ご縁がある宇宙が花開いている。

このごろ、
お客さまとお話ししていて感じることです。

 

 

 

 

 

令和の時代、
そしてきたる水瓶座の時代は、

ご縁のある宇宙を意識していきる時代だと、
日々、実感しています。


お客さま、(というか、お客さまがご縁ある宇宙)が、
私をフィルターとして選んでくださる。

お客さまの世界を受け入れて、
ゆっくりと共鳴していく。

 

どんな世界でも、敬意を表して、

想像力をはたらかせて、

言葉におとしこんでいきます。

 

流れ星

 

言葉には、
歴史的な背景があって、
集合意識の世界につながっています。

 

集合意識という共通の感情体験があるから、
ひとさまの世界を理解できるのだけど、
同時に、

集合意識の制約もあるなあと、
感じはじめました。

 

宇宙のこと、意識の高い次元のことは、

地球での常識の枠にとどまりません。


お客さまがつながっていらっしゃる世界が、
フィルターとして私をご指名くださる。


敬意を表して、厳粛に。
いろんな世界を、感じていく。

 


 

 




想像力は無限でも、
言葉でシェアして共有していくことには制限
がある。


シリウス超医学」にあったのですが、
あまり突飛な想像は、
精神の病とみなされかねない。

お客さまとの共感を頼りに、
想像力を解き放っていく。

 

小さいころから、
想像の世界にいきてきたことが、
役に立っています。



流れ星



夏の誕生日まで、
私は、数秘術の9年サイクルの「2」の年。

 

20180828
=2+0+1+8+8+2+8=29
=2+9 =11

 

11からの「2」なので、
数秘11のテーマをもった年でもあります。

 

2017年の誕生日からはじまった
今回の9年サイクルは、


基本的には
地のエレメント(乙女座、牡牛座)でできている、
現実重視(かつ受け身)の私が、


太陽、水星、金星、
おまけに、
天王星と冥王星の星座まで、乙女座。

月の星座は牡牛座。



木星の獅子座、土星の牡羊座、
みずから発信する火のエレメントへと転じて

人生を仕上げていくための、

切り替え期間。

 

 


 

 

パーソナルイヤー2(数秘11)のこの1年は、
人生のテーマを
火のエレメントへと切り替えていくため、

自分を知って、自分の道をおもいだす時期。


数秘11のREIWAとも
シンクロしているなあ、と感じます。

 

 

6月11日に、
射手座の木星と地球が結びます。

いまはどんどん、

地球が木星に近づいていっています。

射手座のテーマにも、
数秘11、ロイヤルブルーの側面がある。

 

 

だから、とことん、
自分って?
自分という宇宙は?

そうやって、自分を知る時期。

この時期に、

想像力を駆使して、
チャネリングを重ねていく。

 

 

 

 

チャネリングをおぎなうツールとして、
タロットを使います。

 

無意識の世界、
言葉にならない世界を具象化してくれる、
タロット。

 

このごろ、
問いによっては、
ウエイト版がしっくりこなくなりました。

 

もともと、
タロットをはじめようと思ったときに手に取ったのは、
こちらのタロット。

シャドウスケープ・タロット




 

 

世界観がなんだかなつかしく。
植物や自然界のいきものが、
うつくしく描かれています。


スーパーファミコンに、
レナス~古代機械の記憶という作品がありました。

独特な世界観をもったビジュアル。

シャドースケープタロットの世界は、
なんだかこのゲームのビジュアルに似ています。

 

 




私は、
12年前に、白神山地をおとずれる前、

クリスタルリーディングを受けて、

 

どこかの星で、植物に転生したことがあると
うかがいましたが、
あながち間違いではないのかもしれません。

シャドースケープタロットの世界が
なつかしく馴染むことに関係があるのかも。

 




こちらがWorld(世界)のカード。


これは、地球の未来の
ひとつのバージョンなのかもしれません。

どこかの次元、
どこかの宇宙では、
すでにある世界。



地球での人間は、
人間だけでは成立しない。

植物があって、
二酸化炭素から酸素を
光合成してもらう。
 

植物と動物は、補完し合う関係で、
人間は、
その動物の1つに過ぎない。


地球からすれば、
すべてでひとつが、自然な世界観だなあ、と。

 

人間ばかりが、

自然環境を資源とみなして、
人間を優位にかんがえる現代の風潮って、
どうなのだろう。

 

 



こちらがウエイト版のWorld。

ウエイト版の描く世界は、
人間本位です。

この世界観は、
調和の未来をみていこうとするとき、
限界があるように感じます。

 

冥王星蠍座世代の知人から、

ウエイト版のタロットは、
魂意識と答えが違うときがある。って、
指摘をもらいました。

彼女は、

魂意識との会話にたけています。

 

 

流れ星

 

まずは、

タロットときいて、多数が思い浮かべる、

共通認識のある世界を知らなくてはと、
ウエイト版に馴染んでみました。


馴染んでくると、今度は、
ある種の限界と、制約を感じるように。

タロットときいて思い浮かべる世界、
タロットの世界という集合意識があって、


そこには、
ポジティブだけではなく、
たくさんのネガティブも絡み合っている。

いろんな思惑が、つらなってくる。

 


私にとって、ピンクのイルカと響き合う意識は、
ウエイト版のタロットの意識に馴染まない。

 

流れ星

 

みんな共通の集合意識は、
人間どうしが、
相互理解していくには不可欠なのだけれど、

同時に、

自由に世界を創造していこうとするとき、
共通の集合意識の制約をうけてしまう。


傷ついた、失敗した、うまくいかなかった、という

感情の記憶たちが、

 

どうせ・・・無理、とか、
ありえない、とか、

未来の可能性に、影がさし、

意識のなかでも、控えめなほうの答えを、
カードにうつしだす。

 

 



シャドウスケープタロットでは、
The Tower(塔、崩壊)も、
The Hierophant(教皇、法王、慈悲)も、
植物メインです。

ウエイト版の、
人間味あふれる表現と、
キリスト教的な世界観には、
歴史の重みがある。

その重みの上に、未来があるのではなくて、
まったく違った発想で、
未来をつくる。

 

これからはそういう時代なのだ、と。

 

地球の未来は、人間が、
自然環境を、

破壊して、支配していくものではないはずだから。

 

私は、
そういう未来をすきではないから。

 

 

 




シャドウスケープタロットの、
なんとなくなつかしい世界観。

どこの宇宙?と訊ねたら、

「ベガ」と、
ギャラクティックルーツカード
答えが返ってきました。


真偽のほどは、たしかめようがありません。

宇宙のことは想像の世界です。

想像できるひとつの可能性。

 

 


 


Death(死神、死と再生)は、不死鳥フェニックス。

黒が基調のウエイト版は、
なんだかおどろおどろしいカードですが、

死んで人間を終えたとしても、
魂は永遠ですから、

 

肉体の死は、永遠の生への再生
というイメージのほうが、
なんだかしっくりきます。

 

 

 

The Empress(女帝、豊かさ)
The Hermit(隠者、研究、孤独、分析)

乙女座(水星)をあらわす隠者と、
牡牛座(金星)をあらわす女帝。


ウエイト版の隠者は、
もの悲しい雰囲気ですが、

こちらの隠者は、
風通しがよい感じがします。

ひとりではない。

風を感じて、
自分のなかのもろもろを、すきとおしていく・・・

 

 

 

 

 

チャネリングやリーディングで
うかびあがってくる世界。

どこまでが空想なのか。

 

ふと思いました。
そもそも、空想ってあるのか?

まったくのゼロから空想することはできない、
想像できたことは、
どこかのパラレルワールドに
創造された現実だとしたら・・・


 

想像できたことが、

正しいのかどうかは、
 

三次元の地球人である
いまの自分に決めることはできない。


つながった世界が心地よくて、
だれかと共有できるものであれば、

 

想像力を駆使して、
ただ、受け入れてみる。

 

流れ星

 

想像力を駆使していこうとするとき、
自分のなかに、すでに、
たくさんのモチーフがあることに気づきます。

 

すきだったアニメに、ゲームに、小説に。

 

アニメやゲームの世界は、
いつかの星の記憶、宇宙の記憶で
成立しているのだと実感します。

 

 

人間って、
まったくのゼロから、創造することはできない。

想像できることは、
すべて、
どこかの宇宙、どこかの次元のオマージュ。

 

 

 


 

 

 

魚座の海王星から、
水星と金星をとおしてうけとったこと
が、

ゆるやかに展開していったここ数日。

何度か文章にしようとしたけれど、
なかなかまとまらず、
ネガティブと楽観にゆれていました。

 

 

パーソナルイヤー2(11)の年だから、
じっくりと、
自分にご縁があるいろいろな可能性を
感じていきたいと思います。

チャネリングとリーディングは、

自分にとって大切なスキルです。

 

どうせなら、
しっかりと覚醒した、チャネラーになっていこうと、
思います。

 

 


 


・・・と書いていると、
来月20日、

リサロイヤルさんの

チャネリングセッションのお知らせをみつけました。

 

リサロイヤルさんは、
ギャラクティックルーツカードの著者。

30年来のチャネラーで、
宇宙意識とコンタクトをされているかたです。

 

令和になって、
問いにたいする答えの現実化が、
とってもはやいです。

宇宙のことをチャネリングしていこう、
そう考えたら、
宇宙意識のチャネラーさんのセッションにでくわす。

でくわした情報が、
自分にとって必要なものかどうか、
瞬時に判断できるスピード感が、
水瓶座の時代には大切かと思います。
 

 

チャネリングのリアルを、体感してきますドキドキ



天王星牡牛座時代、
自分にとってのほんものを味わって
自分のまわりを、ほんもので満たす時代なので。

リアルを、しっかりと味わいます音譜

 

 

 

 

 

太陽系というオーケストラが奏でてくれる、
宇宙へのいざない。

 


魚座にいる海王星の思い。

夢、非現実、
スピリチュアルの世界がリアルに転じてくる予感。

常識では判断しかねるような感性が、
ふつうな感覚
になってきています。

自分のいまを全肯定して受け入れ、
自分のなかにあるあこがれ、心ひかれるものに
素直に正直になってみる。

すると、ひらかれてくる世界。

流れ星


スピリチュアルの世界のあこがれは、
あやうくてはかなくもあります。

そもそも、人間の遺伝子には、
あこがれとか信仰心みたいなものが
埋め込まれているのでしょう。

高次元はすごい、
宇宙はすごい、と、

あこがれ(崇拝する)だけでは、
つながっていくことに限界があるでしょう。

あこがれに想像力をプラスして、
創造を覚醒させて、

自分にご縁がある宇宙を花開かせていく。

 

自分にとてのリアルにまで、
高めていく。

宗教的な崇拝や陶酔のレベルを脱いでいく。

 

 




紀伊半島でのひきこもりをぬけ、
首都圏で、
きらきらする情報にもふれてみた、
2年間。

 

かんたんに、ぽんっと、

 

これがあなたの生きる意味です、とか、
あなたを楽に、幸せにする方法です、とか、


わかったりするのかも?と、思ったりしました。

自分にはない、ってところから、
不安からながめたきらきら情報たち。

 

 

だけど、なんだかもの足りず、疑問がわいて、
いまいちど、

自分の中のキーワードももとに、
自分の生きる意味を見つめ直してみて、
 

やっぱり、
人生って、自分で実感して、
納得していかなくては
、と思いました。

このあたり、地のエレメントらしいかと。


自分にすでにあるもの。
自分の人生で体験してきたこと。

このすべてに、意味があるから、
自分の人生体験を、活かしきる。

これからも、
これまでの人生の
すべての伏線を回収して、
自分だけの世界を創造しつづけていきます。
 

やはり、

パーソナルイヤー2(数秘11)の年は、
人生の深みを知り、方向性を見定めるときですね。

 






夏の誕生日がくれば、
パーソナルイヤー3の年。

 

芽吹きのとき。

ここ1、2年の試行錯誤で見えた本質を、
自由に楽しんで、のばしていく時期。

 

時代のうねりも楽しみながら、

どんどん創造を覚醒させていきたいと思いますドキドキ

 

 

みなさまもどうぞ、
怖れや不安もないまぜにしながら、
みなさまオリジナルな人生を、
花開かせていかれてくださいね。

時代は、どんどん動いています。

安定を求める時期では、ないんだと思います。

勇気をもって、いきましょうアップ

 

 

<宇宙もよう>
5月21日 水星と地球の開き

5月24日 水星と木星(射手座)の開き

5月29日 水星と土星(山羊座)の開き

5月30日 水星と冥王星(山羊座)の開き

 

 

 

おすましペガサス 数秘術やホロスコープの基本を学ぶ ふんわりウイング

無料メール講座は、
こちらからベル

「きらきら輝くあなたになる~7日間の旅~」

あなたとじっくり向き合ってみる
7日間のメール講座です。

ご感想、ご質問をいただきますと、
カードメッセージとワンポイントアドバイスで、
あなたの旅をサポートさせていただきます流れ星