iPhoneアプリ開発:AR 目次

 

 前編で追加したトーラスを単独で選んだあと、ボトムバーにあるオブジェクトモード項目をクリックして編集モードに切り替えてみてください。

 

 

 

 これで、選んだオブジェクトの3D形状を編集するモードに切り替わります。

 

 ボトムバーも微妙に変わる。

 

 

 これで、SceneKitで言えばSCNGeometoryの3D形状を編集することになります。

 ボトムバーの選択ツールが「頂点選択」になってるのを確認してから、トーラスの頂点のどれかをドラッグしてみましょう。ツノが伸びるはず。

 

 

 

頂点移動

 ツノができたら左クリックで確定しちゃってください。

 そのまま形状を確定したい時は左クリック、キャンセルしたい時は右クリック、ここらへん、オブジェクトモードと同じです。

 頂点選択してからG/R/Sて手順も全部使えるけど、頂点を回転・拡大縮小しても意味はないっす。

 選択ツールを「面選択」に切り替えてドラッグすると面単位でドラッグできる。

 

 ちなみに各面の中央にあらわれる黒い点は、面の中心部を示す指標で頂点ではないです。こっちも適当な面をドラッグしてツノにしたあと、左クリックで確定しちゃってください。

 

面をドラッグだ!


面移動

 確定後はドラッグした面が選択状態で残る。

 頂点選択状態だと頂点がオレンジになったけど、面選択状態だと面の周辺の辺と、面の中心部の指標がオレンジになる。

 で、そのまま面が選らばれた状態でXキー打つと、削除メニューが出るので「面だけ」項目を選ぶ。

 

 

 これで選択中の面だけが消える。

 

 

 他の「頂点」とか「辺と面のみ」とか選ぶとどうなるかは各自で試しましょう。

 controlキー押しながらのZキー打ちで直前の状態に戻せます。

アンドウ(Undo)

 いわゆるUndoです。ボトムバーのメッシュ>元に戻すメニューのショートカット。オブジェクトモードにもあるよ。

 Mac標準のcommand+Zは使えないので注意。

 選択ツールを「辺選択」にすれば、辺に対しても同じように作業できる。

 

 ちなみに辺や面を選択してる状態だと、回転や拡大縮小に意味が出てきます。ここらへんも試してみるといいでしょう。

 

 次に頂点の追加について。

頂点の追加

 まずは選択ツールを「頂点選択」に戻して、それから選択してる頂点があれば選択を解除する。選択解除にはお約束のAキーね。

 何も選択されてない状態になったら、controlキー+左クリックで投影画面をクリック。

 これで空間上に頂点が追加されます。

 

 追加された頂点は選択状態になってるので、今度は選択を解除せずに、別の位置にcontrolキー+左クリック。

 これでもう一つ頂点が追加され、同時に最初に追加した頂点とを結んだ辺も追加される。

 

頂点と辺の追加

 頂点が新しく追加される時、選択中の頂点があれば、それと結んだ線を作るって仕組みっす。複数の頂点が選択されてた時とか、いろいろな場合で動作が異なるので興味ある人は各自で試すといいでしょ。

 とりあえず、今は、このcontrolキー+左クリックを繰り返して五芒星の各頂点と辺を作っちゃえー。

 

 

 上の図の状態までできたら、一番最初の頂点をshift+右クリックで選びましょう。

 

 

 この2頂点を選んだ状態でFキー打ちます。

 2頂点を結んだ辺が追加される。

 

 

 これで、最初の追加頂点から、最後の追加頂点、そしてまた最初に戻る閉じた多角形が完成。

面/辺を貼る

 Fキー打ちは、ボトムバーのメッシュ>面>面/辺を貼る、およびメッシュ>辺>面/辺を貼るメニューのショートカットです。

 選択状況によってどっちかの処理が実行される。

 今回は2つの連結してない頂点が選ばれてたので辺が貼られることになった。

 で、例えば、この状態からcontrol+Lキー打つと五芒星が選択状態になるけど、この状態でFキー打つと平面ができる。

 今回の場合、3頂点以上が選択状態なんで面が貼られた。

control+Lキー打ちで五芒星を選択

 

Fキー打ちで面貼り

 

リンク選択

 control+Lキー打ちは、ボトムバーの選択>リンクのショートカット。controlキー押してなくても効く場合があるんだけど、違いは謎。

 未選択状態のAキー打ちと違って、現在選択中の頂点や辺、面と関連してる頂点とか辺、面を選択するってのがミソ。Aキー打ちだと立方体も選択しちゃうんだよ。

 

 余談ですが、今回作った五芒星の各頂点は、頂点追加中に視点を動かさない限り、一つの平面上に配置されることになるっす。

 その平面とは、3Dカーソルを含む投影面と平行な平面。

 

 

 なので、頂点追加中に視点ぐるぐる回しちゃうと平面上にはそろいません。

 い・ま・さ・らっ、もうやっちゃたよ〜と思った人もいると思うけど、今回は別に頂点が平面上に揃ってなくても問題ないんで気にしなくていいです。

 バラバラの頂点を平面上に揃える方法なんかもあるけど、それはまたの機会に。

 ここまでできたら編集モードを切り上げてオブジェクトモードに戻りましょ。

オブジェクト/編集モードの切り替え

 オブジェクトと編集モードの切り替えにはショートカットが用意されてて、tabキーで交互に切り替わるようにもなってます。

 オブジェクトモードで形の変わったトーラスちゃんを回転、移動を駆使して立方体の上に持っていきましょう。編集モードで追加した五芒星がトーラスの形状として、一緒に移動したり回転したりするのがわかるはず。

 投影画面をホイールスクロールで調整しながら移動や回転をするとよくってよ。

 

 

 というところで、今日はこれくらいにしといたらあ。

 今回のモデルは手習いなので記念に保存してもいいし、捨てちゃってもかまいません。保存する場合は3Dビューの上にあるファイル>保存メニューね。

 

 

 疲れた…

 

 想像以上に疲れた…

 やめっかなBlender解説するの…

 いろいろサイトあるし、無駄に解説サイト増やしてもしょうがねーんだよな…

 そもそも前後編にしたのも、アメブロが「長げ〜よ、このブログ。無理」って言ってきたから泣く泣く分けたんであって、俺のせいじゃねーよっ

 などなどネガティブになりながらもなんとか、お気楽極楽Blender[1]終了〜。
 

 スーパーな人だと、今回の情報だけで、なるほど〜とか言って鼻歌交じりにキャラクタまでモデリングしちゃうんだろうけどね〜。

 さすがに凡人にそれは無理っすわ。もうちょっと効率的な作業方法知らないとね。その点を実際に油圧ショベル作りながら次回以降に解説。待て次回。

 え〜、やっとエンジンが温まってきたとこなのにぃいい

 という元気ハツラツ・レッドブルな人は、以下のYouTubeの「わにこ沼地辺境伯」さんのチャンネルで予習してみてください。

 具体的に動画でBlenderの作業を解説してくれてます。作るの大変だったろうな〜。

 特にパート4のTips集は必見。

 

 わにこ沼地辺境伯さんのYouTubeチャンネル

 https://www.youtube.com/channel/UCqHa5bmORg-H_EMELJ_ww6g/videos

 

 Blenderについて日本語で詳細に解説してくれてるサイトはここ。

 https://blender-cg.net


 他にもググればいっぱい出てきます。

 デワデワ。