4月14日、
南青山にあるクリスタルボウルのお店にいきました。

つきそいのつもりで行ったのですが、
いまの自分の状態を確認することができました。

 

直感でえらんで試したボウルの音階は「B」
クラウンチャクラに対応したものでした。

平成の30年をかけて、
ようやくここまできたなあ。。。と、
感じました。

 

 

 

 

はじめましてのかたは、プロフィールをどうぞ。

 

スピリチュアルって、
とっても危うさをはらんだものです。

私にとって。

だけどそろそろ、
次の段階へとすすむ時期なのだなあ、と。

 

 

自己啓発ブーム

 

平成2年に入社した会社には、
カリスマ常務がいました。

自己啓発ブームもあって、
いかにして会社人間になるか?!って、
「常務のご講義をうけさせていただく」研修が、
5ヶ月つづきました。

 

 

 

 

まずは、人格否定されるんです。


もともと人付き合いが苦手で、
協調性がなかった私は、
クルミ(固い殻がある)といわれて、
追い込まれていきました。


連日、早朝の掃除から、
終電ぎりぎりの研修がつづいて、

ひとり辞め、ふたり辞め、、、
辞めた者は落伍者みたいな感じで、
退場していきました。

 

私は、

協調性はなかったですが、
真面目で素直だったので、

常務室へおしかけて、
常務と一対一で
面談したりしていました。


その環境にいると、
その環境に疑問を感じるまでもなく、
染まっていくのです・・・

 

 

だけど、
涙ながらに研修が終わって
実務に配属されると、

常務を崇拝したり美化する風潮に

だんだん疑問を感じていきました。

建て前と本音をつかいわけている
社員さんもいたり。

 

結局、
3年11か月で退職しました。

 

 

初期スピリチュアルブーム

 

その次は、

1度目の入籍のとき。

平成7年(1995年)には、
阪神淡路大震災や、オウム事件があり、

 

世紀末がせまり、
ノストラダムスの予言が恐れられていた時期。


「神との対話」が出版されたり、
宇宙人のチャネリング本が出版されたり、
 

単なるオカルトではない、
スピリチュアルがはやりはじめてました。

 

 

 

 

そんな時期の震災婚ではじまった、

修行モードのスピリチュアル。
 

愛に生きる、
苦しむことで細胞が突然変異して、

覚醒する、というのが、
パートナーの信条。


私は、彼が正しいと信じ、


彼を失望させてばかりの自分に、
コンプレックスを感じていました。


客観的に見れば、

私は、
残業、休日出勤ありの
フルタイムの正社員をつづけながら、
内職と家事をこなしていて、

 

むしろ彼のほうが、
変性意識にあこがれて、
まだ合法だったドラッグに、

どんどん依存していた状態。

職業もオープンにはできなくて。

 

いまふり返ると、
暴力も暴言も、
彼の情緒不安定さによって、
エスカレートしていったのでしょう。


だけど、
当時の私は、
それがドラッグの依存症だということも
気づきませんでした。

 

 

判断能力が麻痺してしまうのです。

矯正されるモードに甘んじていると。

 

愛ゆえに、「間違っている」相手を
矯正しようとする。


自分が相手より優位だと信じることから、
マインドコントロールがはじまっていきます。

支配とか依存とかって、

まるで、
宗教みたいな状態だったなあ、と。

流れ星

 

最終的には、
第三者の助言に助けられ、
シェルターへ避難して、
この状態を脱することができました。

 

 

スピリチュアルのプロモーション

 

だれかが「正しいこと」を教えてくれる。
導いてくれる。
 

そんなだったらいいなあという気持ちが
あったのだと思います。


 

どこかに、正しいことがあって、
だれかをとおして、メッセージがもたらされる。

 

 

 

 

いまの商業的なスピリチュアルにも、
ちょっと危うさを感じます。

扇情的なプロモーションによる、
かんたんなスピリチュアル。

 

もちろん、
ビジネスとして成立させるためには、

シンプルでスマートのほうが

訴求力があるのでしょう。


でもやはり。

人生ってそんなにお手軽ではないと感じます。

 

人間の思いグセや、
無意識にひそむパターンは、けっこうやっかいですから。

 

 

 

かつての私が、
外からもたらされる正しさに心酔するという、
経験
をしてきたからこその、違和感。

 

人生ってそんなに、かるいものではないですよね?

 

 

 

マズロー「欲求の5段階説」


最近、
マズローの欲求の5段階説にであいました。

人間は、低次の欲求がみたされると、
より、高次の欲求にむかう、というもの。

 

 


哲学と心理学と宗教は

紙一重で、
境界線が危うかったりします。

 

個人を超えていく、
トランスパーソナルの理論は、
宗教にも利用されやすい。

その危険を承知でいうと、

このごろ、

トランスパーソナル心理学に興味があります。

 

 

トランスパーソナル心理学的に
マズローの欲求5段階説を語るとき、
 

自己承認までの段階(基本欲求)と、
自己実現からの段階(成長欲求)の間には、
「壁」があり、

すんなりとすすんでいくわけではないとのこと。

 


基本欲求から脱皮していくには、
なんらかのインパクトが必要になってくる。

限界突破、が。


 

まれに、スムーズに限界を超えていく人、
生まれながらに、って人もいるでしょう。

 

私は、昭和生まれなので、
インパクトが必要でした。


 

 

自分でつながる、自己実現へ

 

私が感じたのは。

自己実現から先の欲求は、
クラウンチャクラが開いた世界ではないかということ。

 

ただ、あくまで、
第1から第6チャクラまでが、
バランスよく活性化していることを前提
として、です。

 

 


自己実現って、
単に、
小さいころの夢を、そのままやろう!
っていうのではない。

 

宝石紫人生経験を積んで、

宝石紫理性的な判断力をもっていて、
宝石紫自分を客観視して、
宝石紫社会的な自分を感じることもできて、


さらに、
宝石紫理念を実現できる行動力があって。

 

けっこうハードルが高いもの。

 

 

しし座

私は木星星座が1ハウス(自分自身)で獅子座です。

いまがちょうど、人生の木星期なので、

獅子座のテーマでもある自己実現って、
まさに、どストライクな人生のテーマ。

まわりには、お手本をみせてくださる
獅子座生まれさんがたっくさん
しし座
 

 

 

流れ星

 

スピリチュアルのプロモーションに

違和感を感じることって、

この理論に照らすと、理解できるように思います。
 

違和感を感じる発信って、

自己承認の段階にとどまっているのかもしれなくて。

もちろん、
そうでないものだってあるでしょう。


 

かつて、
愛に生きるといった彼も、


小さいころ、
母親に認められなかったことや、
高校生のときに、
信じていた彼女に「裏切られた」経験を、

30歳をすぎてもなお、
何度も、口にしていました。

自己承認の欲求までの段階にいて、
欠乏感、満たされていない思いがあった、
と、いうこと。
 

自分が導いてやると、
私に影響力を示すことで、
自己承認の欲求を満たそうとしていたのでしょう。


自己承認までの欲求は、
完全に無くなるものではないかも知れません。

だけど、
自分にどんな欲求があるかは、
きちんと自覚しておかなくては、と思います。
自戒をこめて。


 

 

 

 

天王星は牡牛座にいます。
 

自分の体感によって、
自分にとっての真実をあつめて、
自分にとっての
ほんもので満たしていく時代。

 

 

だから、
煽情的な、
プロモーションによるスピリチュアルも、
だんだん落ち着いてくるでしょう。

 

消費されることで、
批判もうまれて、
洗練されてゆく。

 

 

最初は、

だれかから(上から)のメッセージに

心ひかれるのだけど、

やがては、
自分でメッセージを感じるようになっていく。

自発的に、
自律的に。



高次が「上」で、
上からのメッセージによって、
上下関係によって導かれていくのではなくて、

 

クラウンチャクラを開いて、
自分にある神聖さを感じて表現しながら、
生きていく。

 

(以前にかいた記事 アップさよなら二元論

 

 

 

クラウンチャクラの先にあるのは、
人間を超えた世界、

見えざる色、マゼンタの世界。

ここは、数秘9や魚座の世界です。

 

個人を超えていく、
トランスパーソナルな世界は、


この、
マゼンタの領域と共振していく世界でしょう。


宝石赤

 

私は、
人生をしあげていく鍵が、
数秘9なので、
マゼンタの世界に心ひかれます。

 

 

 

 

 

令和という時代は、そうやって、

 

意識の進化と深化が、
ゆっくりと進行していく
のでしょう。

おそらく令和の期間中、
2023年に、
冥王星が水瓶座へうつります。

やがて、2043年には、
冥王星が魚座にうつり、
人間を超えたマゼンタの世界、

冥王星魚座時代がやってきます。

令和は、
それまでの準備期間といえるでしょう。



 

 

自分の人生の流れを感じる


流れのままに。

ひとりひとりの人生が、
おおきな時代の流れの中にあります。

自分の人生は、
自分のものですが、

時代のもの、地球のものでもあって、

地球の流れをつくる、1つのピースです。


個人的な人生体験の中に、
普遍的な愛や叡智のテーマがちりばめられています。

 

 

いろんなテーマをかかえてきてくださる
お客さまのチャネリングやリーディングをとおして、
 

神性は、
かみさまの言葉に宿るのではなくて、

さりげない人生のひとこまに宿っている
つくづく実感します。

 

意識していてもいなくても、
地球で人間として人生を過ごすというのは、
究極的には、
「愛の実践」のためだと思います。
 



さあ、ご一緒に、
人生の流れを楽しで、いつくしんでいきましょうドキドキ
 

ホロスコープや数秘、
心理学や哲学などで、自分の現在地を確認しながら、

個人を超えていくプロセス、
自分の神性を実感する人生のプロセスを、
楽しんでいきましょうドキドキ


マズローの理論の、
自己実現の領域へ、
クラウンチャクラを開いていく段階へと、
すすんでいきましょうねまじかるクラウン

 

 

 

おすましペガサス

 


ベル東理恵の無料メール講座はこちら


ご登録いただきますと、
7日間に渡って、
メールを配信させていただきます。


スピリチュアルを現実にいかしていくには?

スピリチュアルを深めて、
自分探しをした10年間の旅、


占いやセッションで、
600名さまを超える鑑定を
させていただいてきた経験をいかした、
メール講座です。


数秘術、ホロスコープから、
あなたの基本設定を知っていく、
ワークを中心とした内容になっています。

チャクラを整える瞑想や、
チャネリングを体験できる
音声
含まれています。

 

 

 

ベルキャンペーン中のメニューはこちら


クリスタルボウルでの調整を含む、
チャネリング主体の、
スピリチュアルカウンセリングのセッションを
【期間限定】で
半額にてご提供させていただく

 


さよなら平成キャンペーン、募集中です。


この機会に、
あたらしいあなたをはじめるメッセージを、
ぜひ、受けとってくださいね☆

期間は4月いっぱい、
残席あと3名さまです。

(遠隔でのセッションについてもご相談ください。)

 


世界は愛であふれています。
愛を体感するために、
地球でのいろいろな体験があるのだと。

 

あなたの人生は、

あなただけのうつくしいものがたり。

あなただけの輝きで、

シャイニング☆セルフでいきましょう
ドキドキ

ホームページはこちらです。