男子はなんでも実験して育つ | 成城 二子玉川 他 ママとキッズの為の出張ワークショップサロンcomo?のブログ

成城 二子玉川 他 ママとキッズの為の出張ワークショップサロンcomo?のブログ

ママとキッズのためのワークショップサロンです。様々なジャンルのハンドメイトWSを開催。WS詳細はこちらのブログでご案内しています。
企業・商業施設様主催ワークショップ企画・開催も多数承っております。詳しくはプロフィールをご覧ください。

先日読んだ育児に関しての記事で、すごく腹落ちしたのが

タイトルの

【男子ははなんでも実験して育つ】


なのですが。


なんでも登りたい、ジャンプしたい、触りたい。

女子と比べて、幾ら言ってもやめない男子チーン



そもそも女子とは育ち方が違うのでそのような行動をとるそう。



しかも、そういう行動を厳しくして制限しすぎると、積極性も失われてしまうそうで。


(息子はまだやってないですが)鼻の穴にピーナッツをいれてとれなくなってしまうのも、全ては男子達の実験なのです真顔真顔


この「男子はなんでも実験して成長する」事は意外と知られてないなと思って、こういうことが常識になると、もう少しおおらかな子育てができるのかなと思ったりデレデレ


(迷惑のかかる行為や危険な行為はだめですが)
世間の目を気にして注意することって特に男子は沢山あると思うんですよねアセアセ


日本の子どもの自己肯定感の低さは世界的にみて顕著ですが、こういうことの積み重ねなんじゃないかなと思ったり。


心理に関する教育を義務教育内でしてくれたら、育児だったりストレスの対処法だったり、生きづらさを減らしたり、不要なストレスで潰れるのを防げたり、良い親子関係が作れたりするんじゃないかな。。


今は多分、大学で履修しない限り発達や心理学に関することはやらないですよね?(私自身が中学から私学のため、知らないだけでしたらすみませんアセアセ


生きるためにすごく大切で全員に関係があって、実学なんじゃないかな?と最近特に思います。


コーチングなども、親にも、職場での後輩指導にも、部活の先輩にも、みんなに色々なステージで役に立つと思うし…


中学あたりでやればいいのになぁ。


子どもがいても、女の子だけを育てていたら、この男子の(愛すべき)アホさ加減はなかなか理解できないと思いますし笑い泣き


息子が産まれる前は、かわいいお洋服を選びたいなぁとか将来一緒に買い物したりしたいなぁと、女の子いいなぁと思っていましたが照れ


実際男の子の親になってみて、自分とは絶対的に違う生き物!の男の子を育てる経験は、すごくチャレンジフルで、人生を彩り豊かにしてくれていますニコニコ(男の子かわいいですしねウインク

雲の下にもぐってみるよ!
今週末バスハイクでいった水の科学館にて。