Tony Iommi - Into The Night | 【騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し】
新型コロナウイルスに関する情報について

【騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し】

「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!

なんだかんだと言って60年代・70年代・80年代のロックに、しがみつく小生ですが、やっと、2000年代のアルバム。

でも聴けるのは、サバスのギタリストのトニー・アイオミのソロアルバムですから(笑)

2000年『Iommi:アイオミ』から、「Into The Night」です。

ボーカルは小生、大大好きビリー・アイドルで、カッコいい、ビリー自体寡作なロッカーですが。

この曲はパワー全開、アイドルの曲に負けじ劣らじ、ライトなヘビィメタルPOPロック寄りよりは、ヘビィロックでも合っている。

やればできるじゃん! ファンですから、ちと苦言(笑)





トニー・アイオミ、ブラック・サバスの重心と思いますが、サバス一途ですが、亜種ヘヴン・アンド・ヘル、サバス前ジェスロ・タルとヘビィロック、リフロックの大家と思います。

そして友達・フレンドシップの繋がりを大切にするようで、性格はかなりきついとネット記事読みましたがオージーに対してだけかもしれませんが(笑)

このソロ前、サバス名のソロもどきの86年『セヴンス・スター』の時は、グレン・ヒューズ 、エリック・シンガー 等が参加。この後もグレン・ヒューズ は続くし。

この『Iommi:アイオミ』には、デイヴ・グロール、ブライアン・メイ、ビリー・コーガン、フィル・アンセルモ、サージ・タンキアン、ビリー・アイドル、他にもたくさん、そしてオジー・オズボーン(笑)

ブライアン・メイと仲が良いのは知っていましたが、このアルバムでは、聴けるか聴けない程、かぼそいギター音色。

曲風へのこだわり、ヘビィを貫くトニー・アイオミに、ヘビィロックの創始の意地を感じます。

進化・革新はブリティッシュ・ロックのキモと思いますが、一途なロックも良いモノですね。

と云うことでおまけはダブルで元パンテラと、これってソロでなくサバスじゃん(笑)

Tony Iommi - Time is Mine (Feat.Phil Anselmo )



Iommi - Who's Fooling Who(Feat. Ozzy Osbourne & Bill Ward)






















にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










フォローしてね…