消された暗号 BRICK-ブリック-

 ハリーポッター似のお兄ちゃんが、自分の元カノの死体を前にしてるとこから始まります。彼女は誰に殺されたのか?手がかりは彼女が残した謎の言葉だけ。学園ミステリー、ハリーポッターの調査が始まります。頑張れ、結構喧嘩っぱやいハリーポッター。面白かった。

 

LOOPER/ルーパー

 またまたタイムリープ!現在の自分への行為が、将来の自分に振りかぶる。お約束のネタで突っ走ります。面白かった。

 

夜は短し歩けよ乙女

 「四畳半神話大系」です。ミュージカル要素が加わってパワーアップしてます。ブルーレー買おうかな〜。おすすめ。

 

バーニング・オーシャン

 パニック物。実話なんですけどね。ボヤ出して大爆発するだけの話なんだけど、海底石油を採掘するためのプラットフォーム(船)のどでかさとか、各装置を動かすときの緊張感がいい感じ。面白かった。

 

ドント・ブリーズ

 盲目のおじいちゃんなんだけど、やたら勘がいいのよ。コソ泥に入った若者達が一人一人餌食に…、ってこの展開、完全にアメリカンホラームービーのテンプレだよな。面白かった。

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 ジェイク・ギレンホールなんで。ジレンホールという方がアメリカでの発音に近いみたい。交通事故で嫁さんが死んだけど、いまいち悲しくないって男を演じてます。地味な展開なんだけど面白いんだよね〜

 

LOGAN/ローガン

 X-MenのローガンとプロフェッサーXが、歳くって出てきます。マーブルのオールドマン・ローガンを下敷きにしてるみたい。基本ヒーローは人を殺さない、たとえ相手が敵役でも、というマーブルの大設定を完全に無視して殺しまくります。チビうさ、じゃない、チビローガンも出て殺しまくります。娘よ、父はお前のために戦う!プロフェッサーXの能力の画面演出がなかなか良いです。

 

アメリカン・ヒーロー

 能力があっても、使わなければ意味がない。でもってどっち方向に使うかがヒーローと悪役の分かれ道。

 

クリミナル2人の記憶を持つ男

 ツィートもしたけど、えっらいケビンコスナー似の役者さんやなと思ったらケビンコスナーだったというね。諜報活動中に捕まって、重要機密を持ったまま殺された男の脳の記憶を移植されるという社会生活不適合者を演じてます。

 他人の痛みを想像できないという脳の欠陥のせいで社会生活不適合者になってるケビン。躊躇なしの極悪っぷりを醸しつつ、移植された記憶が元で少しずつ人間味が出てきます。記憶移植元の男の妻も出てきてラブロマンス展開あり〜の、重要機密はどこに〜の謎あり〜の、お約束展開です。面白かった。

 

君の名は。

 隕石落ちます。面白かった。

 

ラ・ラ・ランド

 歌います。だってミュージカルだから。食べながら歌います。だってミュージカルだから。ジャズ嫌いのおっさん役でJKシモンズ出てきます。だってセッションの監督だから。オススメ。

 

ハドソン川の奇跡

 実話ですね。実際に機長さん、ハドソン川に無理に不時着しなくても、他に回避方法あったんじゃないかって訴えられてるし、そこらへんの経緯をドラマティックに作り込んでます。呪いです。鳥の呪いなのです。バード・ゴー!面白いよ。

 

インフェルノ

 ダヴィンチコードから始まる3作目。安定のフィレンツェ観光です。ラングドン教授が部分的な記憶喪失になってて、失われた記憶を探りつつ、古典芸術作品群に隠されてる暗号を読み解くよ。背後にうごめく巨大な陰謀とは何か!面白かった。

 

スーサイド・スクワッド

 ジョーカー役の人は大変だよね。ジャック・ニコルソンとか、ヒース・レジャーとか先人俳優のインパクトが強すぎっす。そういうプレッシャーの中、新しいジョーカーを模索してます。いい感じっす。といっても今回はハーレー役のマーゴット・ロビーちゃんとのペアでのインパクトっすね。ツィンテール!

 DC好きは見逃すな。ちょっとマーヴルに押され気味。

 

ターザン:REBORN

 ジェーン役でマーゴット・ロビー出てます。いつバット振り回すかと…

 

 

AD