素晴らしき出逢いを求めて-水尻の徒然日記
  • 21Sep
    • ホームページの改修

       2021.9.21 結婚相談所のホームページをここしばらく修正をかけていた。友人達にも見てもらって、アドバイスをもらったりして、修正すべきところを修正し、シンプルに見やすくするための作業を続けていた。 WIXのホームページだが、元々は高校の時のクラスメートが無償で作ってくれて、それを少しずつ手を加えたり、トップページをココナラで頼んでアレンジしてもらったり、それから更に自分でいじくったり。当初から見ればかなり変化してしまった。その間、書き足したり削ったりで、文言が色々と変わったと思う。 昔のホームページをまた見てみたら、懐かしいだろうし、新たな発見があるかも知れないなと思う。ホームページの改修はどんどん前へと進んできている。 友達のアドバイスだと、文章が長いというアドバイスがあった。また、小見出しをつけてはどうかというアドバイスもあった。それらを踏まえ、文面そのままに小見出しをまずつけて、それから文章を削った。2ページ目に書いてあった文章をそっくりそのまま削った。プロフィールも削った。それからトップページの内容の半分を2ページ目に移行し、また、文章の入れ替えを何度かして、現在の形になった。 かなり集中して行うので、疲労もするが、達成感のようなものもあり、なかなか良い。ひと段落ついたので、また改善点があれば対応するが、しばらくはいいかなと思う。次はグーグルマイビジネスに取り掛かろうと思う。結婚相談所WO ホームページhttps://www.wosoudan.com

  • 20Sep
    • 【婚活】プレゼン

       2021.9.20 交際に進むための関門がお見合いです。わずか1時間ほどで、関係性を築かなければいけません。そして、1時間の半分程度が自分が話すとして、30分が自分の持ち時間になります。 この、1時間のコミュニケーションで意識したいのが、一つは傾聴。相手の話を聞くという事ですね。ちゃんと聞いてますよーという態度を相づちなどで表現して、もっと話を聞きたいという姿勢で深掘りの質問をする。そうして相手に楽しく話して貰う事。 もう一つは自己PRです。人間には三つのタイプがいます。自分の話をする事に酔いしれるタイプと、相手に興味を示すタイプ。そして、この二つのタイプの丁度中間のタイプ。 人の話をしっかり聞いてくれる人であれば、自分の事もきちんと伝えなければいけません。自分をアピールして理解をしてもらう事が大切です。 相手にとって良い印象を与えるためには、自分の魅力を売り込まなければいけません。では、自分の魅力とは?お見合いの場面でいきなり思い浮かぶだろうか?  その疑問は解消できます。自己PR文にあらかじめ書いておくのです。自分の伝えたい事、特徴をPRするための文章ですから。これであれば事前にじっくり考える事ができ、さらに仲人からの客観的なアドバイスももらえます。 自分の良さを自分で書くのが自信過剰やナルシストに映るのであれば、仲人PR文に書けば、第三者からの意見となり、見栄えが良くなります。 そしてお見合い当日は、書いてあることの詳細を伝えればよいのです。そうやって、自分はどんな特徴があり魅力があるのかをプレゼンするのがお見合いです。ただ、注意したいのは、この時に一方的に話し過ぎない事。相手のリアクションを見ながら対応しましょう。結婚相談所WO ホームページhttps://www.wosoudan.com

  • 19Sep
    • 異業種交流会とはなんだったのか

       2021.9.19 かつて定期的に異業種交流会に参加していた。なんとなく良い出会いがあればという、漠然としたイメージで目的意識はあまりなかった。 参加者を見るといろんな職業の方がいたが、あまりピンとくる人はおらず、現在繋がっている人はほとんどいない。 ビジネスの話をしてくる人も多く、一方で僕もギブテイクで自分の利益を重視した目線で参加している部分もあり、うまくマッチしなかった。 また、ネットワークビジネスをしている人もいて、時間の無駄とわかりながら話を聞くこともあった。 一回一回の参加費は500円から2000円。また移動交通費もあり、それらにかかる時間も考えれば、結構なロスだったとも言える。 魅力的なビジネスマンや業界の人達は、この手の異業種交流会には出ないということがわかった。 オンラインサロンをやめたため、出来る人達との接点は減った。しかし、Twitterがあるので色んな人と繋がることは可能である。 SNS上のコミュニケーションを充実させて、いろんな人と接点が持てれば、何かが起きるかもしれない。  ただこの発想は、目的意識がはっきりしないので、集客のための人脈形成を目的として取り組んでいこうと思っている。 まだ全然結果が出ていないので、これからが勝負である。

  • 18Sep
    • 【婚活】期限を決める

       2021.9.18 婚活をするにあたり、心がけたい事の一つが、いつまでに結婚するかという目標を定める事。自分はいつまでに結婚したいのか、そのためにはどういう行動を取れば良いかをはっきりさせる事です。 一番わかりやすいのは結婚相談所でしょう。仲人型の結婚相談所は、成婚=プロポーズという定義があり、交際期間は3ヵ月、最長で6ヶ月というルールが決まっている所があります(IBJ:日本結婚相談所連盟)。 そして、お見合い申し込みの回数が決まっていて、また、平均してどれくらいの割合でお見合いが決まるというデータもあります。 35歳女性の平均では、10人とお見合いし、5人の方とお付き合いして、9ヵ月で成婚退会というデータがあります。交際期間が大体4ヵ月ほどなので、5ヵ月の間にパートナーと巡りあう計算になります。その間のお見合い申し込み人数は仮に80人としたら、積極的に月20人~30人にお見合い申し込みをしなければいけません。 そうなると、気持ちが最初から乗っていなければずるずると時間が過ぎてしまいます。そういう時に、最初に明確な目標を設定する事で、行動に移しやすくなります。 待ちの姿勢ではなく、行動を起こす。自分のタイプも自覚し、すぐに気持ちが高まるのか、それとも時間がかかるのか。それによってお見合い回数も変わってきます。なかなか気持ちが乗らないタイプであれば、より積極的にお見合い申し込みをして、お見合い回数を増やす必要があります。 そうやって、基準値と自分のタイプとを見比べて方針を立てていく。最初が何よりも肝心です。

  • 17Sep
    • 闘病

       2021.9.17 最近、身の回りで病に侵されている人が数人いる。母もその一人で、潰瘍性大腸炎という難病にかかり、入院がきっかけで足腰が弱くなり、2度の圧迫骨折を経験し、持病の痙攣により左手がかなり言う事をきかなくなった。 しかし、潰瘍性大腸炎は治療の結果ほぼなくなり、圧迫骨折はコルセットで安定させている。左手はかなり不自由だが、上手に付き合っている。足腰は入院のたびに弱くなり、今は手押し車で何とか移動できると言った感じ。周りのサポートもあり、生活ができている。 メンタルについては元気だ。特に今は巨人を熱く応援しており、とてもエキサイトしている。気持ちの張りがあるのは良い事である。 また、友人の一人が皮膚がんから全身に転移して治療を受けている。2年ほど連絡を取っていなかったのだが、思い立って連絡を入れてみた。治療がうまく進まない時もあったらしいけど、今飲んでいる薬は副反応がマシで割と平和に過ごせているという。健康が一番と本人は言っていた。僕にも体に気を付けてという優しい言葉を貰った。 そして、かつての会社の先輩が、末期がんで余命半年という知らせを聞いた。68歳という年齢だ。健康診断は毎年受けてたそうだが、それでも発見が上手くできなかったらしい。入院はせずに生活ができているとの事。今度の日曜に、後輩と一緒に会いに行く事になった。後輩からの電話でその事を知ったのだが、今その先輩と交流を図っているマネージャー職の方がお見舞いに行くと、よく僕の話になるらしい。 僕の事が心配だと言っておられるらしく、元気な顔を見せて安心してもらおうと思っている。

  • 16Sep
    • 【婚活】婚活を成功させるためのポイント(男性編)

       2021.9.16 婚活を有利に進めるためには、工夫が必要です。今の自分をさらに高める事で魅力UPを目指しましょう。 まずは、痩せる事。日頃の忙しさでダイエットができなかったり、食事制限を意識しているつもりでもついつい食べ過ぎたり間食したり夜食を食べたりしてしまう人がいます。 確かに忙しいと、気持ちの面でも体力の面でも、多めに食事を摂る習慣がついてしまっているかも知れません。しかし、忙しさにばかり目が行って、将来の結婚後の自分を想像できているでしょうか。 ずっと1人で過ごすならば、それはそれで問題はないでしょう。しかし、結婚をしたいという事であれば、婚活の一環としてダイエットは必要でしょう。 理想は標準体重より少しやせているくらいです。大食いをせず、規則正しい食事を心がけるだけでも効果はあります。さらに上手に食事制限ができれば良いです。後はウォーキングなどの有酸素運動が良いです。これは、具体的に婚活を始める前から、一日でも早く取り組むべきです。自分で目標値を決め、毎日の体重、食事内容、運動内容などを記録する事でモチベーションは上がります。 次に身だしなみ。センスを磨くのは経験が必要ですが、真似をするのは簡単です。ファストファッションで問題ないので、マネキンの服装をそのまま真似るのもありです。結婚相談所に入ったら、仲人からのアドバイスが貰える場合もあります。オプションなどでファッションコーディネートをしてるところもあります。自分が行こうと思う相談所の窓口に、服装のアドバイスはもらえるか、それは無料か有料か確認するのが良いでしょう。 そして、相手の気持ちを汲む。自分ばかり一方的に話さない。深掘りの質問をして相手を知るとともに、共感を得る。相手に興味を持つ。自分の気持ちを押し付けない。 これは慣れていないと難しい部分ではあります。いきなり相手の気持ちを知るように言われてもなかなかできないでしょう。ですので、まずは質問をして相手を知る事から始めましょう。 仲人型の結婚相談所では、お見合いやデートでのやり取りを報告する事で、仲人からアドバイスが貰えます。できるだけリアルな状況報告をする事で、仲人も的確なアドバイスができます。仲人を上手く利用しましょう。 

  • 15Sep
    • 価値観

       2021.9.15 節約と倹約は似たような意味合いもあるが、どちらかと言えば倹約の方がけちという印象がある。 節約は抑えるとこは抑えて、使う時は使う。 節約家は、一円単位でケチる一方、使う時はドバッと使う。 僕の場合その高低差が激しい。 要らぬ出費は抑えて、ちょっとでも出費が削ろうとする。 一方、欲しいものがあればバンと使う。 少し財布の紐がゆるくと言うか、紐が紛失してしまう時がある。 一応月に使うお金は決めているものの、限りはある。 無駄遣いではないと自分に言い聞かせてる。 今は外に飲みに行くお金が不要なので、それで持っているところもある。 自分の中では後悔していないのだが、省みる必要もあるかもしれない。 お金は天下の回りものというが、回ってくるのを期待して、待ってみよう。そして倹約生活に突入するのもありかも知れない。

  • 14Sep
    • 【婚活】婚活で気を付けたい事

       2021.9.14 仲人型の結婚相談所に入会される方は、アドバイスをしてもらえる仲人が担当につく訳ですが、それを十分に利用できるかどうかで、婚活の流れは変わるでしょう。何よりも第三者の視点であり、自分1人で行き詰ってしまう時や自分の活動が十分なのかどうか確認する意味でも、仲人の意見は貴重なものになります。 そして、的確なアドバイスを貰うためには、詳細な情報を仲人に伝える必要があります。通り一遍の報告で済ませてしまえば、仲人も通り一遍のアドバイスしかしようがありません。 どんなお店に行ったか。どんな話をしてどんなリアクションだったか。相手はどんな話題を振ってきて、自分はどのように答えたか。相手と自分が話をしていた割合はどれくらいか。相手にどんな質問をして、相手はどう返答したか。相手はどんなタイプだったか。など。仲人が客観的に判断できる材料として情報を共有する事は大切です。 そして、報告はすばやくする習慣も必要です。後回しにする習慣がついてしまうと、自分の情報の鮮度も落ちてしまいます。次に向けて作戦を練るために、仲人との円滑なコミュニケーションが大切です。 しかし、自分で考えて活動したいという方であれば、仲人型よりは、データマッチング型の結婚相談所の方が、良いかと思います。担当は百人単位で会員を持っていて、会員の方からアクションを起こさない限りアドバイスは基本的にはありません。自分のペースで活動します。成婚まではサポートしませんから、交際の展開も自分次第です。サポートが少ないため、仲人型に比べ安価です。 自分の取り組み方次第で、利用する結婚相談所のタイプを選ぶことが大切です。分からない時は資料請求も良いかと思いますが、資料は良い面しか書いてないので、実態はつかみづらいかも知れません。そうであれば、無料相談に行ってみて、リアルに疑問点をぶつけてみるのも方法です。 大手は勧誘が強い場合があります。逆に個人の結婚相談所は勧誘はしないもしくは弱めの所が多いです。情報だけ取りに無料相談を受ける事もありです。今はZoomで面談するところも多いので移動等の手間も省け、自分の家でリラックスして面談する事ができます。 何においても情報は大切という事ですね。

  • 13Sep
    • 文明の利器

       2021.9.13 文明の利器として、僕が今一番僕が使っているのはネット検索である。本当に便利で、わからない事や知りたい事は完全に検索に依存している。検索のない人生も特には大丈夫だと思うが、困りごとを瞬時に解決するその能力は抜群に便利である。 それでもまだ必要な情報を調べ切れていないと思っている。調べるためには周りに対して常に疑問を持っておく必要がある。特に問題のない生活を送っていれば良いのだが、もっと便利だったりお得だったりする事も、知識として仕入れておく事は有用だと思う。 難点は情報が多すぎる事だ。検索にも技術というか慣れというか、そういうものがある。検索上手な人はサクサクと情報を入手する。無駄がない。逆に時間をかけてしまう人もいる。だらだらとそこで時間を取られては大きなロスになってしまう。 ネットで得た情報が全て正しいとは限らないし、明確な答えのないものも多い。例えば健康とか栄養とか病気に関する事は、憶測の情報も多く、明確な答えが得にくい。そういう場合はやはり専門家の意見を聞きたいところではある。 知っているべき一般常識も、調べる事ですぐにわかる。 あとはアレクサは便利というかすごい。兄の家にあるのだが、これは昔テレビで見たような、未来の便利ロボットを彷彿とさせる。ロボットは体を動かす必要があるが、アレクサは頭脳である。分からない事はアレクサに聞いて、教えてくれた時には感動が生まれる。アレクサの能力の高さを見せつけられるちょっとした驚きが得られる。 まだまだ知らない事が多い。便利グッズも沢山あるだろう。飽きの無い世の中である。

  • 12Sep
    • 【婚活】行動の早さが分かれ目②

       2021.9.12 いざ結婚相談所に入会すれば、お見合いを組む事から始まります。もし、相手からのお申込みがあれば、なるべく早めに返事して、また自分んが申し込もうとした場合は、テンポ良く申し込みを行っていく事で出逢いのチャンスは増えていきます。 その時に、日頃の忙しさや気持ちがのるかどうかを言い訳にして伸ばし伸ばしにならないように。お見合いは第一歩です。期限をつけて成婚の目標を立てたのなら、スピード感は必要です。 そして、お見合いでは、どういう内容の話をして、相手はどんなリアクションだったか仲人に速やかに伝えれらるかどうか。勿論伝えた内容次第で交際へ進めるかどうかが決まる事はありませんが、もし、交際OKとなればどこが良かったか、お断りであればどういった理由が考えられるか、第三者の目線で理解する事ができるでしょう。それが次回以降のお見合いに生きてきます。 そしてお付き合いが始まってからも、仲人とのコミュニケーションをスピード感を持って行うこと。そうする事で仲人との信頼関係が生まれ、生きたアドバイスが得られます。 そして、お付き合いを進めていくうちに、多忙な相手であればなかなか時間が作れなかったり、短い時間しか取れない事もあるかも知れません。その時、もっと時間を取ってもらうよう求めるのか、相手のペースに合わせる事ができるか。 本当にその人と交際を続けたいなら、相手のペースに合わせるべきでしょう。そしてそれに自分が我慢できるか。どうして相手に合わせるかというと、結婚してからもその忙しさがついてまわるからです。結婚しても相手の仕事量は変わりません。結婚後も同じです。 勿論自分の意見も伝えるべきです。そしてそれが耐えられそうになければ、合わなかったと諦めお付き合いを終了させるべきでしょう。結婚はスタートであり、ゴールではありません。幸せな生活を共に送るための気持ちの擦り合わせが必要です。 スピード感を持って活動し、お互いの理解を含め将来を思い描く。そのために仲人を有効活用する。それが結婚相談所での活動を進めていくポイントとなります。

  • 11Sep
    • ブログを続けて2年半

       2021.9.11 2019年3月から、ほぼ毎日ブログを書いて、今日で913本目になる。このペースで行くと、年内に1000本を達成する見込みである。当初は結婚相談所とブログは親和性が高いことから、取り組んでみようと思って始めた。しかし、これとは別に、ホームページにもブログを書いていたので、婚活関連ではなく、プライベートな面を書こうと思って当初は投稿していた。 かなり突っ込んだ内容もあり、また、僕の考え方に関する内容も多く、既に婚活とは全く関係の無いモノになっていった。 周りに読者がいて、面白かったよと言ってもらえて、このノリでいいかと思って続けた。 しかし、最近は書く内容も攻めよりは守りに近いものになってきている。ネタが少ないからとも言える。それでも読んでくださっている方には感謝の気持ちで一杯である。 そして、5月中旬からはホームページのブログを一旦止めて、その分2日に1回婚活ブログをアメブロに書く事にした。とうとう結婚相談所の色をアメブロに出すこととなった。 かと言って反響があったわけではないのだが、一度やると決めたからには、このペースを持続していくつもり。 普通のブログも婚活ブログも、どちらも書くのに苦労するのだが、これが何かの形で成果になればいいなと思っている。すでに読者がいる事自体が成果となっているが、もっと広がればいいなとも思っている。 とりあえず、徒然なるままに書いていこうと思う。 読んで下さっている読者の皆さんありがとうございます。

  • 10Sep
    • 【婚活】行動の早さが分かれ目①

       2021.9.10 婚活に限った話ではありませんが、行動の早さが結果を分ける時があります。結婚相談所であれば、相談所を探すところから婚活時間はスタートしています。 まず、どこの相談所にするかを選ぶ。友人知人の紹介であれば、具体的にどこかは明確になるでしょう。一方で、自分で探すとなると、決定するまでの時間は大きく差が生じます。 集中してネット等で情報を仕入れて、速攻で無料相談を予約する。日程も早めに押さえる。必要があれば数社で無料相談を受けて選別する。そして早めに返事をして決定する。 一方で、情報はネットに溢れており、結婚相談所の選び方をまず調べて、それから多くの相談所の情報を入手し、選ぶのに時間がかかって、それからやっと面談の予約を入れる。そこまでに1ヵ月ほどかかる人もいるでしょう。日頃忙しくて先延ばし癖のある人なら2~3ヵ月かかるかも知れません。 そうして相談所を決めてから、書類を集める必要があります。これも気合いを入れないとずるずると時間が過ぎてしまいます。手配すべき所に申し入れて、なるべく早めに集める必要があります。 そうして、実際に相談所で活動を開始するのに、1ヶ月以内に動ける人もいれば、3ヵ月・半年とかかる人もいるでしょう。大切な時間をそれだけ使ってしまうことになります。 今が一番若いと考えれば、なるべく早く行動する事が大切でしょう。↓京都はんなり婚活塾のホームページです。婚活に役立つ様々な授業があります。kyoto-hannari.com  

  • 09Sep
    • 【婚活】気になる事の擦り合わせ

       2021.9.9 婚活をしていく中で、意中の人と関係を築きながら、確認しておきたい事項はいくつか出てくると思います。通常の恋愛であれば話に上らなかった内容も、いざ結婚となると確認が必要になってきます。 まず、仕事について。基本的に男性の仕事場は変わらないようにすると考えられますが、女性の職場事情について、どうするかという話合いが必要になります。仕事を続けるのかどうか、転職する事になるのか、居住地はどこにするのかなど。現代において、専業主婦という選択肢よりも、共働きを目指す夫婦は多いでしょう。 家族はどうするか。同居するかどうか。相手の家庭に対して理解できているかどうか。あまり突っ込んだ話しをしないでおくと、相手の家族事情を知らぬまま結婚する事もあり得ます。 お金について。どれくらい貯金があるか。投資などはあるのか。なかなか切り出しにくい内容かも知れませんが、将来の生活に関わってきますから、確認しておくべきでしょう。 また、生活費はどうするか、財布のひもは誰が握るか、お小遣いや貯金はどうしていくか。曖昧にして結婚してから考えるとなると、もめる事もあるかも知れません。お金の問題はシビアに考えた方が良いでしょう。 相手の仕事に転勤などはあるか。これは早い段階で確認しておくべきだと思いますが、転勤があるのとないのとであれば、女性からすれば非常に大きな違いが生じます。男性は仕事に集中して、その点の配慮が少ない人は多いです。知らない土地についていけるかどうか気になるところでしょうから、確認しましょう。 結婚式はどんな規模でするか。どこでどれくらいの予算でどういった形の結婚式を行うか。0から考えるケースもあれば、どちらかが既に結婚式のレベルを想定している事もあります。食い違いの無いよう、確認が必要でしょう。

  • 08Sep
    • 色んな人

       2021.9.8 僕の周りには色んなタイプの人がいる。それを大きくくくると、同い年やもといた会社の先輩後輩、Twitterのフォロワーさん(主に経営者やビジネスマン)、その他になる。 同い年の友達は、mixiきっかけで今もリアル友達としてお付き合いしている。Twitterは去年の2月から始めて今のところ1500人のフォロワーさんがいる。それ以外は会社関係やジモティとか、何らかのイベントで知り合った人達。 その中でもTwitterは異質で、日常ではまず交わることのないであろう人達と交流している。まぁいいねつけるくらいだが。 たまにフォロワーさんとリアルで会うこともある。僕の友人は結構リアルで会っている。そういうコミュニケーションを図るという側面を持っている。 そうやって色んな人と交流して、リアル友達や先輩後輩とは楽しく遊んだり、SNSでは自社をアピールしたりもしている。 色んな形があるが、人とのご縁は大切にしたいと思っている。それは財産と言えるだろう。

  • 07Sep
    • 【婚活】中途半端な婚活はお金も時間も無駄になる

       2021.9.7 結婚相談所で活動する場合、費用と時間を要します。半年以内・1年以内と目標を立ててご成婚を目指すわけですが、なかなか思う様に進まなければ、時間は過ぎて行ってしまいます。 仲人との初回面談(入会を決めた後の最初の面談)で、どんな方とどれくらいの期間で出逢い結ばれて成婚退会するか目標を立てます。その時、目標はあくまで目標だからいつでも変更できると、できるだけ良い条件の人との出逢いを望もうと思ったとしたら、どうでしょうか。 確かに目標は変える事はできます。しかし、目標を変えるという事はそれまで使った時間をロスしてしまうという事になります。また、それまでの自分の活動に対して後悔する事もあるでしょう。気持ち的にも時間的にもマイナスという事になってしまいかねません。 では、どうするか。それは、自分の望む相手を目指す事の難しさがどれくらいなのかを最初に考えるという事です。そのために、仲人がアドバイスをしてくれます。 システムを使って単純に検索をするだけでは、何万人という会員の中から選ぶので、必然的に多くの人がヒットします。ですが、この数字だけを見て、確率が高いかどうか、そのさじ加減は自分ではわかりません。 理想を相手に求める時、自分もそれに見合っているかどうか。例えば、相手に求める条件が10個あれば、それに見合うだけの自分の魅力が必要です。 そういう、現実的な点を踏まえた上で、自分がどんな条件を求めるのか、いつまでに成婚するか、覚悟を持って目標を立てます。つまり中途半端なものではなく、目標に自己責任を持つのです。それがやる気へとつながり、頑張れるのです。最初が肝心です。

  • 06Sep
    • ビールを飲みたいものの

       2021.9.6 京都は雨の日も多く、晴れても30℃弱の日が続いて、夏らしさは終わりつつある。そんな中でも、ビールでも気持ち良く飲んで、軽く酔っぱらいたいものの、緊急事態宣言のため、お店で飲む事はできない。 となれば家飲みになるのだが、最近お酒が強くなったのか、500ml2本では酔わなくなってしまった。そうなると、3本目に行くか、経済的に安くてアルコール度数の高いサワーにするか、酔うのを諦めるか。 缶ビールの値段もそれなりにするので、少ない量を美味しく飲むという事で360ml1本でやめる事も最近は多い。安上がりで体にも優しいとも言える。 外なら思いっきり飲めるが、家だと、このように幾つか選択肢が出てしまうので迷ってしまう。 昔、発泡酒を家で500ml✕6本飲んで、1人でべろべろに酔っぱらった事が度々あった。飲むごとに気持ち良くなり、色んな人に電話をかけたりしていた。非常に迷惑な話である。 もともとお酒を飲む事が下手くそで、人に飲まされると度を越してベロベロになり、ミスを犯す事も度々あった。今はいい大人なのでそういう事はないが、お酒に飲まれないようにいつでも気を付けなければいけない。 いつか自由に外でビールが飲める日を待ちつつ、ちょっとだけ晩酌をしよう。 

  • 05Sep
    • 【婚活】時間の作り方

       2021.9.5 お見合いを終え、仮交際へと進む事になって、最も重要な事はお相手と会う頻度です。単純接触効果という言葉があります。会う機会が多ければ多いほど親密になれるという法則です。 会う回数を増やす、つまりデートをする回数を確保する事。目安は1週間以内に1回。何日も間を空けてしまうと、他人に逆戻りしてしまいます。そもそも、仮交際へと進む要素が、生理的に嫌じゃなければとりあえずもう一度会ってみようという動機から始まっている人もいるわけですから、お見合い後の印象を良くして関係を深めるためにも、次のデートは早めに抑えておく必要があります。 そうは言っても忙しくてなかなか時間を作れないという人もいるかもしれません。しかし、それでは現状は変わりません。仕事の都合も全くつかない事は無いでしょう。隙間時間に少しでも会う。ランチでもお茶でも短時間でいいので会う工夫が必要です。 お互いが時間を作ろうという意志がなければデートは成立しません。相手がなかなか時間を作ってくれないのであれば、脈は無いと考えても良いでしょう。お互いじっくり恋愛をするために相談所に入ったわけではないですから、共通認識として時間は限れていると思わないといけません。 シフトの仕事などで、なかなか平日しか休めないのであれば、相手の方に都合をつけてもらう。デート調整はお互い様です。そのやり取りに誠意が見られれば問題はないでしょう。 交際相手が、自分以外ともお付き合いしている確率はありますし、他の人とお見合いをしている可能性も十分考えられます。そういう点でも、選ばれる自分になるために、会う工夫が必要です。

  • 04Sep
    • 便利な世の中に取り残される

       2021.9.4 以前One Driveについて書いたが、世の中便利になっているのにその情報に取り残されている。時代はすごい速さで流れている。情報は莫大な量となってさらに膨らんでいている。知らない事が多すぎる。 もうそうなると、どこから手を付けたらいいのかわからない。が、そんなパニック状態になっても仕方がないので、新しく聞いた事見た事はとりあえずGoogleで調べるという基本姿勢を崩さない事。知らない事は知らないと恥ずかしげもなく人に聞く事。特に常識と言われる既出の情報について、知ったかぶりをすると余計状況を悪化させるかも知れないので、正直に聞く事。 Googleに頼りすぎて逆に混乱する事もあるので、シンプルに人に聞く事。そして知った知識は周りに伝えてアウトプットして身に着ける事。 知らない事は多い。自分の生活には不要と思われる事もある。しかしどこでどうつながるかわからない。SDGsという言葉は、初めて聞くまで全然知らなかった。その時は、今流行りの言葉ですよと言われた。なるほどと思った。 VYONDという言葉も初めて聞いた。簡単に言うとアニメ動画制作である。プロフォーション材料として使われる。 コロナばかりに目を奪われていると、色んな知識が漏れていく。必要な情報は選択しなければいけない。

  • 03Sep
    • 【婚活】男性のアピールが強すぎて引く時

       2021.9.3 情熱がある事は、自分が盛り上がっている訳ですから、とても前向きで充実しているかとは思いますが、婚活は相手あっての事ですから、度が過ぎると引かれる場合があります。そもそも婚活においては、女性と男性の気持ちの盛り上がりを比べると、女性の方がスロースターターで、男性はトップから始まる傾向があります。 お見合いを組めた時点で、相手は自分に好意を抱いていると勘違いする男性がいます。勿論嫌じゃないからお見合いをする訳ですが、会ってみないとわからないのでOK返事をする女性は多いでしょう。  やる気や熱意をある程度セーブしないと、良い印象を与える事ができません。例えば、お見合いの場で大きな声で会話をする。周りにお見合いをしていると思われて女性が恥ずかしい思いをする事があります。ある程度落ち着いたお店を選んで、ある程度のトーンで話せるお店でお見合いをした方がよいでしょう。 自分の親の話や、結婚後の生活の話をする。勿論結婚は当人同士だけではなく、親兄弟も関わってきますが、まだ会ったばかりなのに親の話を出したり、結婚後の話をされてもプレッシャーになってしまいます。まずは二人の相性を見ていく段階ですから、焦らないように。 自慢話や武勇伝を語る。その人の魅力なのですから、素晴らしい経験もあるでしょう。しかしながら人間は、相手の自慢話を一方的に延々語られると、拒否反応を起こします。自分の事しか話さないで相手の事は聞こうとしない、ナルシストなのかと思われるかも知れません。自慢話がハマればいいのですが、外れた時のダメージは大きいので気を付けましょう。 上から目線でモノを言う。人生の経験や知識・観察力などを持っていて、相手がどんな人かわかるという思い込み。勿論本当にわかる人もいるでしょう。しかし問題はその事をズバズバと相手に伝える事です。相手は頼んでもいないのに何でそんな事を決めつけられなければいけないんだろうと不快に思われる場合もあるでしょう。 お見合いは婚活の第一歩。焦らず自分ばかり主導権を握って話しまくらず、かといってズバズバと失礼な質問をせず、お互いを少しずつ知る機会と捉えて臨みましょう。↓京都はんなり婚活塾のホームページです。婚活に役立つ様々な授業があります。kyoto-hannari.com  

  • 02Sep
    • ラッキーと思うクセ

       2021.9.2 人に何か指摘をされた時、落ち込む事がある。落ち込む時は強くストレスを感じたり後悔の念が浮かんだりして、マイナス思考になってしまう。自分に非が無くても何か落ち込む出来事があって気分が沈む事がある。 しかしながら、起こった事に対して、もしラッキーと思えたらどうだろうか。自分のミスを教えてもらう事により、次はそうしないように思えたり、成長できるチャンスだとありがたく思えれば、気持ちはプラスに向かう。落ち込む出来事があったら、危なくもっとひどい事になるところだったと、被害が大きくなる前に知れてラッキーと思う。 危ないツイてる。ありがたい。そう思えるかどうか。後悔と反省の違いとも言える。過去に執着してしまう事が後悔で、未来へと生かそうという考えが反省である。 特に新しい事を始める時はミスがつきものだ。マニュアル化されている事であれば、そのマニュアル通りに進める事が最善だが、抜け漏れがあったり、臨機応変に対応しなければならない時、ミスをする事もあるだろう。 しかし、誰しもがミスをするものだ。ミスが発覚すれば、次は気を付けようと意識ができるし、そういう経験を積む事で心に余裕も生まれる。 全くの新しい事を始めるのであれば、手探り状態で何が正しいのかもわからいだろう。トライ&エラーの繰り返しになるかも知れない。失敗をする事で新たな経験を得て、手数を増やしていく事が成功へとつながるだろう。 過去にとらわれず未来を向く。