いつもご愛読ありがとうございますニコニコ

これまで長い間アメーバブログを弊社のHPにリンクしておりましたが、HP上にブログを開設しました音譜

今後は

https://x-yz.jp/blog

 

 

でブログを更新していきたいと思いますニコ

アメーバブログいいねやフォローをしてくださった皆様、大変ありがとうございました。

これからはぜひ弊社HPのブログを閲覧、講読いただけましたら幸いです。

 

 

 第3波で不要不急の外出を控えておられることと思います。インドア傾向のある私にとってはあまり影響がありませんが…。

 

 ご存知ですか?“スタートアップ”。日本のビジネスシーンでは、比較的新しいビジネスで急成長し、市場開拓フェーズにある企業や事業を指すそうです。また、目新しいというだけでなく社会に価値をもたらすことを目的とする事業内容を特徴としているようです。

 

今年はステイホームが肯定されたため、予定がなければ週末はNetflix 三昧です。私の大好きな韓流ドラマで、只今、絶賛放映しています。若者の恋愛がメインだと思いますが(見終わっていないので)、ストーリーのバックグラウンドとして“スタートアップ”が進行しています。「定款」「株主名簿」「事業計画書」「デューデリジェンス」など企業経営している方にとって一度は見聞きした用語が出てきます。また、スタートアップ特有の用語も解説が入ります。

 

 いくら高度な研究開発や技術でも、社会が必要としかつ収益性が見込める事業内容でなければ継続できません。“社会が必要とするか”は市場調査が重要となり、「収益性が見込めるか」は全体及び個別の利益計画が重要となります。当事務所の巡回監査がその一助となれるよう一層努力してまいります。

 

政府も新型コロナウィルス禍による「新たな日常」に対応した企業の構造改革を補助金で促す方向性を示しています。長年、企業経営をされている方、“Reスタートアップ”でもいいのです。この年末年始、“スタートアップ”ご覧になってはいかがでしょうか?

 

【お知らせ】

12月中に当事務所のHPリニューアルを予定しております。「経理事務の合理化事例」「相続」「M&A」を充実させましたので、是非ご覧ください。

 

山本富彦税理士事務所 & 株式会社アンドリュウ
相談料 30分:¥5,000(税抜)
心配していること、悩んでいることを相談してみませんか。

TEL:0564-55-3320

http://x-yz.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年もあと残り2ヶ月を切りました。社会人になり、時間の過ぎる早さに驚かされています。さて先日、健康診断を受診させていただきました。大学を卒業してからはや3年になります。学生時代と比べて激太りしてしまい、健康診断に少し苦手意識を持つようになってしまいましたが、今年は特別定額給付金で購入したエアロバイクのおかげで昨年に比べ7キロほど体重を減量することができました。来年の健康診断では学生の時の体重に戻すことのできるように頑張っていきたいです。

 今回は確定申告に向け、国から支給される給付金の課税対象及び非課税対象についてまとめてみようと思います。

まず課税対象に該当するものですが、コロナ対策として条件を満たした法人若しくは個人事業主に支給された持続化給付金、家賃支援給付金があげられます。また労働者への休業手当の支払いを助成するための雇用調整助成金、県や市町村のコロナウイルス感染対策協力金も課税対象となります。

 非課税対象としてあげられるものは、国民1人当たり一律10万円の支給がなされた特別定額給付金、児童手当を受給している世帯に支給された子育て世帯への臨時特別給付金等があげられます。

旅行代金の2分の1相当額(35%割引と15%分の地域共通クーポン)が支給されるGO TO トラベルキャンペーンの支援額も一時所得として扱われます(一時所得の場合50万円の特別控除があるためほとんどの場合課税所得は生じません。)

今年も残りわずかですが頑張っていきましょう。

 

 

山本富彦税理士務所&株式会社アンドリュウ

相談料 30分 ¥5,000(税抜)

  心配していること、悩んでいることを相談してみませんか?

  TEL 0564-55-3320  http://x-yz.jp/