CB250R マフラー価格ですが。。。もう少しお待ち下さい。。。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


テーマ:

皆様こんにちは。

12月も第二週目となり、少しバタバタとしてきましたね。。。

 

今年も実働日が20日を切りましたが、しっかり仕事をこなしていきたいと思います、はい。

 

さて今週になり、細かな見積もりも全て上がってくる筈でしたが。。。少し遅れています、すみません。

(私が遅れている訳ではございません、念の為。)

 

品番及び価格と共に画像を紹介する予定でしたが、リクエストも頂いていますので先に画像を紹介させて頂こうと思います。

 

まずはソリッドタイプからです。

 

・ SS-OVALソリッドタイプ 

 

・ SS-OVAL焼き色タイプ

 

※ 参考データ)  ノーマルマフラー重量 7.71kg  SS-OVALフルエキゾースト 3.71kg

 

とこんな感じに仕上がっています。

マフラー重量ですが、弊社のフルエキは写真の通り、エンジン下部分にチャンバーパイプが内蔵していますが、ノーマルとの重量比は半分以下に収まっており、当然触媒も内蔵しているJMCA認証マフラーですが大幅な軽量化を果たしています。

 

排気ポートと連結する部分の肉厚なエキパイ部のカラーを肉抜き軽量化したり等、地味ではありますが一つ一つのこういった事が軽量化に繋がっていますね。(まぁ、装着したら全く見えないのですけど 笑)

 

因みに量産に向けて現在テスト中のセラコートを施したSS-OVAL C-Blackタイプですが、コチラは同時リリース出来るか現時点で未定ですが、コチラの画像も紹介させて頂きます。

 

・ SS-OVAL C-Blackタイプ

と、こんな感じです、

 

マットな感じのC-Blackサイレンサーは、ホント黒ベースの車体に映えますね。

 

コチラのお問い合わせも多いのですが、セラコートはご存知の方も居るかと思いますが、コスト面でいうとかなり高くなる状況にありますので、テスト項目をこなしながらしっかり調整出来る様にしていこうと考えています。

 

また前にも書きましたが平行してカーボン仕様に関しても水面下では動いており、こちらもコスト面やその他諸々、調整しながらの作業です。

 

また皆様にお知らせ出来る事がありましたら、ブログでも書きたいと思います。

 

という事で、取り急ぎ現状のご報告でした。

 

それでは本日はこの辺りで。

 

 

WR'Sマフラー開発担当さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス