水垢落とし剤で変色してしまったステンレスシンクを元に戻します | エアコンクリーニング、ハウスクリーニングのワールドクリーナー 

エアコンクリーニング、ハウスクリーニングのワールドクリーナー 

化学を学んだ経験を活かして汚れの種類と洗剤の相性を見極め、日々お客様のお住まいをキレイにすることに没頭しているハウスクリーナーのブログ。お客様に喜んでもらいたい。笑顔を見たい。そして満足感を共有したい。そのために頑張っています。


テーマ:

皆さま、こんにちは。

 

日毎お日柄も良くなり、外出する足取りも軽くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

私も先日の日曜日にBBQに行って参りましたが、寒からず、暑からず、火を扱うにはちょうど良い気候で、他のグループも沢山来ておりました♪

 

さて、体もサクサク動くようになってきたところで(?)、本日はキッチンのステンレスシンクのメンテナンスについて。

 

ステンレスシンクって新品から使い始めて、割と短期間のうちに水垢が目立ってきます。

 

新築の時はあんなにキレイだったのになぁ(´Д`)ハァ…と、ネット通販などで売られている水垢落とし剤を購入される方、結構いらっしゃると思います。

 

それらは数百円で販売されている【クエン酸】や【お酢の力】などとは違い、お値段もちょっとお高めです。

 

その分、効果は高そうに思えますね。

 

実際、その通りでクエン酸などよりも効果はあります。

 

効果が高いということは、クエン酸などよりも、もっと強い酸性の液体で出来ているということです。

 

水垢はカルシウムが主成分なので、より強い酸の方が良く溶ける、つまり良く落ちるという理屈です。

 

しかしながら、酸性の液体というのはカルシウムだけでなく、同時に他の金属とも化学反応を起こします。

 

つまり、ステンレス製のシンクであれば、水垢だけでなく、シンク本体とも化学反応を起こす訳です。

 

ですので、それらのちょっとお高めの水垢落とし剤を使うとシンクが変色してしまうことがあります。(お酢やクエン酸であっても若干の化学反応は起きます)

 

こんな感じで黒ずんでしまいます。ステンレスが酸化してしまった状態ですね。これ、結構あるあるパターンで使ってみた方から「何とかなりませんか?」とお問い合せがちょくちょくあります。

IMG_8928

 

こうなってしまうと、キレイにするには研磨して酸化している部分を削り落とすことになります。

 

イメージとしては表面を一皮剥いてあげる感じですね。

 

研磨して一皮剥くと言っても、やみくもに擦れば今度はシンクが傷だらけになってしまいます。

 

当社で行っているサービスの一つ、再生研磨であれば傷が付くことも無く、このように元通り☆彡

IMG_8931

 

ん?撮影が下手でちょっと分かりずらいですね。

 

別の部位の画像を。こんな感じで変色してしまったシンクが・・・

IMG_8929

 

こんなふうに戻ります♪

IMG_8930

 

実際、水垢が相応に目立ってきたシンクを市販の水垢落とし剤でキレイにするのは難しく、なかなか理想通りには行きません。

 

繰り返しになりますが、酸性の液体は水垢を溶かすのと同時にステンレスも攻撃しますから、水垢だけ落としてシンクには何も起こらないということは無いのですね。

 

その逆に、シンクが攻撃されないようにすべく、酸性度を弱めれば、または、水垢落とし剤を塗っている時間を短くすれば、今度は水垢も落ちないということになります。

 

当社の再生研磨をご利用いただければ、そんなリスクも無くスッキリとキレイになりますので、シンクの水垢が気になっている方は是非ぜひご利用下さいませ。

 

作業の全体的な概要はホームページ、ステンレスシンクの再生研磨にあります。

 

それでは、また、よろしくお願いいたします。(^_^)/

坂井宏明 ワールドクリーナー店長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ