量産のお手伝いばかりしておりますが。。。今週まとめ。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

皆様おはようございます。

 

今週もあっという間に週末がという感じで、決してバタバタはしていないのですが、量産の手伝いのルーティンが慣れてきたのか、一定のリズム感で仕事をすると体調も良い感じで心地良いですね。

 

えっと、まずは今週前半に「VTR250のパワーグラフ見たいのですが」とお問い合わせを頂きましたが、私が誤って「PCが壊れて当時のデータが無いんですよね。。。すみません」とお伝えしてしまいましたがありました!

 

「確か中速域が少し弱かった気がしますが、高速域はかなり良い感じでしたよ!」ってお伝えしたのですが、改めてグラフを見てみると全体に良い感じでしたね。。。(笑)

 

私の記憶はどうやらキャブ車時代のVTR250のデータだったみたいです。。。

ブログをよく拝見してくれているとの事でしたので確認頂けたら嬉しいですね。

 

因みにパワーグラフを載せて宣伝を!って意味では決してございません(笑)

現在、VTR250は受注生産となっており、受注後約1ヶ月位の納期を頂いています。

また部材在庫の兼ね合いや、高騰する触媒価格の関係もありますので、部材の在庫終了と同時に残念ながら廃盤を予定している商品の一つになります。

 

因みに音量に関してはVTR250フルエキの中でも静かな方だとドリーム店さんからよく言われる事が多いですね。(ノーマルよりは明らかに大きいです。勘違いなく)

 

需要自体も少なくなってきてはいますが、最後の1本までしっかり製作していきたいと思っています。

※ サイレンサー等の消耗部品は廃盤以降も数年間程度は供給予定ですのでご心配なく。

 

 

 

さて、量産のお手伝いと言いながらも昨日はTT45相馬利胤選手のMT-07用サイレンサーを試作で造っていました。(たまにはこんな事しないと量産ばかりでは。。。ね笑)

 

過去に一度テストに使用したチタンパンチングなのですが、前回サイレンサーを造って渡したサイズとほぼ同じで詳細はここで書きませんが、パンチング穴径やピッチ等が違う事もあり、それが特性にどう影響を与えるのか私としてもデータを残しておきたくて造りました。

 

パンチング穴径やピッチなんてそんな事で変わるのか?。。。って言われそうですが、めっちゃ変わったりしますね。。。(笑)

 

何がどう変わるのかは、それ自体が私の集めてるデータなので書けなくて申し訳ないのですが、どちらが良いとか単純ではなくて市販用とは違い、レース用マフラーの場合はそれも含めて開発をしてますね。

 

ちょっと粗いですが(笑)、SUSメッシュの上に更にSUSウールを巻いて。。。

 

更に耐熱性の高いグラスウールを巻いてリベットを打ったら完成です。

 

因みにチタンコニカルエンドは現在販売しているSS-OVAL仕様とは少し違います。

※ 多分分らないと思いますけど。。。それも含めてのテストですね。

 

奇しくも昨日は相馬君の誕生日だったみたいで、結果として誕生日プレゼントとなりましたね(笑)

あくまでもテスト結果が良かったらになりますけどね。

 

データ収集が目的なので、前回のサイレンサーより良い様ならそのまま使ってもらおうと思います。

 

全国的に週末の天気が悪いみたいですが、皆様にとっては良い週末を。

 

それでは量産のお手伝い、本日はパイプベンダーでパイプを曲げる作業に戻ります。