脳を発達させるためにタイムマシンに乗って過去に戻ろう! | 一色真宇(宮崎なぎさ)オフィシャルブログ

一色真宇(宮崎なぎさ)オフィシャルブログ

人生はマトリックス。その錯覚の世界から抜け出す方法を学ぶのがTAW理論。そして、TAWを活用したフラクタル心理学。その開発者です。


テーマ:

 

 

ボストン、行ってきました。

写真は、アメリカの憲法が作られた州議事堂。

 

 

前回はニューヨークからでしたが、そのあとはアムトラックでボストンに行き、

ロサンゼルスに帰ってきました。

 

 

ボストンと言えば、ハーバードとMITですね。

 

どちらも見てきました。

 

なにしろ、世界中の一流の頭脳が集まる場所。

 

これほどのパワースポットはほかにないですね。

 

 

 

アメリカでは、ハーバードに入るというと、

 

幼児期から熱心に勉強し、

 

クラブ活動、

 

リーダーシップ(役員になるとか、ボランティアをするとか)

 

などの活動をしなければ無理。

 

日本のように、テストに受かれば入れる…

 

というものではなく、成績を含めて、長い期間の活動を審査されます。

 

これはすごいですよね。

 

これだけの長い間、

 

ずっと子ども心を抑えられるのは、進化した人間の証拠なのでしょう。

 

ハーバードの学生も、MITの学生も、

 

みんな誇らしそうです。

 

 

 

この人たちは(学生)、子どもの頃、

 

きっとほとんど遊ばずに勉強したのだろうな…。

 

むしろ、

 

勉強したり、クラブ活動したり、

 

リーダー活動することが、楽しかったのだろうな。

 

 

 

あなたはどうですか?

 

多くの人は、こんなタイプの人間ではありませんよね。

 

親に怒られてやっと勉強したり、

 

役員指名から逃げようとしたり、

 

遊ばないと不健康だとばかり、遊ぶことばかり考えたり。

 

 

 

 

ハーバードの学生のような子ども時代を送っていたら、

 

かなり前頭葉が発達するでしょう。

 

長期的視野が持てて、未来のことを考えられる脳になるでしょう。

 

そして、現実化のパワーが強くなり、スピードが速くなるでしょう。

 

 

 

今の自分は、過去の自分に教えたいですね。

 

 

「人生は遊ぶためにあるんじゃない。

 

なにかを成し遂げるためにあるんだ。

 

子どもの頃に遊んだって、何の得もない。

 

子どもの頃に、忍耐や勉強力、行動力、指導力を身につければ、

 

それは一生役に立つ。

 

この世界を動かす力を身につけられるんだ。

 

それこそ、遊ぶよりもおもしろい人生が作れるぞ」

 

とね。

 

 

 

フラクタル心理学では、

 

過去の自分を変えることができます。

 

私自身、かなり過去の自分を変えました。

 

 

 

タイムマシンに乗って過去の自分を変えたいかたは、

 

方法を学びに来てくださいね。

 

 

 

 

フラクタル心理学のインナーチャイルド療法は、許しや癒しではなく
問題そのものを解決し、チャイルドをさらに成長させることができます。あなたは本当に変わります!

フラクタル心理学を学びたい方は、まず入門へ!  きちんと学べば、自分で解決法がわかるようになります!
フラクタル心理学マスターコース入門の全国開催スケジュールはこちら

 

 

 

 

一色真宇 (宮崎なぎさ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります