クラシックバレエに興味のない人でも、

 

バレエと聞くと連想するのは?

 

白鳥の湖

 

この『白鳥の湖』 Swan Lakeの第三幕に、

失恋した主人公オデットが悲しみのあまり死んでいく

名場面『瀕死の白鳥』というソロ踊り(バリエーション)があります。

 

この瀕死の白鳥を刺繍で再現してみましたビックリマーク

 

 

 

 

 

 

バレエのレッスン用にと作ってみましたが、街中で着ても全然違和感がなくて、

通りすがりのおばさまに「わあビックリマーク素敵~ラブラブ」褒められましたウインク

 

ここまで大きく刺繍を入れているTシャツって、見かけないですよねチョキ

 

お洗濯しても、刺繍はきれいにキープされて崩れませんクラッカー

 

 

・・・実は、かなり手間がかかるのです。

 

芯やフィルムをふんだんに使って、Tシャツ専用針で低速で刺繍。

刺繍後は水洗いした後、裏にトリコット芯を接着させて、ようやく完成です。

 

1枚あたりの所要時間は、2時間以上(乾燥時間を含まず)!!

 

しかも、油断すると生地を傷めてしまうから、気が抜けない。。。

 

1日3枚がMAXなのであせる

この手のTシャツのご注文は、納期を頂いておりますあせるすみませんあせる

 

 

 

 

白鳥の湖と言えば・・・

 

もうすぐ、熊川哲也さん主催の『Kバレエ』公演が始まりますね!

 

 

 

今回は、クマテツさん(ジークフリード王子)が

荒井祐子さん(オデット・オディール)と3日間も踊る!

 

クマテツさんが踊る日は、S席18500円

踊らない日は、S席14000円

 

bunnkamura オーチャードホール

http://www.k-ballet.co.jp/performances/2016swan

 

少しお高いけれど、海を渡って英国ロイヤルバレエに

クマテツさんを見に行ったと思えば、安いもんです。ラブ

 

 

 

新国立劇場では、夏休みに

こどものためのバレエ劇場『白鳥の湖」もあります

 

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/kids-swan/

 

こちらは、大人3240円!!

行かないと損はてなマークってくらいの破格の安さですね合格

 

『今回はお子様が初めて舞台を観る際にも負担にならぬよう約1時間40分(休憩込み)と、上演時間を大幅に短縮しております。上演時間は短くなったものの、有名な第2幕の湖の場面などはそのままに、一部の場面や踊りをカットするにとどまっています。クラシック・バレエの踊りの規範とされる美しさは通常の全幕での上演と同様にお楽しみいただけます。』

こどもお出かけ情報いこーよhttp://iko-yo.net/events/45243

 

全幕ものではないけれど、第二幕の群舞はそのままドキドキ

(瀕死の白鳥はあるのかな?)

 

 

オデットには、日本が世界に誇るバレエダンサー

小野絢子さん、米沢唯さん、長田佳世さん、

そして新人の木村優里さんと、手加減なしのキャストビックリマーク

 

うちの工房のある多摩センター駅から新国立劇場までは京王線1本で行かれるから、

毎日行っちゃおうかなひらめき電球

 

4才未満の幼児は入場不可とのことなので、

隣の席で赤ちゃんが泣いているということもなさそうだし、

 

子連れの方が多いでしょうから、バレエ公演と言ってもカジュアルな雰囲気で、

若い男性も入りやすいかもしれませんね?

 

東京に住んでいると、物価も高いし人も多いしなのですが、

この手の公演やイベントに簡単に行かれる点が本当に良いですウインク

 

 

 

 

ものづくりへの思い

 

こんなのがあったら・・・

れが刺繍だったら・・・

 

そんな思いを形にしています。

 

http://www-ete.com/?pid=101876415

 

刺繍工房エテ Web shop

 

お気軽にお問合せください

 刺繍工房 エテ  Eté

ラブレター  info@www-ete.com    電話 042-201-5292

 

アクセス  京王多摩センター駅、京王線・聖蹟桜が丘駅、小田急相模原線・唐木田駅

多摩市、稲城市、日野市、町田市、立川市、八王子市、府中市、相模原市、川崎市