「時効警察」な日々 | Nothingness of Sealed Fibs

Nothingness of Sealed Fibs

見た映画、読んだ本、その他もろもろについて考えたことを書きとめてあります。


テーマ:

先週末は、完全に「時効警察」とともに過ぎ去った。


TSUTAYAでドラマの新作として入荷されていたのをみてしまったのがいけない。

土曜日に1話から4話、日曜日に5話から9話を見通して、めでたく完全制覇!!。


時効警察


ストーリーは、総武警察署時効管理課の霧山修一朗が、時効になった事件を趣味で捜査するというもの。

ミステリーという体裁ながら、総部署の面子総動員のコントが炸裂。

オダギリジョーと麻生久美子のコンビ漫才もかなりつぼにはまった。なんか楽しい雰囲気が伝わってきて、ついつい見入ってしまう。


いやーあっという間にすぎた2日間でした。観始めると家から出れないから飯は全て出前。そば、ピザ、寿司。

DVDはまだ今日も借りてるんで、明日返すまでにもう一回観ます。では。


もし、興味があれば是非。おもろいです。ギャグをみると脳が鍛えられるしね。


wunderlichさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス