人気アニメ「エヴァンゲリヲン」をイメージした限定携帯電話を、インターネットオークションでだまし取ったとして、新潟県警捜査2課と生活安全企画課、新潟南署は22日、詐欺の疑いで宮城県角田市藤田の無職、百井慎太郎容疑者(33)と妻の裕美容疑者(25)を逮捕した。

 県警の調べでは、百井容疑者らは昨年7月下旬ごろ、新潟市に住む20代の男性会社員がネットオークションに出品した「エヴァンゲリヲン」限定携帯電話2台(時価総額19万6千円相当)を買うと言って郵送させた疑いが持たれている。代金を支払うつもりがないにもかかわらず、「着払い発送では無理でしょうか」とうそをついていたという。

 百井容疑者は裕美容疑者の携帯を使ってオークションに参加。2台計27万円で落札した。百井容疑者は「だまし取った携帯は転売した」と供述しているという。

【関連記事】
「EXILEのチケット売ります」ネット競売で詐欺 容疑の男を逮捕
バイク盗み携帯オークションで転売 容疑の男10人を摘発 大阪府警
ネットで丸儲け!“究極のレア”警官エンブレムの魅力
ネットオークション詐欺容疑で大学生逮捕 18万5千円だまし取る
「さまぁ~ず」もビックリ!? 結婚サギ女の意外な素顔

トヨタに辛辣な言葉…公聴会(レスポンス)
<ウェッブ上院議員>グアム移転計画「日本の結論待ち」(毎日新聞)
【邂逅 カルチャー時評】赤瀬川原平 スノボーのズボン(産経新聞)
22222、記念切符や郵便日付印目当てに行列(読売新聞)
殺人時効の廃止答申、改正法案を今国会提出へ(読売新聞)
AD
 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)の裁判員裁判は2日目の24日も証人尋問があり、裁判員2人が質問した。初めて被告人質問も行われたが裁判員の発言の機会はなかった。被告人質問は25日も行われる。

 この日の証人は、弁護側が、被害者の石谷英夫さん(当時82歳)の税理士事務所で経理を担当していた女性ら3人。検察側は影山博司被告(55)の妻。

 元経理担当の女性は、被告が石谷さんに怒鳴られる姿をたびたび目撃したなどと述べ、被告のために嘆願書を提出しようと元同僚らと話していると明かした。被告は女性の言葉を聞きハンカチで目元をぬぐった。

 傍聴席から見て右から3番目の男性裁判員は女性に「普段から(被告は)石谷さんの自宅に出入りできたのか」などと質問。被告の妻に対しては右端の女性裁判員が「被告が給料をもらえていなかったのは知っていたか」と尋ね、妻は「事件後に初めて知った」と答えた。

 被告人質問では、事件の動機を弁護人に聞かれた被告が「精神的に追いつめられた状態を逃れたい、その一心でやった」と述べ、強盗目的を改めて否定した。

【関連ニュース】
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件
裁判員裁判:初の死刑求刑の可能性 強盗殺人で鳥取地裁
’10裁判員:鳥取・米子の強盗殺人 証人に質問--初公判

若田宇宙飛行士 ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」-学部長会議(時事通信)
折りたたみ自転車 5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)
<皇太子さま>思いやりの心を持って 50歳会見(5)(毎日新聞)
外相、シェパード取り締まり要請…豪首相は消極的(読売新聞)
 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり厚生労働省に偽の障害者団体証明書を発行させて郵便料金約3億7700万円の支払いを不正に免れたとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた障害者団体「凛(りん)の会」元会長、倉沢邦夫被告(74)の論告求刑公判が19日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。検察側は「国会議員に口添えを依頼するなど果たした役割は重大」として懲役1年6月、罰金540万円を求刑し、結審した。判決は4月27日。

 倉沢被告は郵便料金の支払いを不正に免れたとする起訴内容は認めたが、証明書偽造は「合法的だと思っていた」として無罪を主張。これに対し、検察側は論告で「正規に発行を受けられるなら全く不要な有力国会議員への口添え依頼や厚労省への働きかけをしており、極めて不合理な弁解」と指摘した。

 起訴状によると、倉沢被告は平成16年6月、厚労省元企画課長の村木厚子被告(54)=公判中=らと共謀して証明書を偽造し、郵便局に提出。また、18年11月~19年3月、大手家電量販会社「ベスト電器」などのDMに、割引郵便制度の適用を受けない刊行物を同封して発送し、正規料金との差額約3億7700万円を免れたとされる。

鳩山首相 共産党の志位委員長と会談(毎日新聞)
<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕-三重県警(時事通信)
シュワブ陸上案も排除せず=首相(時事通信)
<詐欺>山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(毎日新聞)