4 Way Street は奇跡か?! | WONDERFUL ROCK
2010-10-28

4 Way Street は奇跡か?!

テーマ:Rock
text by kazgadd

4 Way Street4 Way Street
Crosby Stills Nash & Young

Atlantic / Wea 1995-03-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは、本当に「奇跡の1枚」と言ってよいアルバムだろう。

なにをいまさら!? と仰るかもしれないが、あの晩の4人は、どうしてあんなに上手くハモれたのか? あれは、ほとんど「奇跡」といってよい出来事だったのではないか? そう思えてならないのである(笑)。

その証拠に、YouTubeにアップされているCSN(&Y)のライブ映像を片っ端から見てみたが、どれも「文化祭レベル」の代物で、あの胸のすくようなハーモニーには、ついぞお目にかかったことがない。

試しに、このライブをご覧いただきたい。1974年のロンドン、ウェンブリー・スタジアムの公演である。





'74年といえば、彼らもまだ「絶頂期」であったはず。おまけに、ティム・ドラモンドとラス・カンケルといった職人のサポートを得ているにもかかわらず、この体たらくである(笑)。

特にひどいのがナッシュとスティルス御大。ナッシュは高音を外しまくり、スティルスは荒れた声で歌にならない。クロスビーは、なんとか及第点をあげられる。自分の仕事はいつもきっちりこなすタイプのようだ(笑)。ヤングも・・・まぁ、いいだろう。彼はいちばん右にいることに意味があるのだから。

どなたか、《4 WAY STREET》レベルにある彼らの映像を発見されたら、ぜひお教え願いたい。






さて、ところで、この素人さん?(Trilogyというバンドらしい)の映像。なかなかのモノである。〈Carry On〉は "One morning, I woke up" の出だしでほとんど決まりの曲である。あのフワッとした感じが実によく出ていて、十分に合格点があげられる出来だ。しかも、4人でやり遂げているところに「あっぱれ!」をやりたい気分。(陰の声「あっぱれぇ!」)


Kaorak & kazgaddさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス