「https」です。。。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

皆様こんにちは。

 

急に寒いですね。。。大阪もこの週末は最低気温が氷点下前後となるみたいで、ここに来て気温も受注も急激にお寒くなりそうです。。。

 

受注はともかく(笑)、体調管理だけは気を付けたいと思います。

 

表題タイトルなんですが、弊社YouTubeの動画には右下にホームページアドレスを入れてるんですよね。

 

こんな感じに。

 

『差し出がましいのですが... ホームページアドレスって「https://」ですよね?いつも間違われているので、一応ご報告まで』 とのご連絡をユーザー様から頂きました。

 

Sさん、ご連絡本当にありがとうございます。言われるまで全く気が付いていませんでした。

 

実は弊社が数年前にホームページをリニューアルした際にセキュリティ強化の観点から、「http」→『https』に変更したのですが、YouTubeにアップする動画編集をする際にその事に気付かず毎回過去と同じ様に文字を挿入しておりました。。。

 

アドレス自体は「http://www.wrs.jp」でもホームページに飛んでくるのですけど、正式なアドレスは『https://www.wrs.jp 』が正解です。

 

平和な国である日本は海外と比べてセキュリティの意識が低くいらしくて、今でもhttpを使うホームページがたくさん見られますが、「https」は通信内容が暗号化されており、通信を暗号化する事で訪問される方々と安全にWeb情報のやりとりが出来る事となっているんですよね。

 

弊社の場合、ホームページ内からメールでのご質問や、排ガス試験成績書の再発行フォーム等々、画像も含めて個人情報に繋がる内容のやり取りがありますので、そういった意味においてもSSL通信は必須だと言えます。

 

因みにGoogle Chromeだと、赤丸の鍵マークがあるかないかで判断が出来ます、はい。

 

鍵マークをクリックするとこんな感じにポップアップ表示されます。

 

通信が暗号化されていない「http」の場合は、鍵マークの代わりに『保護されていない通信』と表示さえるのでご参考まで。

 

ホームページ上での買い物で今時さすがにhttp通信はないと思いますが、万が一そうであれば、クレジットカード番号や個人情報の入力は、悪意のある人達に情報が盗まれる可能性もあるので、皆様も気をつけて頂けたらと思います。

 

因みに弊社でリペアパーツやアウトレット商品をご購入される際にクレジットカードやデビットカードをご使用される場合、弊社は佐川急便さんの「eコレクト」で決済させて頂いており、佐川さんの「eコレクト」は更に高いセキュリティで保護されておりますのでご安心下さいませ。

 

※ 読み取ったカード情報などの決済データは、決済の操作終了後、速やかに消去されますので、情報     漏洩の心配はございません。

 

 

さてさて、外は寒いですが陽は長くなりだしましたね。。。

 

それでは今日はこの辺りで。