神が愛であるならば何故この世界には苦しみや悲しみがあるのか(3) | 沈黙こそロゴスなり

沈黙こそロゴスなり

The Message from the stars that illuminate your life.


テーマ:

人は、自分の外に権威を見てしまうようにできています。

それは人間ならではの性質と言えるでしょう。

それには良い点もあり、悪い点もあります。

 

この世界は二元性を体験するために創造されましたので、ものごとには常に2つの側面が存在するのです。

 

そのため、なにか出来事が起きると、そこには「望む現実」と「望まない現実」の2つが存在しています。

 

私たちは日々の生活の中で、常に、自分の興味のあることにしかフォーカスしていません。

 

出来事が起きた時、そこには「望む現実」と「望まない現実」の両方が存在しているのですが、人によってフォーカスする方向が違います。

 

「望む現実」にフォーカスしていれば、それは肯定的な体験となりますが、「望まない現実」にフォーカスしていれば否定的な体験となります。

 

 

例えば、二人の人が一緒に道を歩いていたとしましょう。

 

一人は車にとても興味があり、走っている車ばかりを見ています。そのためこの人には足元の花壇が目に入らないかも知れません。

 

もうひとりの人は、お花や植物が大好きな人だったとしましょう。その人は道に並んでいる花壇の花を見たり、街路樹に目をやったりして、走っている車の車種などは全く眼中にありません。

 

このように、たとえ同じ場所や、同じ時間を共有していたとしても、フォーカスが違えば体験する現実も全く違ったものとなります。

 

 

 

この宇宙が誕生する以前、そこにはただ「意識」が存在しました。

この意識を人は「神」と呼んだり、より具体的に「根源神」と呼んだり、あるいは「大霊」、「大神霊」などと呼んだりしています。呼び方は様々ですが、ただ唯一の、絶対なる、意識がありました。ある時この意識は、「自分を見たい、知りたい、感じたい」と望みました。

 

その瞬間、「私」と「もうひとりの私」が誕生しました。「私」は「もうひとりの私」を通して自分を見たり、知ったり、感じたりすることができるようになったのです。

 

これが宇宙の始まりです。

 

「私」は「もうひとりの私」を増やし続けました。
それは爆発的に増えていきました。

宇宙はビックバンを起こし、現在の大きさまでに拡大していきました。

そして、多種多様な「もうひとりの私」が誕生していったのです。

 

宇宙にはもともと「私」しか存在していません。

この宇宙は言ってみれば「私」が見続けている壮大な夢の世界なのかも知れません。

 

といわけで、宇宙の根源なる「私」を、便宜的に「神」と呼ぶことにしましょう。

 

 

 

キリストはこのように教えています。

 

「からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。」(マタイ10:28-31)

 

 

少しわかりにくい箇所ですが、「あなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。」という部分にキリストの言葉の真意が表されていると思います。

 

私たち一人ひとりはみな、神(=宇宙の根源なる「私」)の生み出した「もうひとりの私」です。

 

キリストは「神と私は一つである」と教えています。

 

これは単にキリストが神の子であって神と同等の存在なのだという、キリスト教の伝統的な教えを超越して、神とすべての人類、そして人類だけでなくすべての動植物や自然界のすべてが、神と一つなのだということを意味しています。

 


「神と私は一体である」という事実は、「神が私を通して世界を体験している」という秘密を物語っています。キリストが語っているように、神が私達一人ひとりの髪の毛一本一本を知っているのは、神が私達自身であるからなのです。

この世界で起きていることは、すべて神の体験です。
つまり、喜んでいる人も、幸せな人も、豊かな人も、貧しい人も、苦しんでいる人も、悲しんでいる人も、すべて神の体験であり、神は人という形を通してそれらすべてを体験し、感じておられるのです。

 

 

では、「神」が「私」と同じであるならば、なぜ「私」は「神」のように奇跡を起こしたり、超能力を発揮したりすることができないのでしょう。

 

キリストの使徒であったパウロは次のように教えました。

 

「からだが一つであっても肢体は多くあり、また、からだのすべての肢体が多くあっても、からだは一つであるように、キリストの場合も同様である。・・・実際、からだは一つの肢体だけではなく、多くのものからできている。もし足が、わたしは手ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。また、もし耳が、わたしは目ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。もしからだ全体が目だとすれば、どこで聞くのか。もし、からだ全体が耳だとすれば、どこでかぐのか。そこで神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられたのである。・・・目は手にむかって、「おまえはいらない」とは言えず、また頭は足にむかって、「おまえはいらない」とも言えない。そうではなく、むしろ、からだのうちで他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのであり、・・・神は劣っている部分をいっそう見よくして、からだに調和をお与えになったのである。それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互にいたわり合うためなのである。もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」(コリントII・12:12-27)

 

 

人間の体には様々な肢体や臓器があってそれらが連携して、一人の「私」を形作っています。

もっと細かく見れば、60兆個の細胞の集まりです。

 

 

神を宇宙という単位で見れば、私たち一人ひとりは、宇宙を構成している要素の一つでしかありません。例えて言えば細胞の一つと言えるかも知れません。

 

神から見れば私も神と同じですが、私から見れば、私は神の一部でしかありません。

私が神のすべてを表現しているわけではないのです。

ゆえに、人間一人一人が神と全く同じことはできないのです。

 

人間一人一人は、あくまでも、宇宙の根源なる「私」の、「体験の一部」でしかないのです。

 

 

神はこの世界に、ありとあらゆる「可能性」を創造しました。

 

最初に述べたように、この世界は二元性を体験する世界でもありますから、そのあらゆる可能性の中には、「望む現実」と「望まない現実」も含まれているのは言うまでもありません。

 

つまりは「望む私」と「望まない私」が存在し、そのどちらも神の体験であるということなのです。

 

この世界には、嬉しいこと、楽しいこと、喜ばしいことがたくさんあります。

一方で、悲しいこと、辛いこと、苦しいこともたくさんあります。

 

人道的なことが行われている一方で、非道なことも行われています。

平和を創り出そうとしている人たちがいる一方で、戦争や殺戮が行われていたりします。

 

それらはすべて同じひとつの「神」が体験し、感じているのです。

 

 

つづく

 

 

 

 

ブループリントリーディング

 

ブループリントリーディングがアップグレードいたしました!
ご好評いただいているブループリントリーディングですが、実は毎年のように内容が徐々にアップグレードしておりましたが、その範囲は主に精度の向上であって、お伝えする内容の項目は従来通りでした。しかし、この度、新たなリーディング方法を加えたことにより、内容が新しくなりました。

今回のアップグレードでは、単に人生の流れを知るだけでなく、幸福な人生を歩むために備わっている自分の才能に気づき、どう生かしていくのかということ、そして一緒に備わっている注意点をお伝えいたします。それにより「本来の自分のイメージ」「ありのままの自分のイメージ」がより明確にわかり、自分の人生の目的に沿って自分らしく生きるための指標となるものです。

これから新しくリーディングを受ける方はもちろんですが、過去(2018年8月以前)に一度リーディングを受けたことのある方にも、新たな発見のある内容となっております。

 

 

本来の自分(ありのままの自分)を知るために

 

ブループリントとは、今世生まれてくるときに決めてきた人生の設計図(計画)のことです。自分自身の意識の中の70%以上を占める無意識層のうち、魂にもっと近い部分に書き込まれているブループリント(現世での人生の計画)を読み、それと関連しているカルマや計画のうち、不要と思われるものを解除・解放、書き換えるワークになります。

ブループリントに記された今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果および、ご自分で取り組んでいただかないといけないテーマがあればそれをメールにてお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソウルメイトエンライトメント

 

 

相手との関係性を整えたい人に

 

ソウルメイトエンライトメントは、パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、およびヒーリングのセッションです。

現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。
 

 

 

 

 

 

 

 

人生に豊かさを引き寄せる・入門編

宇宙から豊かさを引き出し、思い通りの人生を生きる

 

 

深層意識に触れる練習をしながら、豊かさを妨げているブロックを外すためのセルフヒーリングテクニックの基礎を、お伝えするコースです。

このコースを学ぶことにより、深層意識に隠されている様々なブロックを浮上させ、解放していくための基礎的な知識を習得することができます。

また豊かさの瞑想ワークを通して、豊かさを引き寄せる体質を身に着けていくことができます。

 

受講料:無料(期間限定無料公開中!)

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルなメッセージをお届けしています!

 

Sandalphon から、人生を好転させ、このカルマを抜け出し、解脱(アセンション)へと至るために皆様をサポートするための、スピリチュアルなメッセージや情報を、無料でメールでお送りしております。ブログでは掲載していない限定コンテンツも配信中。ご興味のある方はぜひご登録下さい(退会はお客様の方でいつでも可能です)。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

 
ご案内
ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっておりま〜す(^^)/
 
 
メニュー:
・ブループリントリーディング
ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的をリーディングさせていただき、それをブロックしているエネルギーを取り除く遠隔ヒーリングを行うセッションです。
 
・インナーチャイルドリーディング
このセッションは、傷ついたインナーチャイルド(内なる子ども)の内容をリーディングし、傷の原因を探るものです。
 
・ソウルメイトエンライトメント
パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。
 
・ブロック解除ワーク
生まれる前に魂が設定してきたブロック(封印)を解除するワークです。マインドブロックの解除も可能です。解除することで本来の才能やパワーが戻ってきます。
 
・ヒーリング・ミュージック
Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。
 
・ライトワーカーセミナー
ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。
 

ざびえるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ