星矢SPの考察記事です。

今回のネタは、

 

不屈ループ。

 

不屈ループとは解析上、

 

連続演出失敗毎に不屈ptが5pt以上溜まる状態がループする

 

という状態を指します。

 

が、

 

僕はこの解析は間違っているのではないかと予想しています。

 

間違っているというか、これは表現であって、

 

内部的には違うことが行われているんじゃないか、

 

という説を立てています。

 

その理由を説明していきます。

 

まず、1点目に、

 

他の不屈pt獲得契機と比較して仕様が不自然だから

 

です。

 

他の不屈ptは内部的な状態を参照して、一定のタイミングかつ一度きりの吸収を行っています。

 

小宇宙ptガセ時・再点灯ガセは、実践上小宇宙ptがMAXになった時or再点灯時の強レア役入賞時。

 

ゲーム数ハマりは、その特定のゲーム数到達時。

 

前作にしかなかったものでは、GB初戦負け時があり、初戦負け確定のGBラストゲームor次ゲーム。

 

それぞれ固定のタイミングで、一度きりの獲得です。

 

ですが、不屈ループはどうでしょう?

 

他の契機がすべて内部状態を参照して固定のタイミングなのに、不屈ループは演出対応です。

 

しかも、一度の前兆中に複数回発生することもあり、そのタイミングは不定です。

 

手順としては、

 

内部状態を参照して演出を決定

その演出が実際に液晶に出た際にその演出を参照して獲得

 

となっています。

 

演出対応ということは、同じ数の強レア役・スイカ・小宇宙MAX・ゲーム数前兆を踏んだとしても、それぞれの重なり方やタイミング次第で不屈を獲得できるタイミングも回数も違ってきます。

 

演出が書き換わったりすることもあるので、実際にその連続演出失敗が出た瞬間に内部的に不屈獲得処理を行う必要があります。

 

他の獲得契機と比較して明らかに異質であり、下手をすればバグの温床にしかならないような不自然な仕様です。

 

制作者目線で考えてもこんな仕様は避けたいと考えると思います。

 

単に、「既存の獲得契機で獲得する最小ptが5ptになる状態がループする」とか「火時計消灯時・ゲーム数前兆ガセ時に必ず不屈を獲得する状態がループする」とかいう仕様でいいと思いませんか?

 

根拠というには不十分な理由ですが、これが1点目の理由。

 

2点目は、

 

挙動や初期不屈ptとの絡みが不自然だから

 

です。

 

これは、僕の実践上ですが、

 

・不屈ループは、1回で終わるか、極端に長く続くかの両極端である

 

・不屈ループと初期高不屈ptが被らない

 

といった挙動が見られます。

 

僕の稼働域の低設定メインのホールでは、朝一orAT後に不屈ループが出ても、最初の1回で終わりということがほとんどです。

 

かと思ったら、いきなり5回も6回も極端に長くループしたりします。

 

また、実践上不屈40pt以上ある状態からスタートして不屈ループがあったことがありません。

 

そういう振り分けだと言ってしまえば済む話かもしれませんが、あえてこんな仕様になっている意味もよく分かりません。

 

普通に段階的な継続率振り分けで、不屈40以上と重なる熱いパターンもあっていいだろうと考えるのが自然だと思います。

 

といったところが2点目。

 

で、この2つの理由を元に、

 

じゃあ、不屈ループって一体なんなの?

 

といった結論を僕なりに予想すると・・・

 

不屈ループは初期不屈ptを演出で見せているだけではないか?

 

という予想になります。

 

例えば、初期不屈が30なら、最大6回連続演出失敗が出るまで不屈中吸収演出を演出として出す。

 

これなら、ただの演出なので内部状態の処理を一切絡めなくてよく、複雑な処理パターンになったりバグの原因になったりもし辛いです。

 

よって、1点目の不自然さはやや解消されます。

 

次に2点目の、ループ回数が両極端であることについてですが、

 

実践上、初期不屈ptの振り分け自体が極端なように思います。

 

大吸収を出しても、中吸収を出しても一向に不屈小すら出ないといった状況が滅茶苦茶多いです。

 

その割に、最初から小漏れが出ることは結構あります。

(高設定程多い印象。最初からMAXもある)

 

なので、初期不屈は0~10か40~50みたいな極端な振り分けである可能性が高いと考えられ、すなわち不屈ループのループ回数も極端になるのが道理であると言えます。

 

初期高不屈と不屈ループが被らない理由については、不屈ループ演出が終了するまで不屈漏れによる示唆を出さない処理にしているとか、不屈ループによる吸収演出ではそもそも漏れ示唆が出ない仕様にしているとかが考えられます。

 

 

といったのが、僕の不屈ループに関する独自考察になります。

 

ぶっちゃけ結構無理矢理な気もしますが、解析通りの不屈ループの仕様でも結構不自然な気がしています。

 

僕の以上の予想が当たっているかどうかはともかくとして、少なくとも何かが解析通りではない、あるいは解析に+αの何かしらの仕様が色々とあるような気はしています。

 

ちなみにこの予想が当たっている自信は10%程です。

 

今後新解析が出たり、実践挙動データが出揃ったりしないと何とも言えないですが、不屈ループは仕様によっては狙い目になる可能性もあるので、今後も観察対象にしていきたいと思います。

 

では、今回はこの辺で。

 

ツイッターもやってます。

https://twitter.com/SLOT91727192

 

星矢プロの人は火時計をプッシュ!


火時計を押せ!