れていたり、お隣の大崎上島とも天気が違います

雨が少ないということで、柑橘(みかん)の糖度はあがり、その分美味しいみかんが採れるのですが、野菜にとっては深刻な状況であります

春に蒔いたり、植えつけた野菜は人参と生姜を残して全て収穫が終わり、秋蒔きの野菜を待つばかりです

そんな訳で、関前にとっては恵みの雨ということになるのですが、島根や鳥取などは豪雨の被害が多発しているようで、心が痛みます

それに、四国側では深刻な水不足と、分散されれば問題ないのに、どうしても極端な天気になってしまうのが残念です

農業に水は欠かせません
豊富な水を蓄えた山間部からの川の水が利用できる地域と違い、小さな島には川そのものがありません
雨が降らないと、自宅からポリタンクに水を汲んで、畑に水やりをしなければ作物は枯れてしまいます
お年寄りが多い島では、年々住居から遠い畑を放棄する人が増えています
井戸もなければ、遠くから水を運ばねばならないからという理由も大きいと思います

今年は島での農業について、いろいろと実験したり、基本的なことを学ぶ期間としています
かなりの数の作物を育ててみて、島に向いているものと、そうでないものも分かってきました

来年はその中から、最適なものを選択し、しっかりと育てるための準備期間
そして、再来年は少しでも安定して収穫できるようにする期間と位置付けています

最近興味があるのが、肥料も水もないのに、驚異的な勢いで生える雑草たち
食べるための農作物は、肥料をあげなければ小さいものしかできないと聞いていますが、大地の栄養を効率的に吸い上げられれば可能ではないかと思いました

一年目に感じた農業とは、雑草とりと水やり
これに尽きるんだと感じました

無農薬、無肥料で育てていますが、健康な作物には虫もつかないということがわかりました
反対に、弱ってきた作物は一気にやられてしまいます

とりあえず、大地に1/3、虫や鳥たちに1/3、自分たちに1/3といった分け合いの気持ちで、挑戦していこうと思います

さて、秋には何を育てようか
畑の中のプランニングも上手にしなければならないので、しっかりと計画を立てよう



 にほんブログ村


 にほんブログ村


 にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 連日、焦げるような暑さが続いています





関前岡村島は、今治や広島が雨でも、なかなか雨が降らない地域





七月の雨が嘘のように日照が続いています





そんな暑さの中、連日空き家改修作業を進めていますが、ペンキ塗りには乾きが早くてとても良い気候なのかも知れません





前回一部だけ貼り付けた白い木の板ですが、アマゾンで追加注文したペンキが届き早速続きの作業に取り掛かりました

家自体が歪んでいるため、水平器を頼りに施工していきますが、板自体が反っていたりと、難易度の高い作業になってしまいました





作業の途中に島の人々がたくさん前を通りますが、みなさん笑顔で声をかけてくれて、暑さを忘れるほど嬉しいです
作業中には、スイカやジュース、アイスなどの差し入れをたくさんいただき、本当に感謝感激です



本日の作業は、材木が底をついたのでこれにて終了
最初の頃から比べるとイメージが全く変わってきましたね~

1375243784175.jpg

これから棚を作ったり、プランター置いたり、飾り付けしたり、看板作ったりと
どんどんきれいになっていきますよ~

毎月の給料の中で生活しながら材料を少しずつ買い足していくという試みですが、時間はかかってもその分愛着は大きくなります

来月からは内装の土間に着手しようと思っています

それが一番の難関かな

今後も空き家改装お楽しみに~




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

価値という言葉がある。それは一般的には、物がもっている何らかの目的実現に役立つ性質や程度、と辞書にある。

それでは価値観はどうであろう。何が大事で何が大事でないかという判断、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系のこととなっている。

この価値観について最近疑問が出てきている。

価値観が量られる基準がお金であることが多いということだ。

もっと言うと、幸せもお金で量られているのではないか?

お金=通貨とは、流通貨幣の略称で、国家などによって価値を保証された、決済のための価値交換媒体となっている。

以上のように見てくると、お金=価値で正解であるように思える。

しかし、お金は価値交換媒体というだけで、絶対的なものではないということを忘れてはならない。




愛媛県今治市関前(旧 愛媛県越智郡関前村)では、過去に日本で最初のタイムダラーという仕組みが行なわれていた。

お金を時間に置き換えた相互扶助の仕組みである。

自分が社会貢献活動をしたことで与えられる時間を使って、自分が欲するサービスを享受できるというものだ。

分かりやすくいえば、持ちつ持たれつの助け合いを1枚30分のチップに置き換えたものである。


通貨との一番の違いは、通貨を長期間大量に貯蓄するということを想定していない、あくまでも循環(活発なサービス利用)の促進が主目的であるということ。長くても1年程度で循環する(=使用価値が失効する)ように運用されることが多い。

タイムダラーはお金ではなく時間を単位化して価値交換が行なわれていた事例であるが、その他地域通貨という仕組みが全国至るところで稼動している。



それでは幸せとはどんなことなのだろうか。

定職について、お金が充分貰えて、貯蓄があり、老後も何の心配も無く過ごせる。

確かに幸せだ。

しかし、このような立場の人がどれほどいるのだろう。

現在の世の中は、株主利益や会社の業績ばかりに囚われ、そこで働く人間への関心が薄れているように思う。弱い立場のものを叩き、利益を出して凄腕の経営者、優良企業と新聞・テレビで紹介されるようなことが如何に間抜けなことか考えて欲しいものだ。

高額な所得を得ている経営者も、競争ばかりの世の中で、お金は儲かっても幸せを感じていない人も多いのではないか。

社会の仕組みは、冷静に考えてみると、仕事を生み出すために仕事をするというような構造。
これだけ考えれば国民全員に仕事が充分行き渡って良いようにみえるが、現実は弱いものが叩かれる構造となっている。

会社と社員だけでなく、例えば一次産業と小売との格差も顕著である。
小売の利益確保のために、弱い一次産業の農家などは後継者ができないほど疲弊させられている。

買ってやっている、売ってやっているという驕りもあるのかもしれない。


このような社会構造は、すべて人間の欲が生み出している。
しかも、大量に保有貯蓄できる貨幣が更に追い討ちをかけるようなことになっているのではないか。


それではお金が無ければ暮らしていくことは出来ないのだろうか。
これはその通りである。通常、最低限の税金や保険料を支払うにはお金が無ければならない。


しかし、個人が暮らしていくだけなら、お金の必要量はぐっと減らすことはできる。
都市部に暮らす人々は無理かもしれないが、自分で育てた農作物を食べ、無いものは近所の人と物々交換やお裾分け、住居も過疎地であれば格安で済む。


コンビにも無い暮らしは不便極まりないと思うかもしれないが、これがすこぶる快適であることは自らの移住で体験し証明出来る。

東京に生まれ育ち、自転車で新宿・渋谷・東京駅位は行けるような場所で暮らしていたが、都市部の便利な生活は、自らが創造することを忘れさせ、お金を浪費させる仕組みが詰まったものだったことに気付いた。

 

日本は狭い国である。
そんな狭い国のほんの狭いエリアに人々が集中して暮らし、その他の地域は空き家だらけでスカスカという現状。

日本の自給率をカロリーに置き換えて低く見せるような姑息な報道。

今、耕作放棄地といわれる場所を復活させることができれば、殆ど自給できるのではないか。


超高速通信網を全国津々浦々整備すれば、過疎地域でも不自由なく仕事もできる。
時代の進化とはこのように使うべきではないか。


都市部に生まれ育ったからかもしれないが、自分の食べるものを自分で作り、きれいな海を見て、きれいな空気を毎日吸える生活は、何ものにも替えられない幸せであると実感している。


過疎高齢化地域は、このまま放置すれば確実に消滅する運命が待っている。
狭い国土を広く使うことを考えてもいない社会構造が残念でならない。


地方で生まれ育った人が都市部に行きたい気持ちは分かるし、行ってみるべきだとも思う。
しかし、それ以上の都市部育ちの人々は、このような地域が日本にはたくさん残されていることに気付き、お金では買えない幸せを求めて飛び出してきて欲しい。



狭い日本。広い日本。


あなたはどちらを選択しますか?




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ

きないやせきぜん
きないやせきぜん


まるせきカフェ
まるせきカフェ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。