市販レベルを超えてる、市販のお菓子⑥ ~永遠の二流~ | 世界★ショ→ネン♂CLUB☆Ver.3.0

世界★ショ→ネン♂CLUB☆Ver.3.0

☆イケテルモノトカ☆


テーマ:

 

 

どーも。

昨日また買ったから写真を差し替えたw

 

めったに見かけなかったけど、

昨日ひょんな店で見つけた

季節外れの商品を大量に仕入れて、安く販売する『激安』ショップで発見w

 

食べたかった!このお菓子

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 
ミルク味は文字通り『しっとり』して美味い、本当にまいうー

チョコチップもまあまあ

 

他に期間限定で、

「いちご味」「抹茶味」「スイートポテト味」もあって、

なぜか3種類ともパサパサして真骨頂の『しっとり感』がなく、

美味いとまでは言えない出来だった

 

特に「スイートポテト味」は『しっとり感』が出せれば美味くなりそうなので、

また来シーズンの秋に期待している

 

ブルボンには何も期待してなかっただけに、

しっとりソフトクッキーは「B級?スイーツマニア」のおれにとっては『かいしんのいちげき』を浴びた格好となった

 

初見のブルボン菓子があれば

1度は買ってみるけど、

結局習慣的には、「しっとりソフトクッキー」しかブルボン菓子は買い続けていない

 

大学を卒業して10年以上お世話になった、不動産業界出身のおれには、「『住友(不動産)』みたいなメーカーだな・・・」、と思ったのがブルボン

 

会社の歴史もあり、

味はそこそこで悪くないんだけど、

コレといった「HIT菓子」がない

 

他社の売れ筋商品のパクりも平気でやるw

堂々とパクってるw

 

グリコなんかもたまーにパクるけど、分かりにくいように上手くパクってるのにw

 

グリコなんかは上手いこと

「許せる範囲」で収まってるんだけど、ブルボンのは『大丈夫かよwコレ!?』ってレベル

 

『大丈夫かよwコレ!?』その①:

ラムレーズンパイ(ブルボン)

2015.5.19発売

 

まぎれもなく、

あの「源氏パイ」(←リンク)

で有名な三立製菓の「平家パイ」を大胆にもパクっている

平家パイ(三立製菓)

2012.2発売

 

このラムレーズンパイはモロ姿かたちまんまで、

オーケーストア(←リンク)

で見たときは『ヤベえな、コレ・・』と思ったな

モロパク(;'∀')

 

まあ、程度によりけりパクリはどこの業界でもある事なのかもしれないけどね

 

パチスロ実機だって面白い台は必ずパクられるしw

部分的なパクリの連続で歴史がつくられてきた

 

まあ「サービス」とかの『目に見えない商品』のパクリはそうでもないけど、

『目に見える商品』のパクリはどうしてもエグく感じてしまうね

『大丈夫かよwコレ!?』その②:

ガトーレーズン(ブルボン)

1998.3発売

 

これも誰でも知ってる北海道の銘菓、六花亭の「マルセイバターサンド」をパクっている

マルセイバターサンド(六花亭)

1977.5発売

 

①の方はモロパクだったけど、

こっちの方は材料をちょこっと変えてる

 

それと調べてみると、

六花亭(ろっかてい)も代官山の「小川軒」のレイズンウィッチをパクってるんだな

ただコチラの方は<クリーム→主力のホワイトチョコを加えたレーズンバター>、

<クッキー→ビスケット>と変化をつけてるあたり、

「余地」があったから自社の材料でより『進化』させたって感じがする

 

六花亭の名前と、

マルセイバターサンドの方が有名になったし

 

ブルボンに関しては、

こんな感じでパクッて、

お菓子の味はソコソコ、

一応名声はあるんだけど、

決して光るモノ(お菓子)はない

 

一流にはなれない『永遠の二流』

のメーカーだな、と思ってた

 

おれがいた不動産業界(マンション)で言えば、

『住友』のポジション

 

先に言っておくと、

1流:三菱

1.5流:三井

2流:住友

だな

 

三菱不動産は名前に恥じない良質なマンションを作っている。

営業の仕方もソフト。

決して三菱の名前を汚すような営業はしない

 

三菱の博物館である、

三菱みなとみらい技術館(←リンク)

を見てみれば分かるけど、

宇宙開発、航空、海洋、エネルギー、その他の分野で、地球のために『使命感』を持って企業活動をしているグループだ

 

住友には博物館はなく、

これまでの歴史をつづった史料館がある

そんなもの誰も興味を持たないし、

金をおとす価値も見い出せない

財閥としての『体裁』でちょこんと作った印象

 

三井は三菱にくらべて、

商品もそれ以外も若干劣るかなって感じ

でもスマートさを保ってる

 

三井記念美術館(←リンク)なんかそう、品があって見せ方が上手い

アートへの『愛』も感じる

三菱にも三菱一号美術館があるけど、『毛色』の違いか少し堅苦しい雰囲気がある

 

住友もミュージアムが地方にあるけど、観光客の小銭を狙った感じでコスいんだよなw

アートへの『愛』は感じない

 

そして最後に、住友は『住友』の名を利用して金を稼ぐ感じ

正直、商品のクォリティは立ち上げたばかりの新興の無名の会社と変わらないレベルのモノも多い

 

自社マンションのネーミングも「~シティコート」とか「シティ」シリーズで、

『こだわり』がないんだよなw

『住友の名前で売れるだろ!』って考えで、とってつけた印象がある

 

売れなかった他社のマンションを買い叩いて利益をのせて、

『住友』の名でクォリティがイマイチなものを売りさばいたりする

 

「インスタントラーメンからミサイルまで」という商社の何でも屋精神が余計なトコロにまで浸透しているんだな

『何でも買いまっせ、売りまっせ、儲けまっせ』っていうね

 

三菱、三井については、質のイマイチな無名の会社のマンションを買い叩くのを

今まで見たことがないんだよね

 

住友の販売現場で仕事してた人も言ってたけど、

三菱、三井みたいな良い雰囲気はなかったらしい

「『ホワイト』のフリをした『グレー』企業」だって言ってた('ω')

 

だからおれは『住友』とは関わらずに、金をおとさないようにしている

 

銀行は一緒になっちゃったけど、

不動産は三井と一緒になってもらいたくないねw

 

住友には散々なように思える内容だが、長年にわたって不動産業界にいたおれが見て聞いて感じた上での率直な意見だ

 

国は景気を良くするために「景気対策」を施すけど、

所得税を還付したり毎回住宅が目玉になる

 

マンション1部屋には、

床暖房、空気清浄機、浄水器などの設備から、電気関係、ガス関係、フローリング、コンクリートの建材・材料まで300品目以上がある

それだけのものがあって1部屋ができあがっている

中規模で100戸、大規模だと300戸くらいの部屋があるので、

ものすごい量になる

 

そして住宅が売れると、

その300品目以上に関わる、

たくさんの会社が潤うことになる

 

衣・食・住に関わる生活必需品である上に金額がデカい

 

景気対策で住宅関係の事をすすめるのはそういうコト

 

ちなみに不動産の営業は一見金額が大きくて大変だと思われがちだけど、実はそんな事ない

『衣・食・住に関わる生活必需品』

で皆が必要性を感じていて、

かつ欲しいと思うものだから、

真面目に仕事してれば普通に売れるようになる

 

宝石や毛皮とかの営業の方が売るのは大変だと思う

ぶっちゃけ持たなくても良いから、

お客さんの『その日の』気分が萎えたら話はすぐになかったことになる。『水もの』なんだよな

 

1部屋4000万×100戸→40億円

1部屋3000万×300戸→90億円

中規模でも50億円、

大規模プロジェクトでは100億円規模

 

こういう金額がデカい業種こそ、

その企業の『本質』があらわれる

 

銭ゲバのように稼ぎたいのか、

良い商品を生み出して対価として稼ぎたいのか

 

不動産(マンション)に関しては、

最後に簡単にアドバイス

 

三菱か三井のマンションを買えればベストなんだけど、そうでない場合

 

①柱が部屋側にデコボコ出てない事(部屋の外に出ている事):

住友のは部屋内に出てるのが多い

家具を置きにくく使い勝手が悪い

 

②標準設備が豊富:

大規模マンションの方が豊富

例えば浴室乾燥機を50個仕入れるより、300個仕入れる方が高い値引き率で安く仕入れられて、

色んな設備をつけられる

 

③会社が倒産しなそうな事:

株価や四季報などを見る

 

④営業マン(会社)が(説明や質問などに)嘘をつかない事

 

非上場でも「リクルートコスモス」のように、いいマンションをつくってる企業は少ないながら確かにある

 

それは色んな会社のモデルルームをまわって、営業に話を聞いて、

自分の目で確かめるしかない

 

おれが買ったマンションもリクルートコスモスのマンションだったんだけど、自分の会社のマンションではない「他社物件」だった

 

今でこそ寛容になったけど、当時は不動産会社の社員が他社の住宅を買うことはご法度だった。

車業界は今でも自社の車を買わないといけない雰囲気みたい

 

実際上川隆也をソフトにした外見で、営業の仕事もできて、

常務に気に入られた、

出世が半ば約束された「幹部候補生」の先輩がいたんだけど、

結婚式の席でまわりの人たちの会話から、他社のマンションを買ったことがその常務にバレたんだよ

 

その先輩は翌月に管理会社の閑職にとばされて、あっさり見捨てられたよ

常務からかなり可愛がられてたんだけどね

あっけなくとばされた

 

だからおれもバレないように必死だった

 

休みは月に2,3回だから、

マンションの手続きで外出するのも苦労した

 

そしてようやく鍵の引き渡しの日、

土曜日だったかな

その日は10時~21時まで湘南台のモデルルーム勤務で、

引き渡し会が15時に横浜

 

でもどうにかして行くしかない

その日は後輩と2人でモデルルームをまわしてて、最初のお客が後輩、

次に来たお客がおれの担当だった

 

おれはいつものごとく1日中飛び込み営業でマンションの小学校区域をまわってるという報告をした

 

もう腹をくくって14時に相鉄線で横浜へ向かった

相鉄線で1本というのもツイてた

 

無事にマンションの鍵や設備類の説明書、登記やローンの書類を受け取り、

16時には横浜から相鉄線で湘南台のモデルルームに向かった

 

幸いにも会社やモデルルームからの電話はなかった

 

17時前に再び湘南台のモデルルームに戻った時には、

1組目のお客が来場して、

ちょうど来場アンケートを書いてるトコロだった

 

後輩から

「係長お疲れ様です、あのお客さんが1組目です、今電話しようと思ってたんですよ!飛び込みは見込み客出ましたか?

と言われた

 

おれは「うーん、もうちょっと突っ込んでみたいお客さんは1軒いたけど、見込みとまでは言えないかなー」

とハッタリをカマした

 

その時のおれはその日藤沢市内で一番嘘くさい顔をしてたかもしれない、その日の藤沢市内の一番の大嘘つきだったw

 

30分くらいしてから、

母と娘の親子が見学に来た

おれの順番だったので案内したが、

春から娘が慶応大学の湘南藤沢キャンパスに通うので、

娘用にマンションを検討してる、

とのコトだった

 

娘は眼鏡をかけていたが、

よく見ると新垣結衣に似た可愛い女の子だった

なるほどセキュリティが安心な分譲マンションを検討する訳だ

おまけに全額現金購入

その親子はサラっと見学して帰った

 

うまくいった1日だった

 

その日は鍵の引き渡しの為だけに来たおれだったが、

神サマがいるとして、

おれがうまくいくシナリオを作ってくれてるようなタイミングの1日だったw

 

腹をくくって身を投げ出す思いで行動を起こせば、意外になんとかなるモノなんだな

 

↓クリックで拡大↓

【【普段の買いものでポイントGET!! モッピー入口】】←クリック

 

話をブルボンに戻すけど、

これまで光るモノのなかったブルボン菓子の中で、「しっとりソフトクッキー」は『金星』だと思った

 

ひさびさに見つけた時に5袋も買ってしまったw

やはりコレだけはブルボンの中で『市販レベル』を超えている

美味い

 

ぜひ皆も一度食べてみてくれ

 

んじゃね。

 

小説(←リンク)の連載はじめました

 

 

ガチ貯金箱w毎月増えてる

★↑ ↑バナーから無料登録↑ ↑★ 

zero@NO.1営業マン★社畜☆相互読者歓迎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス