新型 YZF-R25 フルエキゾーストマフラー 一歩一歩進んでいます。。。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


テーマ:

皆様こんにちは。

 

本日の大阪は期待するも天候が大きく回復する事がなく、午前中に1タイプをベンチテストで試した後、

明日からの本格的なテストを再開する為に、とりあえず用意出来る限りのテストピースを製作する事にしました。

 

これで最終仕様まで辿り着けると思いますが、明日はさすがに天気予報通りに晴れて欲しいところです。

(もう晴れなくてもテストは明日再開しますけどね。。。笑)

 

本日のベンチテストで、ある程度の管長的な目処がついた事もあり、外装の干渉チェックや全体的なマフラーレイアウトを見る為に車体を会社駐車場に出して写真を撮ってみました。

 

新型ユーザーの方からも全体像が見たいとのリクエストを頂いていましたのでブログでも何枚か紹介させて頂きます。

 

今回、新型YZF-R25用フルエキゾーストはラウンドタイプ、SS-OVALタイプの2種類をラインナップ予定でJMCA事務局には既に試験申し込みを昨日中に済ませました。

 

ではまずラウンドタイプから。

 

写真のサイレンサーは焼き色チタンになりますが、カーボン、ステンレス仕様もラインナップ予定です。

 

車体とのマッチングも悪くはありませんが、良くも悪くもまとまり過ぎな感じではありますね。

最終的にはもう少しレイアウトの変更余地がありそうですが、まぁとりあえずOKとしましょう。

 

現時点で音質はノーマルとは違い、歯切れの良い低音の効いたレーシーな音質に仕上がっており、近接騒音値は92dB前後となっています。

 

次にSS-OVALです。

 

サイレンサーを付け替えただけですが、SS-OVALのバランスはかなり良く見えますね。

 

こちらはソリッドタイプと焼き色タイプの2種類から選択頂けます。

 

せっかくフルエキという事もあって音量的にもワイルドに93dB位を想定して開発に入っています。

実際に乗っての感じでは加速走行騒音でギリギリという感じではないので、音量・音質共にアグレッシブに攻めながら、パワーカーブの改善に取り組み、仕上げていきたいと思っています。

 

いずれにしてもパワー的な要素とは別に、テールセクションのレイアウトは少し変更するかも?です。

 

今回、見やすい様にカウルセンターのダクトを外していますが、フロントから見た感じはこんな流れです。

 

エキパイヘッダーからサイレンサー手前のセンターパイプに至るまで、合計5種類のパイプ径で構成しています。。。かなり気合入っているでしょ!(笑)

 

まぁ、結果を生み出せなければ何の意味も果たさないのですが、パワーカーブを作りあげる上で意味を持たせてる筈なので(笑)、管長を適正化してそれを結果に繋げていきたいところです。

 

天気予報を見ると明日から三日間、同条件で存分にテスト出来そうなので、夢中になってブログ更新が遅れるかも知れませんが、気になる方はこのあとも宜しくお願い致します。

 

それでは今日はこの辺りで。