占いの館は、日々、
お客さまの流れが違います。

 

2月19日、

魚座の先生のブースにお客さまがつづき、

せつせつと感情を打ち明ける雰囲気が。

 

先生の構成も、

魚座、魚座、蠍座、乙女座で、

水のエレメントがおおいなあと思っていると、

 

私を訪れてくださるお客さまも、

どうしても、心苦しくなってと、

感情のお話しになっていきました。

 

 

今日のホロスコープを観ると
やはり、

太陽が魚座入りしていました。

 

魚座は、水のエレメント。

水のエレメントは、感情を大切にする、

しっとりとした星座です。

(蟹座、蠍座、魚座)

 

 

太陽星座(星占いの星座)が

水のエレメントの人はもちろん、

 

月、水星、金星、火星、木星
などに水のエレメントがあり、

その影響が強い場合、

感情を大切にする傾向があります。

 

 

 

 

ラジオに収録した音声はこちら

https://stand.fm/episodes/603190d5ea027564d866cd9c

 

 

 

 

 

 

12月に風の時代になってしばらく、

山羊座(地)、水瓶座(風)と、

少し厳しめの星座がつづきました。

 

世の中の流れに

ついていけない、

感情の問題が、声をあげた。

という印象。

 

 

私自身にも、

水曜日(水ですね)に、

生々しい罪悪感という感情の問題が浮上してきました。

 

 

私がもっている水のエレメントは、

火星・海王星に蠍座なので、
感情の問題へのアプローチは、

深くてマニアックになりがちです。

 


 

 

1~2週間に1度、

1~2か月に1度といったペースで、

訪れてくださるお客さまがいらっしゃいます。

 

私にとって占いの現場は、

継続の心理カウンセリングの場

でもあります。

 

 

ちょうど、
私が自分自身の闇や影に光をあてるのに
反応するかのように、

 

旬のテーマを抱えていらしてくださる

お客さま。

 

 

私は、誕生日の数秘が5です。

数秘5は、
おそらく人間力がいちばんたくましく

感情、心の問題、共感を大切にする、

数秘。
 

鏡となりながら、

お客さまの心に光をあてていきます。

 

 

 

 

お客さまが身に着けていらっしゃる
服の色も考慮して、お客さまの心を感じていきます。

 

自分がわからなくなって・・・

という場合、グレーや黒の服がおおいです。

 

白や灰色、黒は、

彩度が0の無彩色

 

自分の色を感じさせず、

気配を消していく色合いです。

 

 

自分がわからない。

自信がない。

 

 

こういうときには、

かんたんなことでも、自分で決めたほうがいいです。

 

こっちがすき。

これが食べたい。

 

自分で判断していくと、

自分の感覚が戻ってきます。

 

泣くこと、

怒ることもオススメ。

 

 

感情の声を聞くことなく、

感情を凍らせてしまっているとき、

 

喜怒哀楽のうち、

表現しやすいのは、「怒」と「哀」です。

 

悲しむ、泣くことができにくい場合も、

とりあえず怒ってみる。毒づいてみる。

 

 

自分の感情に気づけば、

その感情をどうしよう、という、

次のステップに進めます。

 

 

人間には、自然治癒力、

ゆるやかな回復力(レジリエンス)が

備わっていますから。

 

 

押し殺した感情は、

やがて、

身体をむしばみ、病気となっていきます。


逆説的ですが、

病気という現象も、

レジリエンス(回復)を

うながすための、

身体からのサインです。

 

 

 

 

自分の感情を決めずに、

流されるままの、不健全な愛人関係。

 

 

いけないと思いながら、

やめないとと思いながら、

 

自分を裁きながらつづけるのは、

オススメできません。

 

 

自分をただ、

傷つけるからです。

 

 

自分への罰ゲームは、

精神を病んでいきます。

 

 

私は、

究極までいきつき、

生々しい罪悪感となりました。

 

 

自分を深く傷つけてしまうと、

レジリエンス(回復)には、相当を要します。

 

 

感情からすすんで、

心や精神が傷ついていく。

 

傷が、感情をとおして、

身体にもおよんでいく。

 

 

身体の中で、物質化してしまうと、

治療に時間を要します。

 

 

本質的に、

自分には優しくない行動なので、

 

自分を許し、感情をうまく

コントロールしていくことが必要。

 

 

この人といる時間が癒やしだから。
この時間が楽しいから。

 

 

人間だから、

だれかにわかってもらいたくなるときは
あるでしょう。

人肌のぬくもりが必要なときも。

厳しく険しくなってしまった
パートナーシップから、
一時的に離れたくなるときも。
(現実逃避というヤツです)

 

 

だけど。

 

これからの風の時代は、

感情のコントロールが
大切に
なります。

 

 

不適切な関係になるにしても、

ポジティブな心持ちでいることが大切です。

 

ふたりのことではない、

別のパートナーシップの問題を、

もちこまないこと。

 

彼と、奥さんの話をしないこと。

 

それは、

彼と奥さんのパートナーシップの問題だから。

 

 

彼の領域

あなたの領域を、

しっかりと守り、

おたがいを保ったままでいること。

 

 

ふたりがおたがいを必要としている、

ポジティブな側面に目をむける。

 

楽しいこと、元気になること。

 

 

自分の関係性の中心に、

彼をもってきて、奥さんの問題を取り込むと、

 

どんどん感情のドラマに

まきこまれていくことになります。

 

 

水のエレメントの影響が強いかたと

夢見る状態の乙女座さんは、とくに。

 

 

ほんらい目指すとよいのは、

対等で、健全で、

たがいが大人なパートナーシップ

です。

 

 

もちろん、

アダルトチルドレンな恋愛関係からも、

学べることはあるでしょうが、

 

だれかを悪者にしていったりするのは

結局、

自分のシャドウ(影)を投影しているにすぎず、

自分自身の問題を、

自分で揶揄している。。。ことになりかねません。

 

 

だれかを責めると、結局、

返す刀で、

自分が傷つくのです。

 

 

 

 

 

自分のシャドウ(影)が、

エネルギーとして視覚化してしまっている

お客さまも。

 

 

お仕事について、

ポジティブなお話しのあと、

 

 

家に、私の部屋に、なにかいるんです。

 

 

潜在意識をみていくと、

 

許せない人、いるよね。。。

怒りあるよね。。。

 

 

案の定、許せない人は、
おかあさまでした。


 

このお客さまとは、これまで何度か、

おかあさまのお話しをしています。

 

 

お話ししていくうちに、

お客さまもご自分で気づかれました。

 

 

たぶん、

あたしですよね、あれ。

 

 

お客さまはエネルギーに敏感な

双子座。(数秘3もどこかに)

 

 

このお客さまの中では、

まだまだ、

おかあさまへの恨みは生々しいもので。

 

ヒーリングして

エネルギーのつながりを整えていっても、

まだ、

おかあさまへの恨みを

解放できる状態ではありませんでした。

 

 

だけど、少しずつ。。。

無理なく。。。

解放されていくことでしょう。

 

まず、経済的に安定して、

心が安らいできたなら。

 

 

 

自分に何がおこっているのか、

自分の闇、影が

何かわかっていると、

 

すこしずつ、

頑なな思いをやわらげていくことができるでしょう。

 

潜在意識にとどまる恨みは、

パワフルなエネルギーバトルを繰り広げ、

どんどん消耗していきます。

 

前向きな行動へとむけられるエネルギーが、

後ろ向きな戦いに消費されてしまう。

 

 

前向きになるには、まず、

後ろ向きを辞めること。

 

 

すぐに、辞められないとしても、

自分の中に後ろ向きな思いがあると知ること。

 

知ることができれば、

意識できれば、

 

自然と、

手放していく準備がととのってきます。

 

人間は、ほんらい、

前向きポジティブなほうが、

健康で、「楽に」生きられるからです。

 

 

 

 

感情の問題が浮上したお客さまたち。

 

もう10数回お話ししているお客さまは、

はいってくるなり、

 

 

私、自分がないんです。

 

 

これまでのお話しで、

幼少期に淋しさをかかえたお客さまだと

わかっていて、

 

何度か、トラウマをいやすヒーリングを

させていただいてきました。

 

感情がないようにみえた

水瓶座のハウル(例えてそう呼んでいました)との

ぎこちないおつき合いが終息して、

 

ハウルとかわした言葉を

思い返せるようになっていらして、

この気づき。

 

 

恋愛関係って。

 

ソウルメイトとの関係って。

 

楽しいものばかりではない。

 

 

こうして、

おたがいに気づきをくれる関係も。

 

 

 

自分がないという思いをかかえたままでは、

この先、しあわせになれない。

 

 

まして、このお客さまは、

自分を生きる牡羊座。

(水星は魚座なので、共感を大切にします)

 

 

幼少期の淋しさや憤りも、

お客さまの魂が、

お客さまを自分へとフォーカスさせるために

用意したシナリオでしょう。

 

 

自分を大切に、

自分を生きるために、

 

自分をなくす、

という状況をあじわってみた。

 

 

(感情のない水瓶座の)ハウルも変だったけど

私も変でした。

 

 

自分を大切にしてみることに気づいた、

お客さまのしなやかなレジリエンス(回復)は、

ここから。

 

 

遠くない未来に、

魚座をもった牡羊座として生き、

まっすぐでピュアな恋愛のお話しを

しにきてくださることでしょう。

 

 

お客さまの

明るい未来を想像しながら、

 

占いというレジリエンスの場で、

たくさんのネガティブを光にかえして、

ポジティブに転じていきたいと思います

 

 


ご質問、ご相談、ご予約はお気軽に
公式LINEより。

星のエネルギーのこと、
人生の流れをよくするヒントなど、
発信しています。

 

 

お悩み、ご相談は、まず、占いセッションを。
ホリスティック・カウンセリングは
継続セッションです。