太陽が蟹座いりした夏至からの、
山羊座の満月。
 

夏至の日に、
太陽は蟹座いり。

蟹座は夏の活動宮。
活動宮は季節をはじめる星座。

 

 




蟹座のエネルギーは、
ストイックにまっすぐなので、

獅子座にある火星とともに、
一気に、

夏モードへと牽引してくれている感じです。

非常事態宣言も、ちょうど、
夏至の日に解除されましたね。

 

 

 

 

4月から、湧き立ってきた感情。

 

 

夏至の日にもうひとつはじまったこと、
それは、

魚座にある木星の逆行。

 

 

 

 

 

 

 

 

春をはじめる牡羊座から数えて、

4番目の星座、蟹座。

 

 

まっすぐなストイックさに加えて、

ハート(第4チャクラ)で感じることを大切にする
サインです。

 

 

ハートフルでアットホームな、

家族のような心の拠り所を大切にします。

 

 

ハウスでいっても、

第4ハウス、蟹座の部屋は家族の部屋。

 

 

 

夏至の日は、
おおくのお客さまが、

 

家族の問題、

親しさ、人との距離感についての問題を

とうとうとお話しにしてくださいました。



 

 


蟹座のエネルギーは、とても

センシティブ。

 

いわゆる「繊細さん」もおおいサインです。

 

 

 

何人かのお客さまにご紹介した本です。

夫も繊細さんなので、勉強中。

 

 

 

 

 

 

家族での感情のやりとり、

暗黙の了解、

無意識の期待は、

 

論理的、合理的にわりきれるものでは

ないかも知れません。

 

 

 

今年は、

水星逆行が風のサイン(水瓶座、双子座、天秤座)で

おこっていますが、

 

昨年は、

水のサイン(魚座、蟹座、蠍座)でおこっていました。


蟹座の支配星ルーラーは、月。

月は、
感情や無意識を象徴する天体です。

 

 

昨年は、
太陽が蟹座いりした夏至の日に、

金環日蝕をともなう新月だったりもして、

蟹座的(家族のこと)な傷が、

じくじくとえぐられていました。

 

 

 

コロナのステイホームは。

 

 

家族的なつながり、親しさ、

ホームの感覚を、

みつめ直す機会にもなりました。

 

 

・・・

 

そういうもろもろが。

1年を経過して、

 

そろそろ決着しなきゃ、と、

決着つけたくなる気分になったのが、

 

今年の夏至のように感じます。

 

 

 

 

 

そういう流れの中でむかえる

 

夏至からの山羊座の満月。

 

 

今回の満月は、
太陽は蟹座 1ハウス

月は山羊座 7ハウス


1ハウスは自分自身のこと、

7ハウスは対外的なこと、人間関係。

 

 

蟹座も山羊座も、大切なものを守り、

進んでいくサイン。

 

 

いっそのこと。

 

感情にふりまわされているままでは、

決めきれないこと、

あきらめられないこと、
捨てられないこと、を、

 

 

 

合理的に考えて

断捨離してしまう。

 

 

 

 

逆に。

 

仕事のことで、

続けるべきだよね、

我慢するべきだよね、

私がいなくなったら困るよね、

 

と、

大人的な思考で、

辞めることができないのなら、

 

 

感情を優先して、

 

 

嫌だから、無理だから、
って
辞めてしまう。

 

 

 

 

そういう、

仕事(社会)に感情をもちこんだり、

 

家族のことに合理主義をもちこんだり、

 

そんな、

対照的なアプローチで、

 

思い切って断捨離してしまう。

 

 

 

そんな満月にできるかと。

 

 

 

 

 

 

 

だけど。

 

感情のあまり、

合理的に考えて、

 

断捨離するのは、怖かったりもします。

 

 

 

そんなとき。

 

満月のとき、

12ハウス双子座にいる水星を

うまくつかう。

 

 

 

サステナブル

SDG’s(エスディージーズ)な視点。

 


無理のない、

持続可能なありかたは?


12ハウス双子座の水星をつかって、

時間を超え、未来を感じていく。

 

 

 

このままでは、
どんな未来にたどりつく?

 

ほんらい創造していきたい、
未来はどんな感じ?

 

 

 

 

 

 

私たちはもしかしたら、

 

未来のある地点から振り返って、

いまを創造し直しているのかもしれません。

 

 

 

デジャブ(既視感)というサインを

たどりながら、

 

 

前回にはしなかった選択をして、

未来を変えていこうとしてるのかも。

 

 

 

パラレルワールド。

 

 

 

いま、選択を変えることで、

過去の意味づけが変わる。

 

 

失敗だ、回り道だと思っていたことが、

いまの布石だったと知る。

 

 

ように。

 

 

未来の私が、選択を変えたから、

 

未来からみて過去のいまで、

断捨離が起こる。

 

 

 

いま、おこなう断捨離は、

確実に、未来を変えます。

 

 

 

 

どんな未来が?

どんな未来へ?

 

 

 

時間を超えた12ハウスにいる

水星 in 双子座

 

 

双子座をルーラー(支配星)とする
サインは2つ。

 

双子座と乙女座。

 

 

双子座的な水星のつかいかたは、

好奇心にみちて、明るく、

ポジティブでかろやかなもの。

 

 

 

しあわせな未来を

感じてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

牡牛座にいる天王星も、12ハウスに。


木星(思考)と火星(行動、衝動)との

バランスをとってくれます。

 

いいあんばいに。

 

 

 

自分の心地よい場所、

心地よい働きかたを、

 

サステナブル、

持続可能なものにしていく。

 

 

 

 

そのために。

 

自分に無理強いしていることを、

思い切って断捨離。

 

 

 

 

人間。

 

どうしてもチャレンジしなきゃいけないことはあります。

 

 

 

1年、ひきこもって、

ようやく勇気をだして社会復帰し、

がんばっている。

 

蟹座の夫。

 

 

やっぱり、

 

人が怖い・・・

 

って、打ち明けてくれました。

 

 

 

だけど、

私が支えてくれているから、

がんばる、とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

感情的にも、

合理的にも、

 

断捨離しきれないことはある。

 

 

それは、自然に、残っていくから。

 

 

 

 

たぶん、残っていくことは、

未来に必要なこと。

 

 

 

 

そんな感じで。

 

 

6月25日 太陽が蟹座の時期の、

月が山羊座での満月。

 

 

勇気をもって、
未来をむいていきましょう

 

 

 

 

 

 


 

 


生き方ランキング

 


 


ご質問、ご相談、ご予約はお気軽に
公式LINEより。

星のエネルギーのこと、
人生の流れをよくするヒントなど、
発信しています。