この間のオフの日、

大河ドラマ「いだてん」をまとめてみました。

 

たくみにつづられていくドラマの場面に、

ずいぶんと感情が揺さぶられました。

 

明治からはじまったお話しは、

いま、先の大戦へとつき進む、

暗く重い時代が描かれています。

 

 

しみじみと、感じました。

 

大河ドラマって、その時期に必要な

感情のクリアリングをしているんだと。

 

戦国時代など、

戦いを題材とした物語でも、

 

敗者や勝者や調停者、

いろんな視点から物語をつづることで、

それぞれの立場の感情をなぞってくれる。

 

いろんな立場の人たちの感情に

光をあてていく。

 

そうすることで、

 

それぞれの立場であじわった感情や思い残しが、

クリアリングされていくのでしょう。

 

 

ドラマの役割は、

時代をうつして、感情をなぞること。

視聴率が大切なのではなくて、
 

ドラマを製作していく、演じていく、

感情をなぞっていく、

 

そのすべてが、

クリアリングなのだと思います。

 

憑依型俳優ってたとえがありますが、
あれってほんとうに、

エネルギーがのっかっていると感じます。

 

描かれた人物本人の

血縁のものの、敵(かたき)のものの、

そして、

マスターレベルの影響力のあるエネルギーが。
 

 

 

 

いまも、

世界には、

宗教の対立や民族の対立がありますが、

 

日本にも、かつては、けっこう、

激しくて非情な対立があった。

 

天皇家だって、

平城や平安の時代には・・・

 

 

だけど、こうして

何度も何度も、ドラマで、物語にして

あじわい直して、

傷ついた思いが浮かばれていく。

 

 

歴史は繰り返すから、

 

現在の各国の鋭い対立も、

やがては浮かばれ、

昇華されていくのだと、

想像してみることができます。

 

 

 

 

 

いだてんですが・・・

 

 

2度目の東京オリンピックを
直前に控えたいま、

明治時代から、オリンピックにかかわった
人々の思いをなぞることは、
とても大切だと思いました。

 

平成から令和へ、

時代が変わっていく中でのオリンピック。

 

環境と人間とのかかわりも
変わってきています。

 

今回のオリンピックは、
低コストで開催する、

環境に配慮したもの(だったはず)

 

 

人間本位、興業本位なのか、

環境を優先するのか。

 

この問題がテーマとなるオリンピックでしょう。

 

初回の東京オリンピックが望まれていたころ、

オリンピックが中止となる理由は、

国家間の争い、戦争でしたが、

 

今回のオリンピックを左右するのは、

地球の環境。

 

酷暑の東京という懸案もありますが、

今秋の台風の猛威と、
関東のもろさをかんがえると、

 

オリンピック時期に台風がやってきて、

開催日程に影響がでる可能性も

まんざらではなくなりました。

 

 

この時期になって、

マラソンを札幌で・・・という
提案がでてきたり、

 

開催まで、

さまざまな議論に揺れる大会と
なるのかもしれません。

 

流れ星

 

ちなみに

 

いだてんでは、

日本が初めてマラソンに参加した

ストックホルム五輪が描かれていました。

 

このオリンピックでは、

日本と同じく初参加だったポルトガルのマラソン選手が

競技中に倒れて、翌日死亡しています。

 

オリンピックはじめての死亡事故。

 

気温が40度、

日陰でも32度もあった7月のストックホルム。

日本人のいだてん金栗四三も、

マラソン途中で日射病でリタイアしています。
 

流れ星


 

今回の東京オリンピックは、

 

環境を重視して、

環境との親和性を高めていく流れにある地球で、

象徴的な大会となっていくのでしょう。

 

 

 

 

歴史的、象徴的なできごとは、

政治的、社会的、文化的、

いろいろな背景をせおって、実現する。

 

いだてんでは、

初回の東京オリンピック招致までの

物語がつづられていきます。

 

鎖国をといて、

欧米列強においついていくという、

政治的な背景の中での
初回の東京オリンピック招致。

 

幻となった

皇紀2600年(1940年)の東京オリンピック。

 

戦争へとつきすすむ大日本帝国のさまが

背景としてつづられていきます。

 

流れ星

 

個人の良心だけでは、

どうしようもない暗黒時代。

 

 

大学生のとき、

「落日燃ゆ」という小説を読んで、

胸が熱くなったことを思いだしました。

 

この小説の主人公は、

広田弘毅元首相(外相)

 

東京裁判でA級戦犯となって処刑された、

唯一の文官です。

 

協和外交を理想としながら、

軍拡時代の波にのまれて、

文官の限界を感じ、風車のように、

時代に流されて、戦犯に。

 

大学3年の夏にこの小説をよみ、

広田弘毅元首相の生き方に感銘をうけて、


教育学部だけど目標を失っていた私は、

外務省の専門職員の試験を受けました。

 

結果は不合格でしたが、

外務省の建物で親睦会に参加し、

2次試験を受けることができました。

 

面接官の前で、

世界平和の理想を語れたことは、

とてもいい経験になりました。

 

ただの青二才でしたが(笑)

 

社会的、公的身分を得て、

エリートとして、世界平和に貢献するのも、

 

大衆として、

大河ドラマに胸を熱くしながら、

世界の行く末を感じるのも、

 

どこか通じるものがあるように
思っています。

 

 

流れ星

 

ひとりの主人公の視点だけでなく、

いろんな立場の人の群像劇は、

それぞれの立場の思いを

かいま見せてくれます。

 

 

ひとつの出来事から、

どれだけの感情をあじわったか。

 

どれだけの観点から、

ながめることができるか。


 

それが、

立場をたがえたときに生じる対立やいさかいを

のりこえていく力になるのだと思います。

 

 

 



 

対立のアーキテクト(元型)は、

古く、宇宙時代から。

 

 

ドラマが流行るかどうかは問題じゃない。

 

いろんな立場の視点からドラマ化されてきた

戦国時代などの戦いの時代のクリアリングは、

ほぼ終わって、

 

ようやく、

明治以降の時代のクリアリングが

できるようになったのだなあ、と。

 

昭和、平成が終わり、

 

戦後生まれの天皇の御代になったからこそ、

このクリアリングがかなうのでしょう。

 

ドラマを通して、

クリアリングが進み、

集合無意が負った傷がいやされていくと、

 

そのうち、

 

クリアリングされた意識をベースに、

 

あたらしい時代にふさわしい

政治や国家のカタチも

実現していくのではと感じます。

 

 

いまの国政がすきか嫌いかの議論には

あまり意味がなく、

 

 

集合無意識=国民の総意のトーンが変わる

ことで、

現実が動いていく。

 


いだてんや、

広田弘毅元首相の時代には、

個人の良心でどうにもならなかった暗い現実。

 

いまは、

 

大本営発表もなく、

 

世界の情報が、

ネットで自由に手に入る時代。

 

 

一部のエリートが時代を動かしていくのではなく、

 

情報を得た個人が、

いろいろな気づきを得て、

 

地球の環境についての現実もまざまざと感じながら、

 

集合無意識レベルから、

社会を動かしていく可能性を秘めた時代。
   

 

ドラマでどんどん

感情のクリアリングがすすんでいくことを感じながら、

 

地球と人間の成り行きを、

ライブで体験していきたいと思います。

 

 

 


対立の極みを経験して、

 

一方で、

和やかな調和、世界平和を夢見る。

 

極端にふれながら、

 

集合無意識は、トーンを変え、

ぜんたいとしては高まっていく。

 

極端があるから、

ほどほどのニュートラルの地点が

うかびあがってくる。

 

 

地球には、調和の時代もあった。

レムリア期も。

 

だけど、

それだけでは不十分で、

分離や対立を極めてみた。

 

 

すべては、

やがてまた、

調和へと還っていくための「必要悪」

 

対立が深いほど、

分離がつらいほど、

 

ふたたび還ってくる調和の、

味わい深さもひとしおになるのでしょう。

 

愛なんてないと感じられる状態を体験するから、

愛を知る。

 

やがてはまた、愛に還っていく、

なが~い物語を、ただ、感じてみる。

 

流れ星

 

明日は即位の儀式で、

令和の時代が本格的にはじまりますね。

 

極端にゆさぶられながら、

対立を超えた、

 

うつくしい調和の響きの時代と
なりますように・・・

 

音譜beautiful harmony音譜

 

 

 

 
リアル・スピリチュアル体験セミナー

・10月27日(日)10時~12時
・10000円
・定員4名(残3名)

<お子様のご参加について>
 おとなしく時間を過ごすことができる
 お子様の場合、ご同伴いただけます。
 お申込みの際に、ご相談ください。



<レクチャー>
・宇宙の仕組みって?
・魂の仕組みって?
・意識って、エネルギーって?
・引き寄せって?


<あなたの基本データを知る>
・数秘術(誕生日、パーソナルイヤー)
・星読み(ジオのホロスコープ)
・感情のオーラ


<セルフヒーリング>
・宇宙とつながる自己ヒーリング
・チャクラのクリーニング
・オーラのクリアリング


<リーディング・チャネリング>
・スピリチュアル・リーディング体験
・チャネリング体験

 

<あなたの魂からのメッセージ>
 あなたに必要なメッセージを
 リーディングしてお伝えします。


流れ星


東京都文京区向丘1-7-15
JLBグランエクリュ白山ビル3F
 

サロン・ド・ソフィア

・都営三田線白山駅(A1出口)徒歩約3分
・南北線本駒込駅(1番出口)徒歩約6分

お申込はこちらをクリック