令和は、
3天体が逆行している状態で
幕開けました。

社会の様相に影響する3つの星、
木星、土星、冥王星。

地球から見上げて天体が逆行しているときは、
宇宙からみれば、
地球がその天体へと近づいていく期間です。

 

また、

海王星、天王星へ、
水星と金星が近づいています。
 

トランスサタニアンから、

ひとりひとりが令和のテーマを受けとるときと感じます。

 

 



ここしばらく、ずーっと、
木星と、土星(+冥王星)から、
社会の行き先についての

禅問答のような問いかけを感じていました

 

木星は射手座に、
土星は山羊座に、いずれもホームにいますから、
どちらからの働きかけも、

とても本質的なもの。

 

木星は、社会が拡大、発展していく、
よくなっていく、という

楽観主義を。

 

土星からは、ちょっと厳しくてシビアな

世界システムの先行きを。

 

冥王星が、
土星とともに山羊座にいるので、
土星から伝わってくるものは、
厳粛な世界システムのこれからです。

 

 

 


(ホロスコープ作成はこちらのサイト)

 

 

そんな中、
5月8日、5月10日に、
海王星が水星、金星と結びました。

これに先立って、
水星と金星は、5月6日に結んでいました。

 

水星と金星が結んで共振したあと、
順に、海王星へと周波数を合わせていった。

 

太陽から遠い天体のメッセージは、
近くの天体を通して受けとることができます。

近くの天体とは、水星、金星、火星。

 

 

私は、
金星と地球が結んでいた(0°)ときに

生まれているので、
開き(180°)より、結びのほうが、
しっくりと馴染みます。
 

 

 

 

 

太陽系の天体は、
オーケストラのように響きあっています。

 

オーケストラでいえば、

通奏低音になる、

土星(コントラバス)と冥王星(チューバ)。

 

山羊座で、
土星と冥王星が
どっしりと低く響いていて、

 

そこへ、

射手座の木星(チェロ)が、

明るく広がりのある音を重ねる。

 

さらに、
1stバイオリン(水星)が
かろやかなメロディを重ね、


2ndバイオリン(金星)が
ややゆっくりと和音を響かせていく。

 

流れ星

 

海王星も、ホームの魚座にいます。
 

バイオリンは海王星と共振して
甘くせつないメロディで、

本質的な夢や理想に語りかけてきます。

 

太陽系の響きは、
広く宇宙へと響き渡っていて、
 

さらに、宇宙全体で響きあっている。

 

 

 


4月に、
中高生の頃の私と出逢い直しました。

 

それで、

思春期の、
ネガティブだった私を思いだしています。

 

人生の悲哀を感じ、絶望して、
無常観に涙していた私。

 

 

流れ星
 

思春期の私が感銘をうけた、

光瀬龍氏の作品たち。

私が地球で生きる意義を
私におしえてくれた作品です。


「百億の昼と千億の夜」

「アンドロメダ・ストーリーズ」

 

私は、

「百億の昼と千億の夜」の阿修羅王や

「アンドロメダ・ストーリーズ」の

戦士イルのようでありたいと

本気で思ってきました。


システムの枠外へ飛び出し、
システムの意義を問うという生きかた。

 

 

「百億の昼と千億の夜」の
ゼンゼン・シティ、

「アンドロメダ・ストーリーズ」の
コスモラリア帝国は、

いずれも、
コンピュータが人々を管理して
幸福をかなえつづけるというシステム
です。

人々はただ眠って、

幸せな夢を見続けている。

すべてが管理された世界で、
ゆりかごの中で息をしている。

 

 

流れ星

 

地球の向かう調和って、
人類の統制制御管理システムによる、
人間の画一化
かもしれません。

 

コンピュータやロボットが人間を管理する
SF作品もありましたね。

 

 

この地球には、いつも、
人間を管理するためのなんらかのシステムがある。

(自覚していないとしても。)


宗教もまた、

一種の管理システムであったとも解釈できます。

 

 

 

スピリチュアルの世界で、

ワンネスとか、調和に対する
あこがれってありますね。
 

ワンネスにあこがれて、

無条件に心酔していくことって
管理されやすい人間になることであるかもと

思うのです。

 

それって、私にとっては怖いこと。


宇宙からもちこした私の記憶に、
システム化に対する警戒があるのでしょう。


 

 

 

 

世界の統一システム化は避けられない。

地球が向かっていこうとするさきは、
先をすすむ文明で、いつかきた道です。

 

システム化によって、
衰退した文明だってある。

感情をなくして、

発展が望めなくなった文明も。

 

 

地球は。

いままでの文明の歴史をたどりつつも、
いろいろな可能性を育む、

多様性にあふれた世界であってほしいと思います。

 


世界のシステム化がすすんでいくとしても、
ひとりひとりが自己実現する道が残されますように。

 


自己実現して生きる自律的な人間が、

動物的な感性もとどめたままで、

バイタリティあふれた生き方をする未来。

 

そういう未来であってほしいなあ・・・

 

 

 

 

 

 

連日、

占いの館でいろいろな出逢いがあります。

 

私が発する周波数での出逢いなので、
いろんな次元にご縁があるかたから
メッセージをいただいています。

 

 

ふと。

 

館にいる私は、
かつて神殿巫女として生きた転生を

反転させようとしているのだと、気づきました。

 

神殿の奥で、
訪れた人々に、

上から下へと言葉をおろしていた時代。
 

そこでは、自由意志が制限されていた。

ご神託は絶対だった。

 

 

だけど、いまは、
ひとりひとりが、

自分の人生を信頼して生きていく時代。
 

上から下へだけではなくて、
下から上へ。

 

 

宇宙が、
ひとりひとりを必要としている。

 

ひとりひとりが自己実現していくことで、
この宇宙全体へと影響していくステージ。

 

だから、
ひとりひとりは、
自ら設定している人生のシナリオを
思いっきり生きればいい。

多次元DNAのシナリオを読み解いていくのが

いまの私の役割。

 

 

世界の成り行きについて、
悲観的になろうと、楽観的でいようと、

世界のシステム化は進行していくでしょう。

悲観的な思いをだきしめながらも、
たんたんと、
いまの私の役割をはたす。

私自身が、自己実現して生き
自己実現して生きようとされるかたの
サポートをさせていただく。

 

ひとりひとりが自己実現していくことで、
地球のシステムが、

いままでの文明よりいっそう、
創造性と多様性に満ちたシステム
なっていきますように・・・

 

 


ギャラクティック・ルーツ・カード(リブート)

シリウスの未来、オリオンの光

 

 

今日、みあげた空に、
自由にあそぶ雲をみて、

感じました。

 

紀伊半島、大台ケ原の雲

 

 

あちら側にいたこともある。
悠然と見下ろす側に。

だけど、いまは、

 

せっかく生きているんだから。

人間として生きているときしかできないことを
やっていこう。

 

 

絶望も抵抗も、ただただ感じて。

 

だけど、結論は、

ただ、生きるのみ。

 

 

海王星と結んだ水星、金星は、
このあと、天王星と結びます。

 

 

5月17日 天王星と水星の結び

6月8日  天王星と金星の結び

 

牡牛座にいる天王星からのメッセージは、
どんな風に響くでしょうか・・・

 

流れ星

 

 

ポジティブのネガティブも、
この地球で、

感情を味わいながら生きる醍醐味だと、

楽しんで、

自分の人生を全肯定して、いきましょうアップ

 

 

過去や未来のパラレルな自分、
宇宙からもちこしたテーマ、

そのすべてが、
人生のシナリオに盛り込まれているはずだから。

 

 

 

ネガティブからはじまっても、
一周回ってポジティブへ。

ネガティブとポジティブ、
悲観と楽観の海でゆれながら、

おおむね、
自分がめざした方向へと進んでいくのが、

ニュートラルに変容していく生きかたですねドキドキ

ひとりひとりが個人的に
ニュートラルになれば、
その総和が、自然と、
ほんとうのBeautiful Harmoryとなっていきますねベル

調和も平和も、
自らの中から・・・


 

おすましペガサス

 


ベル東理恵の無料メール講座はこちら


ご登録いただきますと、
7日間に渡って、
メールを配信させていただきます。


スピリチュアルを現実にいかしていくには?

スピリチュアルを深めて、
自分探しをした10年間の旅、


700名さまを超える
鑑定経験をいかした、メール講座です。

数秘術、ホロスコープから、
あなたの基本設定を知っていく、
ワークを中心とした内容になっています。

チャクラを整える瞑想や、
チャネリングを体験できる
音声
含まれています。

 

 

世界は愛であふれています。

愛を体感するために、
地球でのいろいろな体験があるのだと。

 

あなたの人生は、

あなただけのうつくしいものがたり。

あなただけの輝きで、

シャイニング☆セルフでいきましょう
ドキドキ

ホームページはこちらです。