骨髄幹細胞培養液1ヶ月後。 | 高瀬聡子オフィシャルブログ『女医として、母として、女性として。幸せに全力疾走』WOVEクリニック中目黒

テーマ:
骨髄幹細胞培養液をダーマシャインで皮内に注入してから1ヶ月が経過しました。
自分的には所謂レーザー系の炎症後のハリ感というよりは、中の細胞が活性化されてハリがでている実感があります。スタッフがみても「先生皮膚にハリが出ましたね」と言われています。

実際の皮膚をみてみると、、、


施術前
{ADA1EB54-449B-4E69-A18D-0236789E8A97}


1ヶ月後
{BC418C4D-E874-4F5E-A652-5359F2B5AD84}


中からハリが出ている感じは写真ではわかりませんが、サイトカインによる抗炎症効果で赤みが改善しているのがわかると思います。

あとはダーマシャインで入れたヒアルロン酸の効果で、水光注射の名前の由来にもなっている肌が水を含んで光を放つように光っているように変化しています。

水光注射も、骨髄幹細胞培養液も三回を目安に行っていただくと効果的です。




woveclinic-akikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります