少し遅くなりましたが...’20~CBR250RRの動画をUPしました。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

皆様こんにちは。

 

’20~CBR250RRのサウンド動画ですが、「サウンド動画はありせんか?」とのお電話を午前中に頂き、その時にUPする事を忘れていた事に気が付きました。。。(反省です)

 

動画自体は約1ヶ月前位に出来ていたのですが。。。ゴールデンウィーク前の慌しさでUPする事を忘れてそれきりとなっていましたね。。。

 

本日、スリップオンの動画2本とフルエキゾーストの動画3本、合計5本の動画を一斉にUP致しました。

 

今回の動画はシャーシダイナモ上で回した動画ではございません。

お借りした車両ですので開発も終わった事から、音質を確かめて頂ける様の短い動画となっていますので宜しくお願い致します。

 

今回は本数が多いので弊社のYouTubeトップページのリンクを貼り付けておきますのでご興味のある方は宜しくお願い致します。

 

 

スリップオンとフルキの音質ですが、例えばラウンドタイプ同士、SS-OVAL同士といった具合で今回は特に似通った音質となっています。(まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが)

 

因みに音量自体も数値がほぼ同じなのでアレですが、音圧というか実際に聞いてみると動画とは違い、フルエキの方がより太い音質というか、そんな感じ(どんな感じ?笑)になっております。

 

上がスリップオンで下がフルエキになりますが、サイレンサーの見た目が一緒でもスリップオンとフルエキゾーストではサイレンサー内のパイプ径やパイプ長は全く違います。

 

SS-OVALの場合は、同じく内部のパイプ径やパイプ長に加えてサイレンサー自体の長さも違うのですが、基本的な内部構造はベース自体が一緒ではありますので、今回は音量自体もほぼ同じだった事から音質も似通ったのかな?とも思いますが、私としては結構珍しい事ではありました。

 

たいていの場合は、フルエキ、スリップオンと音量は同じであっても音質自体はかなり違ったりするのですけどね。

 

マフラーをご検討頂いている方々には、価格や形状、材質等からお好みの物を選択頂けたらと思っております。

因みにフルエキは現在在庫が無く製作中で、来週末頃には完成するかと思いますので宜しくお願い致します。

 

あと念の為に書きますが、スリップオンをご購入された方から「スリップオンを購入したあと、エキパイ部のみを購入したいのですが。。。」とよくご質問を頂きますが、弊社の場合、スリップオンとフルエキゾーストではパイプの管長からパイプ径に至るまで完全に別設計で全く互換性がございません。

 

また先にも書きましたが、サイレンサーの内部も違いますし、組み合わせては使用出来ない構造となっていますのでご理解宜しくお願い致します。

 

それと他社さんで出されているエキパイとの組み合わせもNGで、この場合は音量保証も全く出来ませんし、それ以前に「違法マフラー」となってしまいますのでくれぐれもご注意頂けたらと思います。

 

例えばA社さんが出されているエキパイはA社さんの発売されているスリップオン、またはノーマルサイレンサーのみが合法となり、A社エキパイとB社スリップオンの組み合わせは、単に個人レベルのカスタムマフラー扱いとなり、合法マフラーでは無くなってしまうという事になります。

 

また何かの機会にブログで説明できればと思いますが、まずは他社さんとの組み合わせの場合は違法マフラーになるという事をお覚えておいて頂ければと思います。

 

もし、「いや、大丈夫ですよ~」なんて言うメーカーがあれば教えて下さいね!叱りますから(笑)

 

最後は少し注意喚起みたいな事になって申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。

 

それでは今日はこの辺りで。

 

皆様にとっては良い週末を。