販売終了する商品がございます。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


テーマ:

皆様おはようございます。

 

在庫限りで販売終了する商品がございますのでお知らせ致します。

 

・ シグナスX SR(型式EBJ-SEA5J・2BJ-SED8J)用フルエキゾーストマフラー

 

・ BW'S125(型式EBJ-SEA6J)用フルエキゾーストマフラー

 

の上記2点になります。

 

在庫に関してはこれまでの販売推移を見てみると今年6月頃で完売するのではないかと見ておりますが、完売後もリペアパーツに関しては引き続き対応させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

シグナスに関しては予想以上にたくさん売れた印象がありますが、上記2車種のマフラーは構造上、協力会社へ依存する部品も多く、社内で検討した結果、廃盤の方向で決定しました。

 

個人的には3社で開発したマフラーで、3社それぞれの特徴を織り交ぜた商品でしたので少々惜しい気もしますが、またあらためてこのクラスのスクーターに挑戦したいと思っています。

 

 

さてさて、昨日のMotoGPは観どころ満載でレースファンとしては久しぶりに面白かったです。

 

moto3クラスは鳥羽海渡選手が3番グリッドから見事初優勝。

スタート直後に10番手くらいまでポジションを下げましたが、去年までと違い落ち着いてポジションを戻した後はベテランの様なレース運びで私自身は全然危なげなく見え、moto3らしい勝負の決め方で勝ってくれましたね。

 

このクラスの日本人の優勝は12年ぶり?ですか。

4スト250ccになってからは初の快挙らしいですが、その昔のこのクラスは日本人の表彰台が当たり前みたいな時代もありましたし、「快挙」という事が言われなくなる位、moto3を戦う5人の若き日本人にこれからも切磋琢磨して頑張って欲しいと思います。

 

MotoGPクラスの中上選手もまずまずのレースでしたね。本人は悔しいでしょうが、鳥羽選手の優勝は刺激になったでしょうし、moto2クラスの長島選手を含めて頑張って欲しいものです。

 

そのmoto2クラスですが、それまでのmoto2クラスの様なスライドさせながらコーナーを曲がるといった印象とは異なり、車体の動きがWSBKに近い動きに見えたのは私だけでしょうかね?

 

今年からトライアンフ(3気筒 765cc)になり、車体幅がスリムになったと同時にタイヤの周長も大きくなり、エンジンもかなりトルクフルみたいなので、各ライダーの乗り方が変わった様な気がしましたが。。。

 

まぁ、酔いながらテレビを観ていたので(笑)、今夜はあらためて録画を見直そうと思っています。

(個人的な見解でどうでもいい話ですけど。。。笑)

 

今週末は大阪モーターサイクルショーがいよいよ開催されます。

それでは今週も頑張って参りたいと思います。

WR'Sマフラー開発担当さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ