明日は名古屋です。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

皆様こんにちは。

 

ご無沙汰しております。

 

新年最初の3連休(弊社は2連休)となりましたが、仕事始めの1週間がやけに長く感じていましたので(笑)、良いリフレッシュとなりました。

 

消費増税後の1月を迎えたのですが、おかげ様で今のところ順調すぎる動きに内心ホッとしております。

特に連休明けの本日の受注が気になっていましたが、今月はまずまずの滑り出しという感じですので気を緩める事なく粛々と目の前の仕事をこなしていきたいと思っています。

 

さて明日ですが、名古屋で今年最初のJMCAマフラー会議があり、それに出席してくる予定です。

 

引き続き新加速騒音の件が中心となりますが、その他、今年から大阪・東京に続いて名古屋でもモーターサイクルショーが開催されますので、JMCAとしてもブースを出展する事からそのあたりの話も議題に上がるでしょうし、現在運用している加速走行騒試験に関しても更にしっかり運用出来る様にといった議題が中心になるかと思います。

 

書いていて皆様にはピンと来ない話ばかりだと思いますが、各社忙しい中、各社主要な人達が集まるわけですから、書けないナーバスな話もありますが、どんな話が会議でされているのか、書ける範囲でブログでもお伝え出来たらいいかなと思っている次第です。

 

明日の会議資料がメールで届いているのですが、その中に「JMCAプレート発行枚数」のPDFもあり、見てみるとやはり、消費税(3→5%)増税後の1998年は前年比79%と、かなりの落ち込みをみせていますね。。。(笑)

翌年の1999年も2000年からの排ガス関連の影響もあって前年比更に落ち込み78%。。。1997年からその後の2年間で何と約40%もプレート発行枚数が減るという。。。凄まじい衝撃が業界に走った事を数字が表しています。。。

 

因みに前回の消費税(5%→8%)増税翌年の2015年は前年比95%と、あくまでもプレート発行枚数ベースですが、5%の落ち込みでなんとか耐えている事が確認されています。

 

ここ10年間で弊社が売り上げを大きく落としたのがKTMで鈴鹿8耐をした2014年。。。数字は書けませんが(笑)、こう考えると消費増税よりレースの方がよっぽどコワいかも知れません。。。(笑)

この年はレース準備に掛かりっきりでマフラー開発が出来なかった事が影響してると思いますが。。。

 

また昨年、我々業界はどこもかしこも調子の良い話を耳にしましたが、やはり前年発行枚数に対して110%と、業界全体の景気が良かった事が数値からも確認出来ましたね。

 

昨年12月のプレート発行枚数が前年比に対してガクンと落ち込んでいるのは気がかりですが、いずれにしても今年一年、良い年に出来る様に踏ん張ってみたいと思っています。

 

それでは名古屋のマフラー会議を終えて、書ける事があればブログで書いてみたいと思います。

 

それでは。