2018-01-06

立木性バラの植え込みと移植。 計画その3

テーマ:アトリエ バラの庭づくり

バラの庭 ウッドチップス

 

 

植栽スペースが広がると、作業スペースが狭まる仕組みのアトリエガーデン。

 

エクステリア作業を優先してきたバランスも、いまでは ずい分 バラの庭。

 

 

バラの花壇

 

 

立木性バラの植え込みが多い倉庫前。 仮設の花壇は春るまでに整えるとして

 

移植を要さず植え込める、苗の植え付けを先行。

 

木材を塗装する時の台? バラをまたげば行けるでしょう。

 

 

バラ モグラ

 

 

あちらこちらにモグラの穴が・・。 なにかを流し込みたい気分、セメント的な何か。

 

 

バラの庭 ウッドチップス

 

 

フェンスへ誘引するバラは数本変更、花壇の立木性バラは、おおむね入れ替え。

 

この辺りは昨年のお試し空間、株の定着率が浅いので移植もスームーズ。

 

 

バラの植え替え

 

 

ボリューム的に1本加えるか、成長を待ってみて検討するか・・ と悩んだ個所は

 

全て加える方向に。 ここまで来ると 悩んでいる方が疲れてしまう。(麻痺的な)

 

これで 倉庫前バラの入れ替えがコンプリート。

 

続いては、総入れ替え並みに植え替えの多い ヒルズガーデンへ。

 

 

バラの植え込み 穴

 

 

倉庫奥の日陰から、工房前の一等地へ つるバラを移植。

 

通路の狭さより、抑えきれるのかというところで クレマチスを植えていましたが

 

枝の扱いスキル向上に伴いスペースを開放。 工房前の主力のバラに。

 

 

バラの苗

 

 

ヒルズガーデンの2.3本を抜くまでが厳しいところ。 テトリスみたい。

chopotaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります