怒りがスーッと消えたのはなぜ? | ゆきまるの心と体を繋ぐブログ〜千葉大網白里九十九里〜

ゆきまるの心と体を繋ぐブログ〜千葉大網白里九十九里〜

初めまして。
荒井雪子といいます。

気がついたらリラクゼーションやエステなど、人の体に携わり20年以上たちました。
これからは、心と体の繋がりを求めて、日々の気付きを大切にしていきます。

ゆきまるです。

今日はとても不思議な体験をした。
怒りは、急になくなった感覚に。

今日は仕事が休み。
午前中のうちに、昼ごはんを作って後でまだ温めようと、ダイニングテーブルの上に置いた。

買い物から帰り、お腹もかなり空いていた。

だが、テーブルの上に置いた昼ごはんがない。
おかしい、もうすぐにでも温めて食べたいのに…困った。

家族(母と妹)に、昼ごはんをどこに置いたか聞いたら…
妹が「冷蔵庫に入れた」と言ってきた。
私は「そんな事しなくていいのに」と一言返した。

私の気持ち。
冷蔵庫に入れて欲しいなんて頼んでいないのに、大きなお世話だ。
本当に家の家族は余計な事をするから、放っておいて欲しい。
私は、帰ってからすぐ温めて食べたかったのに。

その後、家族への怒りのメモに「今後、私が作ってテーブルに置いたものは一切触らないで欲しい」と紙に書いて所に貼った。


ご飯を食べ終わり片付けを始めた。
急に怒りがスーッと抜けた。
えっ!この感覚はなんだろうか?
そしてさっき家族に向けて書いた怒りのメモ書きした事がすごく恥ずかしくなり捨てた。

なんで急に怒りが引いたのか未だに不思議。

妹は、腐らないように冷蔵庫に入れただけなんだけど。

それにしても、あの怒りが抜けた体験は貴重だ。

当たり前だが、人は思った通りにいかないと怒りを感じるのだ。

読んで頂きありがとうございます。