富士市・富士宮市を中心に、静岡県東部で自然素材宅を予算内で叶える、「ウッドボックス富士」スタッフMichiです。

 

つい先ほど、東海地方の梅雨明けが発表されました!

 

発表前からみんな感じていました。「もう梅雨明けたんじゃ?」と。。。たぶん昨日あたり。

 

夏は嫌いじゃないですが、子どもの頃に比べて暑さがヒリヒリっていうか、ちょっと違いませんか。暑いというか熱い。

みなさん体調にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

 

ちょっと涼し気なイエの画像でも。

 

どのシリーズでも、風の通りのよい窓の配置になっているので、気持ちがいいのがウッドボックスのいいところです。

 

注文住宅をつくるときにも注意するのが、窓の位置です。

1部屋(空間)に1つだけだと通り抜けしないので、いまいちです。

 

窓も大きければいいわけではなく、大きさよりも、違う方向に複数ある方が通気がいいです。

 

 

 

居室であれば、こんなふうに、できるだけ2方向に窓があるとよいですね。(大きさに関係なく)

 

さらに無垢フロアと漆喰なので、最高だろうなと。

 

この間OB施主さんが「リビングのエアコンつけておけば居室まで涼しい」と言っていました。

ドアを開けていれば、バンガロー(平屋)はエアコン1つでいけるらしい。

 

 

 

 

 

【WOOD BOXシリーズ】※本体税込表示になりました。

●BUNGALOW  2LDK 990万円
●STANDARD   3LDK  1,020万円

●Vertical       3LDK 1,210万円

●match         3LDK1,230万円

●LUANA       3LDK 1,740万円(roof balcony7.5坪),           

.

【共通標準仕様】

全室漆喰の塗り壁、無垢フローリング(LDK限定のシリーズあり)、全室LED照明、タンクレストイレ、システムキッチン、全面鏡面バスルーム、玄関収納etc…