三笠宮妃百合子さまは20日、東京都港区の明治記念館で開かれた恩賜財団母子愛育会主催「第42回愛育班員全国大会」に出席された。

 母子愛育会の総裁を務めている百合子さまはお言葉で「愛育班員の皆さまには日頃からそれぞれの地域において、母と子をはじめ多くの人々の健康作りや福祉の向上のため、たゆまぬ活動を続けられ、大きな成果をあげておられます」と述べ、全国各地で保健福祉活動に従事する人々をねぎらわれた。

【関連記事】
三笠宮さまご退院
三笠宮さまがご入院 白内障手術
皇居で新年一般参賀 陛下「世界の平安を祈ります」
現役世代、母子家庭…教育にかけるそれぞれの思い
日本の伝統的子育てとは
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児-福島(時事通信)
妊婦のタミフル、副作用調査へ=「新型」死亡ゼロで再検証-学会(時事通信)
ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
手動式除細動器の一部製品を自主改修(医療介護CBニュース)
<学級編成>増やすの忘れた?入学早々クラス替え 名古屋 (毎日新聞)
AD
 前原誠司国土交通相は20日午前の記者会見で、鳩山内閣の支持率低落について「米軍普天間飛行場の移設問題に代表される民主党政権、鳩山政権の約束と実行状況に対する乖離(かいり)、これに対する国民の不満、不信感が増幅している」と述べた。その上で「内閣支持率が下げ止まり、上がるような環境をつくるため、自分の職責を果たしていきたい」と語った。

 普天間飛行場の移設先については「そう遠くない時期に明確な方針が示されることになる」との見通しを示した。

【関連記事】
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

カラスの巣が原因で停電、藤沢で2200世帯(産経新聞)
島田製粉「深大寺そば」、無断でJASマーク(読売新聞)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
15歳未満の脳死判定基準を明記へ―改正臓器移植法で省令改正案(医療介護CBニュース)
<上海万博>岡本真夜さんの曲を使用…実行委の申請受諾(毎日新聞)
 長妻昭厚生労働相は16日午前の閣議後の記者会見で、ユニット型特別養護老人ホームの個室面積の最低基準を現在の13.2平方メートルから10.65平方メートルに緩和する方針を明らかにした。6月にも厚生労働省令を改正する。

 同省は特養の個室入所者の割合を14年度に70%とする目標を掲げている。しかし、現状は08年10月時点で21.2%と伸び悩んでいる。面積基準を緩和することで土地確保の費用を軽減させ、施設建設を推進させる狙いだ。

 ユニット型特養ホームは、リビングなど共用スペースを中心に個室を配置している。

【関連ニュース】
記者の目:「ホームたまゆら」の教訓生かされず=鳥井真平
特養ホーム:厚生労働省、介護職のたん吸引容認
交通安全教室:川崎工科高生、特養ホームで /神奈川
寄贈:ヒノキの一木造り、安らぎの不動明王 山田町の村木さん、特養に /岩手
寄贈:東湘南のガールスカウト30人、車椅子を特養ホームに /神奈川

福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国-大阪(時事通信)
「あらゆる可能性オープン」舛添氏、新党に含み(読売新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理-男女参画会議(時事通信)