「JUNIOR WORLD CUP JAPAN BRAZIL 2015 (U-12)第一回」が2017/5/17に行われました。

元マンチェスター・ユナイテッドの選手で、
現在の日本代表GKコーチのリカルド・ロペス氏(サッカーキング→http://www.soccer-king.jp/…/j…/national/20150312/290371.html
Wikipedia→http://ja.wikipedia.org/…/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83…)が、
が大会審判等のお手伝いに来られていて、
子供達と一緒に、また自分も個別に記念写真を取らせて頂きました。
子供達にとって、また自分自身にとってもい
ろいろと貴重な経験が出来きたものと感じています。


3年生~6年生、計11人で参加させて頂きました。
トーナメント初戦で20点以上の失点&無得点。
2試合目のフレンドリーの試合は、6点ほどの失点&1得点でした。
諸事情で14歳の選手のいるチームと試合をさせて頂きました。

 

年齢差のある状況を愚痴る選手は1人もおらず、
最後まで足を止めることなく各選手、全力で頑張り続けました。
サッカー技術に自信を持っている選手にとって、
プライドを打ちのめされた中でも自身の成長に必要な課題を確認し、
2試合目で新たなチャンレンジをして、また今後の新たな課題の確認をしつつ、
1得点&失点を減らせた結果は自信にも繋がったのではないかと感じています。

 

 


両チーム関係者の方々のみならず、
この大会を通して沢山の出会いもありました。

本番のにんにくの効いたシュラスコ、美味しかった~(^^)
選手達も食べてました。


そのにんにく&お肉パワーが2試合目頑張れた選手達の貴重な源ともなったのだと感じています。

 

旧えび~にゃFC

 

「2015年 第1回光・食・文化の祭典~Ayase Base side Festival」参加時の様子

 

ワールドサッカークリニック

https://worldsoccerclinic.jimdo.com