「ワールドメイトの実態」の嘘 1 | 三輪厳島道-深見東州とワールドメイト-ワールドメイト会員のブログ

三輪厳島道-深見東州とワールドメイト-ワールドメイト会員のブログ

ワールドメイト現会員のブログです。ワールドメイト現会員が書く、ワールドメイトと深見東州先生(=半田晴久氏) の活動について、お話しするブログです。ワールドメイトは、福祉などの公益活動が盛んな宗教法人です。


テーマ:
 ワールドメイトの実態、という嘘だらけのアンチサイトがあります。管理人は、ワールドメイトの会員として在籍したことはない人物で、ワールドメイトについては全く理解していないようです。

 それにしてもワールドメイトに入会したこともないのに、ワールドメイトのことを叩く理由とは何なのでしょうか?ある夫婦者が、以前からワールドメイトに対して悪意のある工作をしているという話もありますが。

 この、『ワールドメイトの実態』というアンチサイトの特徴は、中身が非常に悪質な嘘・いつわりだらけである、ということと、断章取義だということです。要するに読者に誤解を与えたいということであり、悪意のあるしかけだらけのサイトだということなのです。

 会員なら誰でもわかるのに、なぜ、このように明白な嘘ばかりを書くのか、はっきりいって異常です。

 例えば、会員をこんなふうに脅しているという一例として、メルマガの本文中から文を一つだけ抜き出して貼り付けたりしています。

 しかし、決してその一文の前後を含む長文を貼り付けることはしないのです。なぜなら、メルマガの全文をちゃんと読めば、全く脅しにはならないことがはっきり分かってしまうからです。

 これは、ワールドメイトが皇室を誹謗しているなどと主張している部分にも同じように当てはまる話で、このサイト上の文言のすべては明白な捏造、虚偽だということに尽きます。ワールドメイトでは皇室がいや栄えるようにいつも祈っていますからね。

 こうした、全体の中の一部分だけを抜き取って、自分の主張に合うよう都合よく流用することを断章取義といいます。自分の主張にあうフレーズだけを抜き出して、本来の本文の主旨とは違っていることを隠しながら、強引に自分の主張に結びつけるわけです。

 アンチのやり方は、どのサイト、どのブログを見てもこうした断章取義ばかりです。ワールドメイトのビデオ教典をどれでもいいのでどれか一本最初から最後まで見るとか、あるいは定例講演を最初から最後まで聴いたりとかすれば、アンチの主張がまるきり虚偽であるということがよく分かります。

 ワールドメイトに入会したこともなく、一切ワールドメイトに確認することも当然していないので、いかにも見てきたかのような嘘を、いかにも本当らしく断定表現で書いていますが、それこそ完全なやらせで、本当のことは一つもありません。

 また、「精神に異常をきたした会員」などというページで、うつ病の人をワールドメイトでは、「スター」などと呼んでいると書いていますが、そんな事実は一切ありません。『ワールドメイトの実態』というホームページは、何もまともに調べたりすることなく、当然何も事実確認をしないで、断章取義によって何もかも事実をねじ曲げてしまって虚偽ばかりを書いている、最低最悪な嘘サイトだといえます。

 会員なら誰でもすぐに分かることですが、ワールドメイトの会員数が増えるのを妨害したいという意図が丸見え・見え見えです。どこかの某組織にでも協力してるのではないでしょうか。

 裁判記録と称して、あれだけの記録が貼り付けてあるということは、必ず、組織的に提供されているということなのです。あれだけの資料を個人で集めることはできませんからね。

 この「ワールドメイトの実態」を見て不安に思っている人がいたら、世間の裏では私が先に述べたようなことがいくらでも起きているのだ、ということで認識を新たにしていただきたいと思います。悪意をもってワールドメイトの活動を観察・監視・把握して、隙あらばつけ込んで悪意のある噂・中傷を拡散したいと狙っている輩がいるのだ、ということを知っていただきたいと思います。

↓応援お願いします。1回クリックしてね

ブログランキング
ブログランキング

worldmateさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス