きつね

テーマ:
 夜にヤギの様子を見に行ったところ、ヤギの近くから黄色っぽい色をした細身の動物が、山の中へ飛ぶように走り去っていきました。太くてフサッとした尻尾の後ろ姿。この動物、何かわかりますか?
 正体はキツネでした。
 ヤギ達は、見慣れない動物の姿にちょっと緊張気味だったのか、直立不動に固まった様子で去っていくキツネを見守っていました。
 先日も別の場所で狐が道を渡るのを見かけたのですが、日進にもキツネが住んでるんだな~と実感しました。そうそう、昔、折戸と和合を繋ぐ峠にキツネが住んでいたらしく、よく人を化かしていたんだとか目。今の県道の折戸南の交差点の辺り。小高い丘の上に小さな祠も残っています。

 しかしヤギを訪問したあの狐さん。何の用があったんでしょ?

$黒やぎさんの日進やぎ日記
これは北海道の道ばたを歩いてた北キツネ
日進のキツネもこんな感じかな。。