黒沢ビル 4

 

黒沢ビルの屋上には、小さな温室のような建物があります。

これは、小川眼科に入院施設があった頃、入院患者の子供たちなどに

日光浴をしてもらうためのお部屋だったのだそうです。

 

 

屋上で、風雪にさらされる環境で、躯体がすっかり傷んでいたため、

撤去も考えたそうなのですが、文化財に指定されているので、

勝手な撤去もできず、補強をしたんだそう。建物の保存は大変ですね。

 

 

今は入院患者さんもいらっしゃらないので、どうも物干しスペースとして

活用されている様子でした(笑)。

 

 

階段室の最上階は、窓が多く、とても明るいつくり。

それ程明るい照明が無かった時代の建物は、採光がとてもよく考えられている

ものが多いです。

 

 

オーナーのお母様が、華道の先生をされていたそうで、花器が沢山置かれていました。

 

階段の途中にコロンと置かれていたのは、昔、ビルについていた飾り。

口から水がでるようになってたそうです。

 

 

2階の廊下。

 

 

2階の手洗い場のタイルはピンクが使われていました。

色々な古い建物を見学してきましたが、こんな風に丸鏡が2つ並んでついている

ものは珍しいので、こちらもパチリ。

 

ビルの完成前に、小川三知氏が亡くなってしまったからなのか、2階から上の

フロアには、ステンドグラスはありませんでしたが、建物としても、とても魅力ある

建物でしたので、機会があったら、月に1回の見学会へ申し込んで、足を運んで

みてください。

 

登録有形文化財 黒沢ビル

 

◆◆◆参考◆◆◆

<小川三知のステンドグラスがのこる建物>
●黒沢ビル(湯島)

鳩山会館(文京区音羽)
小笠原伯爵邸(新宿)

日本キリスト教会安藤記念教会(麻布)
日本キリスト教団安中教会(群馬県安中市)

山崎別邸(川越)

柊家旅館(京都)

宮越正治邸(青森)

<小川三知工房の作品>
国立科学博物館(デザインは伊東忠太氏)

<元々小川三知のステンドグラスがあった建物>

慶応義塾大学図書館(三知氏の帰国第1作。S20年5月の空襲で破壊され、その後復元)
参考:「日本のステンドグラス その歴史と魅力」より