【誕生花】10月16日 紫苑(シオン)の花言葉 | オリジナルなプレゼントがつくれる山本彩代のフラワーアレンジメント教室

オリジナルなプレゼントがつくれる山本彩代のフラワーアレンジメント教室

プレゼントする人される人のイメージで、花材を選んでオリジナルプレゼントを作ります。あなたの想いをお花に託そう!仕上げに、イギリスのエッセンスで、グレードアップ自信をもって贈れます! お問い合わせ先℡090-1670-5375 山本 彩代

 

 

こんにちは。 オリジナルプレゼントをつくるフラワーアレンジメント教室の山本彩代です。 あなたの大切な気持ちを、お花に託します。 10月16日の誕生花は 紫苑(シオン)
 
花言葉「追憶」、「追想」、「遠方にある人を思う」 など
 
 

 科名・属名:キク科 シオン(アスター)属
 

別名:鬼の醜草(オニノシコグサ)、十五夜草(ジュウゴヤソウ)


和名:紫苑(シオン)


 英名:Tatarian aster, Aster tataricus


原産地: 

日本、朝鮮半島、中国、シベリア

 


 

秋に、薄紫色で花径約3cmの一重の花を咲かせる。
その草丈は180cmほどまで成長し、主に観賞用としてよく栽培されている。
根や根茎には、咳止め・痰の除去・利尿作用があり、漢方、生薬として、輸入されている。

 

 
開花時期:  9月~10月 

花色:白 、薄紫色 

 

紫苑は花弁が放射状に伸びていることから、ギリシア語の『aster(星)』に由来、学名を『Aster(アスター)』と言う。

 

別名:「鬼の醜草(オニノシコグサ)」 「十五夜草(ジュウゴヤソウ)」 などと よばれている。

 


平安時代は物語の題材に用いられるなど、非常に多くの方に好まれる花だった。

今は、絶滅危惧種となっており、流通量は非常に少ない。
 
 

紫苑の花言葉は、“今昔物語集”という平安時代の説話集の中の物語から。

母親を亡くしたある兄弟の物語より
兄弟は、母を亡くし毎日墓参りをしていましたが、兄は、仕事が忙しくなり、いつごろか、『忘れ草』と呼ばれている『萱草(かんぞう)』を供えて、墓参りの足が遠のいた。
弟は、母への思いを忘れないために、雨の日でも欠かさないで紫苑の花を持って墓参りに行った。
墓守の鬼は、そんな弟の様子に感心し、弟に予知能力を授け、弟は幸せに暮らしていきました。
そんな物語に由来して、「追憶」、「追想」、「遠方にある人を思う」 などの花言葉が付けられた。





 誕生花 10月15日

 

 
今日も ご機嫌な1日でありますように♡

10月の誕生花は、こちらへ どうぞ~ 
 
 
 

 にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

    

■クリスマスリースレッスン■
クリスマスリース 

フレッシュモミの木の香りに癒される優雅な時間

お気に入りのクリスマスリボン&オーナメントを選んで、

どんどん選んで、選び抜いて自分を応援する美的空間を演出する。

 自分のお気に入りは、自分で作るが一番~



   ただ今、クリスマスリースレッスン 募集中。こちらから、お申込みいただけます。

 本物のモミの木って、どんなアロマオイルにも、かなわないんです。

 

  
お気に入りのクリスマスリースをつくる


 

こちらから、クリスマスレッスン ご予約 いただけます クリック ➡ ➡ ➡ ☆彡



とっても、お得な情報は、LINEから 配信しております。 LINE@友達追加ボタン

  友だち追加

ご訪問ありがとうございました。 オリジナルプレゼントのフラワーアレンジメント教室の山本彩代でした。
 

英国式オリジナルフラワーアレンジメント教室
【営業時間】 10時~18時
 【レッスン日】金曜日・土曜日 10時~/14時~/19時~
 【定休日】水曜日

 ◆メニュー アクセスお問い合わせ090-1670-5375