今年は風が強い日が多く、

 

氏神様を祀る祠が何回か風に飛ばされ壊れてきました。

 

そこでちょうど根張り付きの太い丸太があったので、

 

これで祠を自分たちの手でと仕事の合間に作っています。

 

 

 

最初に上下を揃えて先ずは大きくカットを始めます。

 

 

最初は屋根の部分からカットしていきます。

 

まっすぐ切っているように見えますが、

 

祠の屋根は曲線ですから、曲線に切っていきます。

 

 

屋根の曲線を強調したいので

 

祠の曲線をどうやって出そうかと考えた末に、

 

曲線を重ね合わせるようにしてみました。

 

 

今度は氏神様を祀る祭壇づくりです。

 

くりぬけば簡単ですが、チェーンソーで穴を掘っていきます。

 

 

氏神様の背が祭壇の高さより高いので、

 

チェーンソーでその分を上に掘っていきます。

 

細かい作業なのでキックバックに気をつけます。

 

 

ちょっと窮屈そうですが、しっかりと祭壇に入ることができました。

 

氏神様、丸太の中の居心地はどうでしょうか?

 

 

重厚感たっぷりの祠になりました。

 

 

ちょっと屋根に違和感があるかもしれませんが、

 

最初は曲線を組み合わせた屋根だけの予定でしたが、

 

壊れた祠の一部分を使いたかったのと、

 

棟を使えば一目で祠とわかるので取り付けました。

 

 

後ろかたに大きな根張りがあるので、

 

どんな風が来ても後ろに倒れることがありません。

 

本日はここまで。

 

次回は祠の扉をつけて、

 

屋根を塗り替えて、

 

神主さんにお祓いをしてもらいます。