こんにちは。
富士市・富士宮市自で然素材の新築住宅をローコストに叶える、
「ウッドボックス富士」スタッフMichiです。

 

ウッドボックスの屋根は、外壁と同じくガルバリウム鋼板です。

 

当社で施工している注文住宅の屋根にも過半数が「ガルバリウム」を使っています。

最終的にはお客様に素材や色を選んでいただくので、ガルバでなければいけない、ってことではないです。

 

 

色はさまざま。

正直、あんまり見えない部分の屋根ではありますが、

やはりお客様はそこもきちんと選んでくれます。

 

自分ならグレーかなー。

意外とポイントとして明るい色を使うのもアリかもですねぇ。

 

施工例)モスグリーン

 

施工例)ダークブラウン

 

ガルバリウムの屋根、主なポイント

「軽量なので耐震性に優れる」
「構造上、金属板同士を咬み合わせて施工するので風災に強い」
「既存の屋根材の上から葺く、カバー工法が可能であり、費用が抑えられる」
「部屋の天井が高く取れる」

 

デメリットとしては、耐熱性が低いと言われますよね。

金属ですがから確かに。。。

しかし、そこはメーカーさんが遮熱塗装をして性能を上げています。

 

そんな我が家は普通に瓦なんですけども、、、

台風の時2枚ぐらい落ちちゃったことがあります笑。

 

 

☆当社あれこれ専用HP

●WOOD BOXで自然素材の家をローコストに実現

●m'decasa(エムデカーサ)のデザイナース注文住宅で理想の暮らし ★リニューアルしました!

●10taku+から「WRAPS HOME」ストーリーのある規格のイエ  ★NEW!!

●生活にちょっと+するコンテナ・小屋など 10taku+