Q,皮膚病で悩んでいます。
A,皮膚病には様々なものがあります。
ビッグウッドの食事をスタートしてまだ3ヶ月未満の場合は、体内の有害な物質を排泄する浄化作用がはじまったばかりと考えられます。悪い物を外に全て出し切ってしまうまで、あせらず気長に考えてあげてください。食事での体質改善は、即効性のあるお薬などと違い、かなりの時間がかかります。最低でも3ヶ月、長い目でみて取り組みましょう。
フードを切り替えて、フケのようなものが出てきたり、痒みなどが出た場合は、『愛犬活力源』を飲ませるだけではなく、
浄水で10倍ほどに薄め、ガーゼなどで拭いてあげると、身体の外側からの相乗効果が期待できます。
軽い湿疹などには原液を直接塗っていただいてもかまいません。また、老齢になって新陳代謝が悪くなることによって
起こる皮膚病には、活性酸素の発生を抑える『エッセンシャルアクティベーション』やミネラル分の不足を補う『ケルプ』『元気な酵素』が活用できると思います。これらの他にも、脂漏性湿疹、ダニアレルギー、建材や布によるアレルギー、シャンプー剤によるもの・・・などさまざまです。これらのアレルギー症状を起こす原因としては、体内に蓄積された薬物などの化学物質が主な原因として考えられます。ほとんどが食物に添加されていた化学物質による影響、または母犬の
胎内にいたときの羊水の化学物質汚染が原因として考えられています。
これらの有害な物質の影響により、身体が様々な事柄に対して過敏な反応を引き起こすのです。これをアレルギー反応と呼ぶわけです。このような場合には、その蓄積された化学物質をできるだけ早く体の外に排泄してしまうことが必要です。
そうすれば、過敏な反応は治まり、身体の防衛機能も正常に働きはじめるのです。この悪い物を体外に吐き出す浄化作用を活発に行わせるためには、ミネラルバランスの整った自然な食事を摂ることが何よりも重要なポイントです。
『華』や『スパミール』に『愛犬活力源』、『ケルプ』、『元気な酵素』を組み合わせた基本の食事を摂りつづけることで、体内の細胞の活性化が促され、浄化作用も活発に行われます。一時期、皮膚炎の症状が酷くなったり、目ヤニや耳垢が増えたりの兆候が現れますが、浄化作用の一貫として受け止め、身体が悪い物を全て出し切ってしまうまで、腰を据えて取り組んでください。
AD