黒沢ビル 2

 

黒沢ビルの続きです。

ビル一階の一番手前に小さな応接室があります。

 

 

入り口のステンドグラスです。

言ってみれば、三知氏の遺作となったはずですので、もっと細かく花弁などを入れる

こともできたところを、このフワリとしたお花の表現をされたんだな~と拝見しました。

 

 

1枚目の奥に写っていたのが、椿のステンドグラス。

もう、ステンドグラスというより、掛け軸の代わりのような雰囲気を感じました。

 

 

下足番のいた空間との間のステンドグラスです。

この窓の形は、ビルの外観の窓と同じですね。

 

その奥には、和風なステンドグラスが入っています。

 

 

ちょっと、ステンドグラスというより、書院障子と書院欄間みたいだなと思いました。

 

 

水の流れと小鳥がデザインされていました。

このステンドグラスは、外に面している訳ではなく、地下室から上がってきた空間に

面していました。

 

 

この部屋の照明も凝っています。

 

6面全部違う柄が入ってるというのに驚かされます。

さらに、下の面のスリガラスにも・・・

 

 

見えにくいですが、裸婦の模様が入っているのです。
こちらは、直接、訪ねて、ご自身の目でご覧ください。

 

 

続きます。