茜色のブログ まるせきカフェ とびしま海道 岡村島 関前ふるさと交流館

広島県呉市から延びる、とびしま海道の終点岡村島でまるせきカフェをしています。
 カフェの他に農業と関前ふるさと交流館という宿泊施設の管理、電気工事屋さんもしています。ロバを飼いはじめました!!


テーマ:
先月発足した関前高速通信導入推進協議会

6月は協議会主催の勉強会の第一弾として、ICT利活用事例と、インターネットに関するセキュリティーについて勉強しました

 


ICT利活用事例は総務省制作のDVDを用い、医療・福祉・教育・産業・安心安全・観光など、様々な分野の取組みを知ることが出来ました
 
全国各地で行なわれた取り組みが簡潔にまとめられているので、非常に分かりやすく、自分たちの地域でどのようなことが行なえるのか参考になりました

映像で紹介されている地域は過疎高齢化の進む地域ばかりですが、関前諸島と違うのは地域全体に高速通信環境が整備されているという一点です

電気・水道・ガスと同様に、通信インフラは全国民が平等に享受されるべきものです
固定電話回線は整備されていても、もはや過去のもの

国としてみなし100%整備で終わらせず、未だに放置されている僻地への整備が一番の課題であり、過疎高齢化の流れを変える可能性を持った高速通信環境整備を重視した政策を打ち出していただきたいものです

関前諸島は岡村島・小大下島(こおげじま)・大下島(おおげじま)の3島で構成される小さな地域で、居住地域も密集しているため整備しやすいといえます

今治市の中でも、携帯電話(3G)を除き、高速通信環境が何も無いのは関前諸島のみで、このあたりの不公平の改善も考慮して欲しいですね~


セキュリティーについては、家庭におけるインターネット(携帯も含み)の様々な脅威について勉強を行い、セキュリティーに関する意識向上の周知を行ないました

 

勉強会では最新のニュースなども併せて勉強の題材として取り上げていますので、常に最新の情報を周知できる絶好の場所となっています

今後も様々な角度から高速通信導入という目的を軸に、地域の活性化につながる活動を行なっていこうと思います




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先日本焼のために窯に入れた器が、いよいよ窯だしです

3日以上放置したにもかかわらず、窯はまだ熱気を帯びています

蓋をあけると、色づいた器たちが顔を覗かせました

 

釉薬をつける時点ではどんな色になるか分からない状態でしたが、焼いてみると味わいのある色合いとなり、すごくワクワクします

 

しかし、頭の中でイメージした模様をつけるのは容易ではないです

予想を裏切り釉薬が流れてしまう器が続出

これも経験です

 

 

 

 

 

 


初めて窯入れから、窯出しを経験したことにより、どのように釉薬をつけるとどうなるということが少し分かりました

釉薬をつけすぎて流れると、置いている台にこびりついて取るのが大変

 

スクレーパーと金槌を使って削りますが、密着してしまい完全には取れなくなってしまいました 

今後はこの経験を活かした作品作りをしたいです

しかし、うまい人の作品は仕上がりが全然違いますね~

何より軽く、姿が美しいんです

家で使いたくなるような作品が作れるようになりたいな~




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 とびしま海道の終点岡村島では、せきぜん珈琲の会が行なわれました

 

七月という事で初めてのアイスコーヒーブレンドに挑戦です

 

ブラジルサントスをベースに、コロンビアスプレモ、モカシダモをブレンド

 

多少苦味系に振ったコクのあるさっぱり感をイメージしてみました

 


コーヒーの会の楽しみの一つでもあるスイーツは、アイスコーヒーに合わせ冷たいスイーツガレットに挑戦です

 

ガレットにはチョコバナナムースとオレンジフレーバーのホイップをトッピング

 

しっかりしたガレットにマッチする味に仕立てました

 


このガレットは甘さを控えているため、食事としても最適なんです

手巻き寿司ならぬ手巻きガレット

 

畑からもいできた、きゅうり、トマト、サンチュにツナやハム、チーズ、生姜焼きなどをトッピングして楽しい食事タイムが満喫できますよ

 



コーヒーの会には、春から大三島と上浦の地域おこし協力隊メンバーに加わったメンバーの奥様方がはるばる訪ねてきてくれたんですよ~

船の時間がぎりぎりでゆっくり話など出来なかったけど遠いところありがとうございました


開催場所である『ふれあいサロンきないや』は、港にあるせきぜん開発総合センターの裏にある一軒家
昔の写真がたくさん展示してあり、毎回当時の話で盛り上がります

写真からは当時の活気ある関前の様子が伝わってきて、島の底力を感じます

住民が気軽に集う場所が少ない関前ですが、このような会をきっかけに、いつでも集える場所を作れるように取組みを進めていこうと思います




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
情報通信技術の発達によって、個人が世界中に向けて情報発信できる様々な仕組みが揃っています





しかし、膨大な選択肢の中どれを活用したらよいのか分からなくなるような現状もあります

個人の情報発信というと先ず思い浮かぶのがSNSとブログでしょうか。

SNSはmixi、twitter、Facebook、LINE、Google+など

ブログはアメブロ、BIGLOBE、ココログ、LiveDoorブログ、サクラブログなど数え切れません

その他ホームページなども気軽に用意できるようになってきています


こんなにたくさんあったらどうしていいか分からなくなりますよね

そんなときに、それぞれの特徴を活かした使い分けをすれば有効活用が出来ます


例えば、twitterは情報をつぶやくことで不特定多数の人に見られる可能性が高い
FaceBookは仲間うちでの近況報告とその仲間の友達への波及効果を狙えます。

ブログはWEBログが語源のように、日記のようなもの。毎日のように発信していることで、見に来てくれる人が増え、Google検索等で検索した際に見に来てもらえる確立があがります。

ホームページはブログで代用している人もいますが、決定的に違うことはSNSのように情報をあげるごとに過去情報が見えなくなるようなことはなく、いつも体裁を保てることから,詳細情報や伝えたいことを確実に見てもらえるチャンスが増えます。

最近流行のLINEは無料電話やチャットのようなに文字や写真をやり取り出来ることが利点ですが、基本携帯電話の電話帳に載っている人のみとのつながりのため、より親密な使い方になります。

その他、mixiなど昔からあるSNSはコミュニティーという趣味や嗜好に特化したグループがたくさんあり、興味のある人同士のつながりを楽しめたりします。

特徴はこれだけではありませんが、なんとなくこのようなイメージを持っていれば使い方が見えてくるのではないでしょうか。

最近ではクラウドサービスという言葉も良く聞きます。
これは、自宅のパソコンの記憶装置を使用しないで、外部(データセンターなど)に置かれた記憶装置(パソコン)にアクセスして、通信環境さえあればどこからでもいつも同じ環境で使うことが出来るという仕組み
撮った写真や、ファイルデータなど格納できるので、自宅のパソコンの記憶容量を気にせずに使えるというメリットもあります

しかし良いこと尽くめではありません。
クラウドサービスを提供している会社が倒産したりすると、もしかしたらその中のデータにアクセスすることが出来なくなって、自宅パソコンにバックアップがなければ大事な思い出までも一瞬で失う可能性があります
更に、どこからでもアクセスできるということは、ユーザーIDとパスワードが流出すれば、悪意ある人に全てのデータが読み取られたり、又は本人になり代わって悪意ある情報を発信されたりする危険があるのです

このように便利さと脆弱さは紙一重という事は忘れないでください

このような決定的な危機を避けるためには、サービスごとに全て違うユーザーIDとパスワードを使うのが理想ですが、それを覚えておくだけでも大変なことになってしまうし、メモなどしていたら落としたときに全てばれてしまうので本末転倒です

また、脅威はこれだけではありません。
本当のサイトとそっくりの偽決済サイトにいつの間にか入っていて、クレジットカード番号とパスワードを盗まれたり、銀行の口座番号とパスワードを盗まれたりといったことが毎日のように起こっています。
メーカーのホームページにウイルスが感染していて、そのサイトを見に行っただけで感染なんてことも報告されています

こんな話を聞くと怖いから全て使いたくないと思うかもしれませんが、常に気をつけてしっかりとしたウイルス対策ソフトを使用するなどすれば殆どの場合危機を回避できます

便利な環境を手に入れるために、煩わしい危機が新たに生まれるなんて皮肉な話ですね




愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
明治以降日本は飛躍的に発展していった。

井戸から汲んできていた水は水道管で給水され

川に流したり汲み取りだった便所は下水が用意された。

ろうそくを灯していたあかりは電気に換わり

手紙でやり取りしていた通信は電話に置き換えられた。

かまどで火を起こしていた炊事場はガスやIHに

歩いたり、馬などで移動していたものは自転車や自動車に

遠くで見ることが出来なかったものはテレビで見ることが出来るようになった。


このように、これまでの時代は劇的に変化(進化)した時代であった

それでは最近は?


先ほどのものが導入された以降でも、白黒テレビがカラーになったり

LPレコードがデジタルになったり

インターネットが構築され世界中がパソコンで通信できるようになった


ではこれから先の未来に予測される劇的な進化ってあるのだろうか

先ほどまでのような進化と同程度と考えると


自家用車が空を飛ぶ

インターネットが全て無線に置き換わり世界中全てを網羅する

超小型の装置が開発され、電気を家庭で発電し賄える

キーボードを打たなくても念じれば操作が可能となるインターフェース

まるでその場にいるような立体映像が展開される映像装置

工場の中で全てオートメーションで食料を生産できる


こんな感じか


というか、これ本当に必要ですか?

利便性以上に合理性が際立ち、効率化だけを求めた結果、人間を削減して機械に作業させるという方向性に疑問を感じる

そして、株主利益を重視した結果、そこで働く従業員の(首になったら働くところが無い)弱さを突いて、安く、長時間働かせるためのくだらない理念を押し付けるような企業が、何のお咎めも無く平気で運営できていること

人間の生命を脅かす可能性のある、安全が確認できていない様々な仕組みを、利益のためだけに平気で運営している企業が存続できること

原発もその一つだが、その運営会社の中枢はもちろん原発からはるか遠い場所に位置し、何かあっても人口の少ない過疎地だから被害が少ないと考えているのだろう
もし本当に安全で堅牢ならば、一番消費が高い首都圏の臨海部に建設すれば、配電時のロスも少ないのでベストなはずだ
お金の無い過疎高齢化の進む地域にお金をばら撒いて、それと引き換えに危険を押し付けるという構図は誰にでもわかる
その地域は原発が来たことで人もたくさん来るし、交付金ももらえるので受け入れてしまう

そもそも地震大国の日本に導入すること自体が間違っているし、挙句の果てに使用済み燃料の処理方法(処分方法)も確立していないというとんでもない代物なのだ

都会では原発賛成派(推進派)が多いと聞くが、それならば試しに東京湾や大阪の臨海部に原発を設置する計画を立ててみればよい

それまで推進していた大部分の人間は180°寝返って反対するだろう
早い話自分のことしか考えていないのだ
電気料金は安くないと困る。地方で何かあっても自分たちには害は無い。という理屈だ

都会では何かあったら危険だから設置できないということだから、地方でも何かあったら危険なので設置できないんですよ
このことを見逃している人が多すぎます

一番重要なのは、何かあった時に国が補償してくれるのはお金だということ
それも、直ちにではなく何年もかかって納得行かない金額しかもらえません。

しかも、お金もらっても健康や今までの生活は絶対に取り戻せないということです
お金さえあれば何とかなるという考えは即刻やめた方がいい
危険がないことが一番幸せなんです

もしかしたら、未来の理想像は更なる技術の発展だけでなく、本来人間が必要としている当たり前の環境や生活を手に入れることかも知れません





愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
パソコンが一般的になって約20年弱

今ではパソコンが使えなければ事務仕事さえ出来ないという状況 

電子化の波は至るところに波及し、本や音楽などはダウンロードできる時代になっています

文章は書くものではなく打つものというのも味気ない感じがしますが、利便性や効率を考えれば仕方ないことですね

趣味で楽しんでいる音楽鑑賞も、LPレコード・カセットテープの時代から、CD・DAT・MDの時代を経て、今ではiPodなどデジタルプレーヤーやクラウドで音楽を聴く時代になりました

昔は、LPレコード・カセットテープの時代はワウフラッター(これ分からない世代が多くなってきました)といって回転ムラをいかに抑えるか、なんて議論が盛んでしたが、CD時代に入ると理論上そのような心配がなくなり一安心かと思えば、CDは音が硬いなんていう議論が起こったり、過渡期は面白かったです

今でも愛用しているオーディオ機器は、アナログレコード+カセットテープが再生可能で、アンプは真空管のものです

聴き流すように聴く場合は、iPodをプレーヤーに使いますが、音楽を楽しみたいときはLPを選択することが多いですね

LPなら温かく良い音がすると思ったら大間違い!アナログプレーヤーやレコードの針などで全く表情が変わります
それに、ノイズとの戦いもあるので、本当に良い音で聴こうと思ったら結構手間がかかるというのも楽しみの一つなのです

LPの再生は、レコードの盤面のメンテから始まり、レコードの溝から音を拾うカートリッジ(レコード針)、それが付いているアーム、盤面を廻しアームを安定させるターンテーブル、カートリッジが拾った微小な信号を忠実に伝えるケーブル、その信号を増幅させるためのフォノイコライザーアンプ、そしてそこからようやくアンプに入るのです
そして、そのアンプで更に増幅された信号がスピーカーケーブルを通ってスピーカーを駆動します。スピーカーも厳密に言えば3WAY(ツイーター・スコーカー・ウーハー)の場合は、スピーカーケーブルから流れてきた信号をネットワークという部品で3つに分割して各スピーカーユニットに信号を伝えます


話は脱線してしまいましたが、デジタル全盛の世の中でもアナログ的なものは無くなりません

一般にアナログの代表的なものは筆記用具でしょう
僕の子供の頃はまだ鉛筆が基本で、学校に鉛筆削りやカッターナイフを持参して削っていました
中学生に近くなるとシャープペンが主流になってきて、このときは今でいうアナログ・デジタル論争のようにシャープペン使用に対する危惧などが云われたりしていました

高校生の頃はシャープペンにボールペンが基本となり、蛍光ペンなどで色付けして勉強したりと、小学生の頃に比べると筆記用具までガラッと変わった時代です
そして大学時代はボールペン主体で、この当時極細のボールペンが流行っていたので、色々な種類を試しました
そんな中、使い慣れてきたのはシャープペン
鉛筆のように途中で削ることなく太さも変わらず使えるのは非常に便利です

最初の頃は0.5の2Bの芯を愛用していましたが、今では0.7と0.9のBを愛用しています

多少柔らかく太目の芯を使うことで、鉛筆の良さも兼ね備えます
シャープペン本体は製図用のものを長く愛用していますが、しっくりくる持ちやすさとバランスが絶妙で気に入っています




学生時代に使用しなかったのに、大人になってから使い始めて気に入ったのが万年筆
多少太めのものと、細めのものを持っています

インクはブルーブラックが万年筆っぽくてお気に入りですね~
万年筆は鉛筆よりも筆に近いような表現が可能で、繊細な機能美も魅力の一つです

太い方はモンブラン




細い方はパイロット




しばらく使わないとインクが固まってしまうので、コンスタントに使用するのが良さそうです

絵は非常に下手なのですが、落書きのように書いても、ボールペンやシャープペンで書くよりも万年筆の方が味わいがあるように感じます


ボールペンにもお気に入りがありますひらめき電球




友人からいただいた少し太めのボールペンは、書き味も持った感触も良く大切に使わせていただいています合格

そして、普段使いはこの三種類目



それぞれ特徴がありますが、書きやすいという点で甲乙つけがたい製品です音譜

普段仕事でパソコンばかり使用していると、時を書くことが殆どなくなってしまいます
たまにはアナログな筆記用具で字を書いたり、絵を描いたりするのも楽しいですよ~





愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
今治市には倉本聰さん監修の『自然塾』という施設があります
場所は、駅の西側に位置するしまなみアースランド(今治西部丘陵公園)
裸足で様々な状態の道を目隠しして歩く体験や地球の歴史46億年を460メートルの道に置き換えて体感するゾーンなどがあります。
この体験で何も感じられなかったか、何かを感じたかは人生に大きな意味を持つと思います
上り坂に曲がりくねった道を460m(46億年)歩いて、地球の歴史を振り返るのですが、最期のゴールに言われなければ見落としそうな細いテープが張られている
これが現代文明といわれる部分なんです。
息を切らして登ってきた道中から比べれば無かったも同然の短さに愕然としたものです

人間は長い歴史の中から見れば瞬間的に文明が発達してしまいました
利便性を求めるに留まらず、無くて良い仕事を生み出し、そしてまたそれに対応する仕事を作るという、冷静に考えれば無駄なことが経済発展という名の元に繰り返されています
そして何十億年という歴史の作ってきた化石燃料も地球の歴史から見れば瞬きにもならないくらい一瞬で消費しようとしている

お金を如何に生み出すかという事だけを目的に突っ走る経済は、いつか終わりを迎えるのは明らかです。
これからの時代は、今まで蓄積してきた技術や知識を活かし、取捨選択することでバランスをとっていかねばならないのだと思います

世界の国から見れば、ほんの小さな面積しかない日本で、これほど人口集中が起きて、狭い国土をより狭く使うような仕組みが果たしてよいのか
収益だけを考えて危険なものを、危険と認めずに突き進むことに意味はあるのか
原発にしても、遺伝子組み換えにしても、人類の手に負えないような危険なラインを超えてしまっています
戦争や天変地異によってもたらされた悲惨な事象を重く受け止めなければならないのに、まだ人間はそれをコントロールできると思っているのだろうか
こういうことを愚の骨頂というのであろう

電力会社は電気料金が数十パーセント値上げになると脅しをかけてくるが、人類の手に負えない危険から逃れるためにお金を払おうという考えにはならないのか(無論電力会社の値上げによる無駄な利益はしっかりと監視しなければならない)

海外からの激安加工食品の中には、表示義務がないのをいいことに、遺伝子組み換えの食物や、信じられないよな農薬、消毒剤を浴びているものが混入している事実があるらしい
確かに他の企業よりも安く食べ物を提供し、利益もそれなりに出せるのだろう
これは言い換えると、安さと利益のために安全を削ったということに他ならない

最近自分で野菜を作ったり、近所の農家さんに新鮮な野菜をいただいたりして感じていることだが
格安で綺麗な外見の野菜は、気持ち悪いほどいつまでも綺麗なのだ
新鮮さでいけばこちらの野菜の方が新鮮なはずなのにである
これはあきらかにおかしいと思わなければならないことです
最近のバナナなんかは、皮が真っ黒になっても中身は真っ白
これも道理が合わない事象です

一部の野菜では減農薬といいながら、今まで三十回ほどかけていたものが十数回に減ったということもあります
無農薬表示でも完全に無農薬でなくても表示できるという事実は知っておいた方がいいでしょう
遺伝子組み換えでないと書いてあっても、5%までは混入していてOKなんですよ
TPPが導入されれば、今よりも農薬の表示しなければならない種類が減るという話もありました
国際基準なので、日本は従わなければならないんです(日本の法律よりも上位となるところがTPPの怖さ)
日本は自給率が低い(カロリーベース)という言葉も注意!あくまでもカロリーベースで、重量ベースでは自給率は結構高いです
それに、農地は腐るほど余っているので、その気になれば9割以上自給できるのではないか?

このような言葉のマジックを何も気付かずに鵜呑みにしてしまう人の何と多いことか

私たちが求められていることは
今でなく、自分たちの未来を担う世代に何を残すことが出来るのか
何を引き継ぐことが出来るのか

それが今を生きる全ての人たちの一番の課題だと思います

そして、お金で買えない贅沢がそこら中にたくさんある事に気付いてほしい
日本は日本国民から見れば狭いようで、すごく広いんです
交通機関/ICTの発展で、一極集中しなくてもどうにでも出来ることを日本から発信できるチャンスでもあります。
今あるものを有効に使って、要らないものはきっぱりとやめるバランス感覚が求められます




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土日を活用して手持ちパソコンのメンテナンスを行っていますひらめき電球




とりあえずセットしてあるのが5台で、そのうち二台はかれこれ二年以上動かしていません叫び

先ずはネットワークに繋がるよう、ハブを設置して配線を繋ぎ、ネットワークドライブやスキャナーの共有設定ビックリマーク

こうしておくと、共有ドライブにファイルを入れておけば、どの機器からでも作業が行えます合格

そして、モバイルルーター経由でインターネットにつなぎ、一番憂鬱な各種ソフトウェアのアップデートですあせる

たった300kbps程度という光の実測の1/100~1/200の速度しかないので、単純に都会の100倍~200倍時間がかかります叫び

Windowsのアップデートだけでも異常に時間がかかるんです汗

2日間かけてようやく主なアップデートは終わりましたショック!

一台はWindowsXP、もう一台はWindows7の64bit




WindowsXPを敢えて残しているのは、過去の仕事で納品した各種ソフトウェアのメンテナンスやデバック用ひらめき電球

まだまだ企業内の専門部署ではWindowsXPが活躍しているんです音譜




とはいえ、これが役立つのはいつのことかは判りませんがあせる

そんなこんなで、大事な休みをまるまる潰してしまいましたが、いつかはやらねばならない作業でしたので、ようやくスッキリしました合格

もう一台のWindows7機は、以前動画編集のみに特化して使っていたマシンなので、今後こちらで動画編集すれば、他の作業も平行して行えるので手間が削減できそう音譜

今日のスーパームーンは曇っていて見えなかったけど、雲越しのパワーを浴びて、明日からまた頑張るぞ~ニコニコ音譜




愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日素焼きを終えて釉薬をつけた作品が、いよいよ今年度初の本焼きのため窯入れしましたアップ



釉薬をつけすぎていると垂れてしまうため、この時点でチェックをしてつけすぎの部分は落としますひらめき電球

落とし過ぎると地肌が見えてしまうため、細心の注意が必要なんです目



窯は大型の電気窯で、深さも充分合格
ここに作品たちを並べます音譜
去年は作るだけで、焼くときに立ち会えなかったので初の体験にワクワクしますにひひ



自分たちの創った器やカップはどんな仕上がりになるのか、ドキドキしますね~叫び
思ったよりも釉薬がぼてっとしているものが多く、事前に削るとができて良かったです音譜



背の高い作品から並べて、何層にも板を重ねて一気に焼くんですよ~目
隣の作品と近すぎるとくっついてしまったりするので、置くときのバランスも大切ですひらめき電球



積み上がったら一番上にも板を載せて準備完了ラブラブ!

ここから一日かけて、最高1200℃を超える高温で焼いていきますアップ

焼き終えてすぐに開けるとひびが入ってしまうそうで、冷ますのに3日間開けるそうですひらめき電球

今回は、どの器に何の色を塗ったのか、キチンと記録しているので、今後の色付けに参考になるはず合格
焼き上がりが楽しみですニコニコ音譜





愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも茜色のブログに遊びに来ていただきましてありがとうございます

本日は初心にかえって、一番基本的な部分

関前諸島ってどこにあるの~

という疑問に答えます


 


関前諸島は瀬戸内海のど真ん中

愛媛県今治市でありながら、広島県呉市から延びるとびしま海道の終点に位置しています

本州方面からは、とびしま海道を経由して車でアクセスできます

広島に遊びに来たのに、愛媛県にも行けてしまうという二度美味しい場所なんです


四国からは今治港から旅客線かフェリー

しまなみ海道の大三島からも旅客船かフェリーでアクセスできます


 


関前諸島は岡村島・小大下島・大下島の3島で構成されていて、小大下島・大下島は離島となっています


 


岡村島の見どころは島の南端、瀬戸内海国立公園に指定されている観音崎周辺とナガタニ展望台

そして北側の正月鼻古墳公園です





岡村港周辺には島の歴史を感じさせる様々な風景があるんです

コテ絵探しは宝探しのようで面白いですよ~

そして、島の中に張り巡らされている細い路地も是非みていって下さい 

また、サイクリングやトレッキングに訪れる方は、是非山の上を一周する農道をお勧めします

岡村島の農道は殆ど全ての場所から海が見えるのが自慢です

どこにいても海を感じられるというのも魅力なんです



岡村島から船で140円(宗方からは350円)で行ける離島が小大下島です 
 
特にとびしま海道から車で来た人は、岡村島に車を停めて船まで満喫できる一押しプランです

 


小大下島は石灰石の採掘で栄えた島で、現在もその近代産業遺産が眠っています

大下島から小大下島間の船から見える大きなタンクはシンボル的な近代産業遺産です


 


水源地や海老の養殖場跡の綺麗な水の色は、いつまでも見ていたくなる様な美しさ

石灰石の堤防や石窯の跡など、ワクワクする魅力が溢れています

小大下島には自動販売機がありませんので、訪れるときは飲み物などは予め用意していってください

その際はゴミの持ち帰りにもご協力お願い致します



岡村島から船で190円(宗方からは210円)で行けるもう一つの離島が大下島です





大下島の見どころはなんといっても1894年(明治27年)に設置された八角形石造りの白亜の燈台

森繁久彌主演の映画ロケ地にもなり、燈台上の広場には森繁久彌の歌碑があります


 


大下島の坂道の風景や、島の裏側から見える来島海峡大橋は素晴らしいですよ~

そして、もう一つ島の裏側にある灯台は、真っ白いタイル貼り

こちらも大下島燈台と趣が違って素晴らしいです



これらの情報は、関前諸島のホームページ「きないやせきぜん」に詳しく載っています


 


http://sekizenweb.com/

是非チェックしてみてくださいね~




愛媛県今治市ブログランキング


離島暮らしブログランキング


広島県呉市ブログランキング

広島ブログ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。