塩のお話し❗️

テーマ:
ぱふぇごはんプチ情報! 
「手作り食のポイント」
 
・穀物と肉と野菜の配合は、年齢・運動量により若干異なります。
野菜は必要ですが与え過ぎに注意です。
 
・オイルは動物性と植物性の他にお魚の脂などをバランスよく与える事が理想です。
オリーブ油より落花生油や酸化に強い胡麻油の方がバランス良いと思います。
 
・塩分は一般的に避けられていますが、私たち生きている動物にはとても大切な栄養素です。
塩分が不足すると
食欲減退・筋肉の萎縮・嘔吐・体重の減少・精神不安定や結石・アレルギーなど
いろいろな内臓疾患も引き起こします。

質の良い塩分 
重要!「ミネラルを豊富に含むもの」を与えてましょう!
尿が濃く、強く臭うのは塩分不足です常にチェックをしてください。
 
・ぱふぇごはんの方には、小笠原の自然塩を入れています。
問題のない子には、
少々足りないと思いますのでご自分の判断で調整してください。
おじやには、塩は入っていません。
 
・果物は生物に含まれる酵素が補えます。季節のものをおすすめ。
※但し与え過ぎにご注意。
 
・日本の場合は、四季があります。
その四季の旬の食材を摂り入れることはとても有効的です。
 
・手作り食1年未満の子は、同じメニューを3・4日続けると嘔吐や下痢などが抑えられます。
(ドッグフードで軟弱化した胃腸を戻すには、フード食期間や年齢などによって異なります)