こころのメモ帳

こころのメモ帳

鹿児島県霧島市にあるカウンセリングルーム「心理カウンセリングこころね」代表 田中 晃@心理カウンセラーのブログです。一緒にこころの整理をしていきましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆* ご訪問ありがとうございます。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*

テーマ:

みなさん、春ですね。うちのまわりでも、綺麗な桜が咲いています。

 

 

 

 

卒業、進学の時期ですね。中には来年から小学生になるお子さんを持つ親御さんもいるのではないでしょうか。

 

さて、今回のテーマは、「小学生に算数教えるのが難しいわけ」です。

 

 

例えば、1+1がどうして2になるのか説明しようとして、「リンゴが1コとりんご1コで数えると2コだよね。」とか言おうものなら、「粘土だとくっついて1コになるよ」なんて、鋭いお子さんならそう返されそうです。

 

慌てて、「粘土の量は2倍になるでしょう?」とか言うと「2倍ってなに?」と返されてしまう。

 

「う~ん、難しい~~。」ですよね。

 

どうして、こう言うことが起こるのか。

 

それは、その子にはまだ「足す」や「1と言う数」、「計算する」と言う概念のに関するイメージが少ないからでです。

 

 

 

ある概念に関してイメージが少なかったり異なっていたりすると、ミスコミュニケーションが起こります。

 

「白熊」

 

と言うと、北極の白熊のことを思い出す人もいるし、鹿児島のご当地かき氷を思い出す人もいます。

 

「お茶」

 

と言うと、多くの日本人は緑色の液体を思い浮かべるでしょうが、日本を知らない海外の国の人は、なんだかよくわからないでしょう。

 

「スマホ」

 

を現代人が使うと電話やメール、アプリを使うツールになりますが、原始人が使うと獲物を捕る道具になるかもしれません。

 

 

スムーズなコミュニケーションを取るためには、多少手間でも、相手に質問して、場合によっては共通のイメージを作りながら、このようなずれを修正して行く必要があります。

 

 

私たちはそれぞれ、「信念」や「思い込み」という色眼鏡をつけていると考えると意識しやすいかもしれませんね!

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら、

 

こころねオフィシャルページ

http://cocoroneroom.com

 

こころねFacebookページ

http://www.facebook.com/cocoroneroom

 

いつでもご相談ください。

 

それでは、また!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


テーマ:

雪が解けるとどうなる?心のフレーム

 

さて、いきなりですが質問です。雪が解けるとどうなるでしょう?

 

「水になる。」

 

正解です。でも他にも正解があります。

 

「がっかりする。」

 

心理カウンセリングこころねの相談室は鹿児島県にあります。

雪って結構珍しいので、ちびっこ達は雪にワクワクしてるんですよ~。

 

他にもありますよ。

 

「春が来る。」

 

これは、雪の多い地域の方々の感覚かもしれません。

 

 

私たちは一つの世界にいるつもりですが、

答えが違う。なぜ違うのか。

 

心には、それぞれの経験に基づいた世界(心理的世界)があり、

みんなそれぞれ違う。

 

そんなそれぞれの経験のことを心理学では「フレーム」と言ったりします。

 

 

 

鹿児島県で育った人たちは、無意識に「鹿児島県フレーム」のメガネをかけて、世界を見ていると言ってもいいのかも。

 

自分が今、どんなフレームをかけて世界を眺めているのかを考えてみるだけで、思い込みに気がついて冷静になれたりする人もいるかも。

 

その次は、他の人のフレームに思いを巡らしてもいいかもしれません。

 

 

 

さて、心理カウンセリングこころねでは、心理相談受け付けています。

 

鹿児島県霧島市の相談室での面接カウンセリングの他、

 

インターネット、電話を利用した通話カウンセリングは、国内のみならず、海外からのアクセスも多く好評です。(海外にお住まいの日本人)

 

お話に寄り添ってお話を聞いたり、実力を発揮のための心理療法を行うだけでなく、

 

ITを使った企業の広告宣伝方法について、コンサルティングも行なっています。詳しくはお問い合わせくださいませ!

 

それではご予約お待ちしています!(^-^)v

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら、

 

こころねオフィシャルページ

 

http://cocoroneroom.com

 

こころねFacebookページ

http://www.facebook.com/cocoroneroom

 

いつでもご相談ください。

 

それでは、また!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


テーマ:

「(怒りや不満といった)感情を口に出す」行為を「エモーショナル・ディスクロージャー」といいます。

 

このエモーショナル・ディスクロージャーを行うと、気持ちが明るく安定すると言われています。

 

実験によると「1日20分、怒りや不満を口にしたグループは、させなかったグループに比べて、1週間後の気持ちが明るく安定した。」という結果もあるそうです。

 

日常生活の中では、親子、恋人、上司、部下など、様々な人間関係があり、大切な存在であればあるほど、なかなか本音を話せなかったりします。

 

そんな時、カウンセリングルームを訪ねてみてください。(^ ^)

 

カウンセラーはクライエントのために話を聴きます。もちろん守秘義務もありますし、安心ですよね。

 

 

 

 

また、そういった怒りや不満を語る中で、いつも繰り返してストレスになってしまうビリーフ(信念)に気がつくかもしれません。

 

「弱音を吐くのは弱い人間がすることだから、弱音を吐いてはならない」

「ネガティブ感情は良くないから、ネガティブ感情を出してはならない」

 

人により様々ありますが、多くは小さい頃からずっと信じていることだったりします。

 

思考は道具です。

 

どんな場面でも同じ考え方が通用するとは限りません。それがたとえ常識だと思っていた考え方だとしても、それを捨てきれず、自分や周りの幸せを脅かすのでは、本末転倒です。

 

そんな時はご連絡ください。幸せになれる考え方を一緒に探してみましょう。

心が柔軟になって、安心感、肯定感が感じられるかもしれません~!

 

それではご予約お待ちしています!(^-^)v

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら、

 

こころねオフィシャルページ

 

http://cocoroneroom.com

 

こころねFacebookページ

 

http://www.facebook.com/cocoroneroom

 

いつでもご相談ください。

 

それでは、また!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス