大変お待たせしました。新型Ninja250/400 スリップオンです。 | ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


テーマ:

皆様、こんにちは。

この週末は天気が悪いみたいですが、大阪は今日も気持ちの良い天気ですね。

 

ちょっとした手違いもあってプレートステーの完成が大幅に遅れる事となっていましたが、昨日夕方にようやく仕上がって来ましたので、天気の良い本日のうちに撮影を済ませたいと考えています。

 

新型Ninja250/400用スリップオンに関して、たくさんの方々から情報更新が無い事で叱咤激励を頂いておりましたが、ようやく皆様に最終仕様の紹介が出来て私もホッとしています、はい(笑)

 

弊社は小規模な会社ですから開発担当とはいえ、様々な雑用(?)もこなす事になるのですが、何せ身体が一つなものですから、タイミング次第では遅々として進んでいない様にも見えると思いますが、皆様方の知りたい事は私も情報発信をしたい事という感じで、私自身もパーツの完成が遅れるとヤキモキしてるんですよね。。。(笑)

 

YZF-R25の事や開発中のGSX-R150の事。。。そうそう、今週初めに入るであろうシャーシダイナモの補修パーツが昨日やっと入って来る等々、こちらの望んだタイミングで物事は進んでくれないので私としても頭の痛い話ではありますが、優先順位を間違えない様に粛々とこなしていきたいと思います、はい。

 

さて、話を戻して新型Ninja250/400用スリップオンですが、本日撮影に入りますのでまた撮影が終了しましたら明日以降になると思いますが、製品データも合わせてブログで紹介したいと思います。

 

さて今回のスリップオンですが、コンセプトとして「フルエキかの様な一体感」をスリップオンに求め、フルエキの連結方法と同様にジョイント部にジョイントガスケットを使用せずに連結し、サイレンサーをUPスタイルにする事でスポーティーに、そしてその一体感によってフルエキっぽく見えてしまうレイアウトを狙いました。

 

これは各雑誌関係者の間でも好評で、「スリップオンっぽくない」と皆さんに評価頂きました。

 

ただこれだけで終わりでなく、もう「ひと仕事」追加する事にしました。

個人的にサイレンサーをUP気味にレイアウトしたデザインは気に入っているのですが、もう少し落ち着いたというか、ノーマルと同じ角度位にレイアウトが出来ると、必ずという事ではないですが、パニアケース等のサイドバックを装着出来る可能性も大きくなるメリットもあります。

 

特に今回は、2018Ninja400に乗っているユーザーからそんな要望が多くあり、「SS-OVALを装着したいが、角度がUP過ぎて。。。」みたいな問い合わせが結構ございました。

 

そんな事もあり、サイレンサーを装着する為のプレートステーに一工夫して、UPスタイル、そしてノーマルと同じ角度位のレイアウトとなるダウンスタイルに出来る仕様にしてみました。

 

写真はSS-OVALで撮りましたが違いが分かるでしょうかね?

 

まずはUPスタイル(弊社のSTDスタイル)です。

そしてこれがダウンスタイルです。 実際に見ると全然雰囲気が違うのですが、写真の撮り方なのか、そんなに分らないですね。。。(笑)

 

悔しいので線を入れましたが(笑)、上写真のUPスタイルではほぼウインカーのラインに向かってサイレンサー角度が付いており、下写真のダウンタイプでは角度を若干下げた事によりウインカーの下を通るラインとなっています。

 

こんな感じに。

まぁ、これにより必ずしもパニアケース(使うものにもよりますが)装着時に干渉しないという事ではないのですが、少なくとも他社さんが採用している角度位にはなりますし、スタイル的好みでコチラのレイアウトが好きという方にも喜んで頂けるのではないかと思いますね。

 

ちょっとした工夫で同じマフラーでも好みに合わせて装着出来るという「楽しみ」を今回のスリップオンには採用しています。

 

まぁ、その事(プレートステー)でここまで時間がかかってしまいましてけど。。。

 

さて、昼からは各種のサイレンサーで撮影を行います。

 

現状はこんな感じという事で取り急ぎご報告まで。

 

それでは。

 

 

 

WR'Sマフラー開発担当さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス